リターントゥガンパレード 第20回 SIDE-A グッドラックガール

「どんなことをしても敵に回したくないものを思い浮かべなさい。何が浮かんだ?」

青が顔を赤らめて目をさ迷わせて、舞が見えましたと言うと、老人は優しく笑いました。

「ならばそれが、そなたの最強なのだ」

                     <リン・オーマに伝わる説話より その人の最強とは、本人にしかわからない>

/*/

リターントゥガンパレード 第20回 SIDE-A グッドラックガール

/*/

 それは、招かれざる。客だった。

「いよう」
一人の時はいつもそうであるように、何もかもあざ笑うような表情を浮かべて、瀬戸口は言った。

玄関先に出た、遠坂の表情が凍る。
憔悴した、良家の坊ちゃん。

言葉をなくして立ち尽くす遠坂に、瀬戸口は皮肉そうに笑ったまま、口を開いた。

「おいおい、そんな表情はないだろ? 親友にさ」

瀬戸口はそれがひどく面白い冗談であるかのように、微笑むと、おちつかなげに髪を掻き揚げる遠坂を、すみれ色の瞳で見つめた。

瞳の奥には家族と、自分の身のために仲間を売った男への蔑みと、哀れみと、そんなこと全部を、どうでもいいと思う、そんな気持ちが揺蕩っている。

何で俺は生きてるのかなあと、思い、次にはシオネの亡骸を抱きしめたことを思い出し、そして。

早く、壬生屋の所へ、じゃない。
自分の考える言葉を盛大に打ち消して、瀬戸口は思った。
早く速水の所へ帰ろう。
ここは、寒い。

黙っている遠坂を、おびえている遠坂を、馬鹿だなあ、後悔するくらいなら、死ねばいいのにと思い、瀬戸口は笑った。死ぬ自由があるのに使わないのは、本当に馬鹿だ。

そして、一枚の紙切れが入った封筒を手渡した。

「ほら、これでお前の安全は保障されるよ」

遠坂は、封筒を受け取って顔をあげた。はじめて夜明けを見たような、そんな顔。
「これは……?」

「推薦状さ。お前さんは学兵になる。徴兵のがれしてたんだろ? ま、刑務所ほどじゃないが軍は安心ってやつだ。よかったな」

 瀬戸口は壁に背を預けることをやめ、さっさと歩き出した。
やっぱりこいつは、生きているべきだと、そう思った。

こんな奴があの世にいるんじゃ、あの人がかわいそうだ。
そう考えたのだった。

/*/

 5日前。

場所は、公園である。
聖地巡礼のようないでたちで、青い髪をおさげにした少女が、寒さに震えながら水のみ場で米を研いでいる。
公園でテント生活しているこの青い髪の娘を、田辺真紀という。
その日は着るものがないので、シーツを巻きつけて服のようにしていた。

白い息を吐く。それが奇麗なので真紀は喜び、何度か宙に吐き出して嬉しそうに微笑んだ。

田辺真紀はスケールが小さい。ちょっとしたことを途方もなく大きく感じる性質である。
車が苦手で歩くのが好きな、そういう性質だった。車はお金がもったいないし、それに速いのは怖いから、と本人は恥じ入って言った。

白い息が消えていく様は青空に浮かぶ雲が端から消えていくようだ。それで、世界と自分が繋がっている気がして、真紀はこの一事をもって今日はいい日だと思った。彼女のこういう直感は絶対に外れない。
外れようがない。なぜなら彼女はそれを信じているからだった。
そして黒縁眼鏡を指で押して思う。がんばろうと。

今日は就職活動をがんばろう。運のいい日に事を急ぐ。完璧な計画だ。

そしてとりあえず、がんばって米を研ぐことにした。

 寒い中で米を研ぐのは大変だ。だが、真紀は自分の絶大な幸運を知っている。世の中ではご飯を食べれない人だっている。そして、家が火事になった時、米袋を優先させて持ち出したのは幸運だと思った。

世界は自分を好いている。真紀は嬉しくて、寒い中で微笑んだ。震える手にもいいことはある、自分が生きてるって思えるから。

丁度風がやんで、真紀はさらに嬉しくなった。寒くない時があることはいいことだ。しかし寒くないばかりでは寂しい。だからきっと、今ぐらいがいいのだ。そうして我が身の幸運と幸せを喜んで何か分らない対象に祈った。願ったと言うほうが、正しいかもしれない。 願わくばこの恵みが多くの人にもあるようにと。

/*/

その日、その50m先で準竜師は、不幸だった。

彼の趣味であるキャンプに、先客がいたのである。

家族連れだった。幸せそうに歌まで歌ってる。

 公園の立て札を見ろ、焚き火とキャンプ禁止とあるだろうが。
と、彼はイライラしながら思った。
そう思いながら、慣れた手つきでテントを建てる、枯れ木を集めて火をつける。

 準竜師は公園でキャンプが趣味である。
それは、小さい頃の準竜師が空を見上げることが好きなせいであった。天井がある場所では空は見えない。窓の中から見るよりも、寝そべって空を見たい。それが元々の動機だった。変人にも奇人にも一応、行動には理由というものがあるのである。

今は途方にくれる以外で空を見上げるのを忘れてしまったが、それでも準竜師は公園でキャンプをやっていた。

/*/

 準竜師は考える。更紗は今頃休みかな。自分が仕事するとそれ以上に忙しいのが彼の副官である。だから彼は、時折こうしてたいして面白くもないこと時を費やし、休むことにしていた。
長すぎる枝を折り、思えば昔はキャンプする際に、舞もいたものだと思った。いや、正確にはその父にくっついていたのであるが。
 体が弱い従妹殿に対し、その父は気を使いながらもあちらこちらに連れて歩いていたものである。

「なぜですか」
 若い頃に準竜師は高熱を出している舞を抱えながら文句をいったものだ。
返事は決まってそう……

/*/

「幸せは病気にかからないことじゃない」
そうそうそんな感じー。 ん。と思って準竜師が顔を上げると、先客である青い髪のおさげの少女が、咳をしながら、家族にそう言っていた。

その少女が準竜師に気づいてにっこり笑って見せたので、準竜師は思わず反射的に笑ってしまった。
しまった、笑顔を安売りしたと思う準竜師。数年前に更紗が女性に笑顔を向けると悲しそうな顔をするので、以来彼は長らく女性に微笑みかけることをしていなかった。

 それをどう思ったのか、青い髪の少女は笑顔を向けて近寄ってくる。
「こちらに来て、食べませんか?今日、お米を炊きすぎたんです」
少女は……、真紀は堂々と嘘を言った。米はせいぜい二人分だった。
だが、実際に炊き上がった米を見なければ嘘とは思わせないくらいの、そんな嘘だった。
この人物ほど完璧に嘘をつける人間もない。その女は、優しく笑ってみせた。

 更紗が盗聴してたら俺は死ぬなと思いながら、目を泳がせる準竜師。

真紀は音もなく笑ってみせると、やけに慣れた手つきで準竜師に手をさし伸ばし、いつのまにか準竜師の手を引いて歩きだしていた。口を開く。
「一人でご飯を食べると、悲しくなるんですよ」

準竜師は議論好きのへそ曲がりである。そう決め付けられて、自分が考えるより先に反論した。
「そういうのがいいと言う者もいる」
立ち止まらない真紀。彼女は振り向きもせずに口を開いた。
「それは嘘です。一人で生きていける人なんていません」

なんと言う絶対の自信だろうと準竜師は少々面白くなった。テストするつもりで口を開く。
「なぜそう思う?今の技術なら生殖にも二人はいらんぞ」

真紀は振り返りもせずまっすぐ前を見て言った。
「でも会話は一人では出来ないでしょう? 相変わらず。ちょっとくらい一人で出来るようになったからってなんでも出来るって、言えるんですか?」
青い髪の少女の返答は明確で、準竜師はそれで笑った。
「確かに私の負けのようだ。朝食に付き合おう。だが少し待ってくれぬか。実は荷物の中に干物とウインナーがあるのだ。互いに提供しよう」

/*/

 準竜師は笑いを収めると田辺のその背を見て目を大きく広げた。

/*/

 田辺真紀は抱きついてくる弟の髪をなで、姉弟揃って準竜師を見た。
弟は目を細める。準竜師の顔は見ようによってはつぶれたトカゲの化け物のようで、弟は世界唯一の姉を守るために姉を掴む手を離して前に出た。

にらむ。

 準竜師はまあそれが普通の反応だなと考えて笑い、ウインナーを詰めた袋を見せた。

動揺する弟。嫌いになれんタイプだなと準竜師は思いながら袋を投げた。
かなり慌てて走って袋を掴む弟。

「いい反射神経だ」
 準竜師は笑ってそう言うと横を通り過ぎ、健やかな姉弟を育てた良心に頭を下げて見せた。
 座り、皿を貰い、持参のフォークを取り出し、それから、楽しい食事がはじまった。

