電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドレスSystem4 コンボルール

<<   作成日時 : 2017/10/20 21:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

〇コンボ効果について
 ある物事があってそれを解決するとき、別方向からのアプローチや支援によって簡単に解決すことがあります。これをコンボといいます。アイドレスSystem4では主たる大部品に大部品として付属させることで効果が発生します。

コンボにはいくつかの決まりがあります。
1.同じ種別のものを出してもコンボにはならない。
2.コンボの最低値は1.最大は5(6もないわけではない)
3.コンボは最大5種類かかる
4.コンボする支援大部品が、コンボ対象(主力)の評価―4以内で”コンボする支援大部品がの評価が6以上の時”、+5評価される。以降評価差が大きくなるごとに―1する。最低は1。”コンボする支援大部品が6以上の時”の条件を満たさないコンボ(すなわち支援が評価5以下の時)は+1修正どまりになる。
5.シフト最大は対象(主力)の評価と同じ値まで。

例:歩兵大隊200人 評価一人頭9 評価22の部隊に同じ規模の歩兵部隊をつけてもシフトは起きません。砲兵、工兵などならシフトがかかります。
砲兵部隊19評価の場合、かかるシフトは22−4=18を超えているのでで+5です。偵察部隊評価12ならば、かかるシフトは1になります。工兵部隊評価16ならどうでしょう22−4で18より2低いのでシフトは3どまりになります。

言うまでもなくシフトの最大は理論上+25です。状況によってはシフトが外れるときもある(例えば砲撃できなくなったら砲撃シフトは外れる)ので注意が必要です。うまく使っていきましょう。 以上。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アイドレスSystem4 コンボルール 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる