テンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS WebAdaptation iDress System3 一般判定処理システム

<<   作成日時 : 2013/12/31 21:57   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

WebAdaptation iDress System3 一般判定処理システム

・ゲームの目的
 イベントに設定された目的E*に指定された必要勝利数を得ることをもって勝利とする。

・E* の書式
名前
タグ
E*の戦力
必要勝利数
フレーバーテキスト
特別ルール
大勝利時の効果
勝利時の効果
引き分け時の効果
敗北時の効果
惨敗時の効果
ブランチ

・ブランチ
 ブランチとはE*内のE*である。
 ブランチが発生した場合、先に解決した後、M*に戻ること。

・特別ルール
 特別ルールとは、E*内のみで適用するルールを言う。
 特別な条件で戦力が変わるなどはここに記述される。

・シーンとその概念
 一つのE*は一つのシーンによって構成される。
 シーンは10000のランクからなる。
 シーンは1ランクごとに処理される。
 ランクが10000になるとシーンは終了する。
 ランクで行動するものがない場合、なにもないものとして処理する。 

 1ランクに行動できるのは一人である。複数が同じランクにある場合、戦力の低い順に並べ、ランクに+順番を与え新たなランクとする。
 さらに戦力も同じ場合、ダイスを1個振って出目の低い方を若い順番とする。
例:ランク3000 が3人いて、それぞれ戦力が51、58、60ならランク3001(51) 3002(58) 3003(60)とランクを与える。

・判定方式 1d6
 勝負を指示された場合、ただちに戦力比を出して1d6で判定する。E*の戦力とプレイヤーの戦力を比較するのだ。
出目 戦力比(X:1)
   6543210 
1  勝勝引引負負惨
2  大勝勝引負負惨
3  大勝勝引引負負
4  大大勝引引負負
5  大大勝勝引引負
6  大大大勝引引負

大=大勝利、惨=惨敗、負=敗北、引=引き分け、勝=勝利
判定後はE*に従って勝敗結果を反映する。

 E*によってはダイスの出目が決められているものがある。その場合は指示(特別ルール)に従うこと

・プレイヤーとその役割
 プレイヤーはキャラクターを作成し、行動を生成し、行動を行ってゲームの勝利を目指す。

・キャラクター
 キャラクターはコマンドリソースの集合である。

 コマンドリソースの書式
 ・名前、パワー、タグ


・ダメージ表現
ダメージは危険度に応じて配分される。
ダメージは受けたダメージよりも大きなパワーのコマンドリソースの停止で表現される。
ダメージを複数のコマンドリソースに分散、分割することはできない。
もし、停止する事が出来ない場合、そのキャラクターはゲームオーバーとなり、ゲームから除去される。
ダメージを受けるたびにRPしなければならない。

・行動
 行動はコマンドリソースから生成されるものである。

行動の書式
行動名:ランク:タグ:戦力:上昇危険度

・行動はコマンドリソース9までを合成して作る。
・ランクは使用したコマンドソースの合計数×1000である。最後に行動したランクにこれを加えた数が実際に行動するランクになる。
・同じタグのコマンドリソースのパワーを合計して戦力とする。
・異なるタグのコマンドリソースのパワーは合計できない。
・上昇危険度はパワー合計の10分の1(端数切り捨て)に等しい。行動するたびに累計して行くこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
WebAdaptation iDress System3 一般判定処理システム テンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる