電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説アイドレス1214(帝國施政方針演説)

<<   作成日時 : 2010/12/20 20:56   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 小説アイドレス 12月14日

 ターン17が、始まる。

帝國の施政方針演説が、ゆるやかに、幕をあげる。

/*/

 あー。マイク大丈夫?宰相。
大丈夫でございます。
傍らの老人にそう言われて、ぽち皇帝はにこっと笑った。
歯を見せずに笑っているのに、満面の笑顔に見えるのは、この女性の、特技である。

よし。

本人としては決意の面持ちで。一般にはかわいい娘が気張った顔で、壇上にあがっている。

息を吸い込み、設置されたマイクを握った。外した、持った。
宰相が額に手をあてて、あぁ。と、嘆息した。会場の音響設計を担当したのは、この老人である。

しかし、整列する百官は、違った。
それでこそ、ぽち王女、否、皇帝陛下と喜んだ。
中でも喜んだのは帝國奥さんは10歳以下クラブに名を連ねる、しらいし、そして伏見という両藩王であった。この二人は最前列で、表情だけで、ぐー。と、マーヴェラスという言葉を周囲に伝えている。共和国にはない、妙なノリである。

皇帝は、二人を見て面白いと思ったか、あるいは心強いと思ったか、微笑んだ。
微笑んだまま、目線をあげて声を出した。 ここより先は、原稿などはない。ここからは皇帝のやりたい放題である。
「帝國の貴族たち、藩塀たち。騎士たち。……民を守る、全部」

 帝國議会の中継される全ての国で、警官が、消防官が、華族が、騎士が、軍人が、席を立った。 彼女の言葉の響きには、それは自分の事だと思わせるような、そんな魔力があった。

自分は民を守っている。そう人に思わせる、言葉を持つ女。
それが、帝國を統べている。あるいはそれだからこそ、統べている。

お美しくなられた。列席する藩王の一人都築は、そう考えた。
ついでに、美人過ぎて結婚は大変だろうと、思った。何事も行き過ぎはだめだと思う、満天星の藩王である。

皇帝は語る。
「えー。まあ、前ターンきばっちゃったけど、宇宙の敵は攻めてこなかったよね。てへへ」

 帝国全土で、地すべりが起きたが。いや、それもまたよしと、しらいしと伏見は思った。
深く静かに感動している。

微笑むぽち。
「まあ、そういうこともあるよね。今の敵も、ある距離から近づいてこないみたい。おきたことといえば、帝國だけじゃないけど、頻発したテロぐらい。最近の敵は、なんかがっかりよね」

宰相が我慢できず苦笑すると、それで居並ぶ百官は、笑った。
笑うことは許可制ではないのだが、中々笑うタイミングが難しいのが、こういう席である。

ぽちはにこっと笑って数えるように歩きながら言葉を続けた。
「まあ、敵に何か期待するのもヘンだし、まっいっか。とは思うけど、私の民に手を出したのは、控えめに言ってサイアクの選択よね」

足を止めるぽち。
「私は権力者だから、死ねとか殺すとはいいません。言いたいけどね。でも法の裁きは誓って下します」

ぽちはカメラを見た。
すべての国のあらゆる街頭で、王城で、家庭で、ぽちの決意が、映し出された。
「このターンは、打って出ます。テロリストは、涼州、よんた、暁、土場をもてこれを討ちます。」

 足元で控える大きな犬のKBN(これでも藩王である)が、わんわんと言った。いいぞ、もっとやれくらいのわんわんである。

「宇宙の敵は、引き続き、宰相府とFVB、帝國軍 それと、満天、星鋼、ほねっこ、になしで向かいます」

 それぞれの藩王、華族が、恭しく頭を下げた。

「情報支援は越前が」
 越前藩王は力強くうなずいた。

「愛鳴之、詩歌、神聖は、編成の後、待機。この3国の軍は、戦略予備。いざとなったときの決戦兵力ね。ま、暁含めればレムーリアになにかあれば援軍にいけるし、戦闘でない場合でも、3国とも大活躍できるし。そういう意味でもしものときに、備えてね」

 それぞれの代表が、頭を下げた。詩歌、神聖は藩王が列席しているが、愛鳴之は僭主と呼ばれる花井だけが、出席している。

「まあ、もしものために、外交も考えないとね。もしも、だけど。でも、その可能性は、いつでも残しておこう」

「……戦争だけが、ニューワールドじゃない。そう、言い張るためだけに、部隊用意してもいいじゃない。外交官は宰相が選んで」

宰相はうなずいた。頭の中ではまあ、必要になったら個人騎士団でやろうと考えている。
宰相は、宇宙の敵が攻めてこないのは敵もまた編成しているせいだと考えていた。

 敵が迷っているのは真実にしても、まだ和平に踏み切るほど自信をなくしてもいないだろうという、読みである。もっともここまでは、皇帝も似たり寄ったりだろう。

皇帝は、片手をあげて、帝國を守ろうねと、やさしく言った。
百官は苦笑の後、真顔で礼をした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
小説アイドレス1214(帝國施政方針演説) 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる