外つ歌:嵐の後で

 名前すら書かれない男が去った後、呆然とし、続いて喚きだしたのがバロです。彼は腹心のバルクが面倒くさそうに耳栓を付けるのに気づかずに、喚いて騒いで地団駄を踏みました。 --なんだったのだ……なんだったのだ! あれは一体……  さらに面倒くさそうにバルクは耳栓を外して口を開きました。 --リューンの姿がありませんでした。あれはおそら…

続きを読むread more