準竜師はこれだけうまいのは動物園で食べた以来だなと思って笑った。
良く笑う田辺真紀を見て、更紗に秘密にせねばならんのが残念だと考える。

 いや、微笑んで準竜師は思った。

秘密はもう沢山だ。どうにかして嫉妬深い更紗に話す方法を考えよう。
その横顔を、真紀の弟がじっと見ていた。

/*/

 準竜師を見る弟は、準竜師が好きではない。思い出し笑いか、不意に笑ったのも嫌いだったし、姉の背中を見る目線もいやだった。危険な匂いがする。

いつものように絶大な確信をもって花園で優しく微笑んでいるような姉、真紀とは違い、弟、勇気は自分にも世界にも他人の善意にも確信が持つことができていない。準竜師が姉にひどいことをする可能性を考え、勇気は食事しながら身構えていた。確信があるとすれば唯一つ、誰よりも速く姉を守るのは自分だという確信だった。

 勇気は姉を全肯定する。この幼い少年は、真紀姉ちゃんこそは世界最強にして世界最善だと思っていたし、その行動の全部こそが正しいと信じていたが、だからこそ周囲を警戒していた。美人で人がいい姉ちゃんをきっとみんなは狙っている。

 準竜師は勇気に気づいたようだった。
こっちを見て笑った。

 ひるんだ顔の勇気に、準竜師は優しく言った。
「俺は勝吏だ。芝村をやっている」

迎え撃つぞと、顔をあげる勇気。
「僕は田辺真紀の弟だ。名前は勇気」
勇気は、それが世界で一番偉い奴の知り合いだと言う響きで言った。
勇気にとっては響きどころか正真正銘、世界で一番偉い奴は姉だと信じて疑ってない。
だから、それを周囲が笑おうとどうしようと、まったく意に介さなかった。
それを公言しないのは姉が偉そうに振舞うことを極度に嫌う、ただそれのみ。

真紀姉ちゃんはすごい。理屈も常識も遥か彼方の世界で自分の好きなようにやって生きている人だと、勇気は常々見せ付けられ、またそう思っている。他の誰も、父母すらも現実とか常識を恐れて言わないが、勇気はだからそ、自分だけは素直に思ったことを言おうと思っていたのだった。姉ちゃんはすごい。子供でも遠い噂に聞く芝村がどういうものか知らないわけではないが、そんなものでは姉には足元にも及ばない。勇気は、心の底からそう思っていた。

準竜師は笑って見せた。 幼い時の舞が、私はエヅタカヒロの娘だと言ったことを思い出したのだった。突然親切になる。
「ふむ。では厚遇せねばなるまいな。朝餉にお邪魔した手前もある。何でも好きなものを届けさせよう。貴方が何か欲しいものはないか」
「欲しいものはない。でも、必要なものはある」

死ぬよりも、悪く言えば体面、良く言えば誇りを優先させるのが旧家というものである。準竜師は旧家の出らしく他家の男子に対して配慮をした。
準竜師は勇気を見て、深々と頭を下げたのである。
「失礼した。貴方の誇りを汚すつもりはない。必要なものを届けさせよう」
胸を張って口を開く勇気。
「僕の姉は仕事がしたい」
「分かった。用意しよう」 善行におしつけようと、準竜師は思った。「他にはないか?」
「いらない。あとはどうにかする」
準竜師は合格と言った調子でうなずいた。
「分かった。貴方がたと巡りあえたのはわが生涯でも屈指の本当に良いことだった。何かにつけ、困ることがあれば我が家名を唱えるがよかろう。誓ってかならず家のものに助けさせる」
「僕も貴方に言おう、困ったら、姉に頼れ。僕が保障する。あの人はどんな困難も必ず越えて助ける」

 準竜師は本当に嬉しそうに笑った。
「それは嬉しい」

 真紀とその両親が笑い出した。
準竜師が不思議そうに、何故笑うと尋ねると、真紀は笑ったまま口を開いた。
「芝村って軍閥のでしょ」
「そう言う人物もいる。実際は高度に癒着した軍産複合体というほうが正しいが」真顔を向ける準竜師。
「そんな人がこの公園に来るわけがないじゃないですか」真紀は優しく言った後で、言葉を付け加えた。
「軍閥なんかと関係なくても、おじさまはそのまま素敵だと思います」

 準竜師は、空を見上げた。おお、なんという曇り空。
真紀の笑顔があまりに優しかったので、それで準竜師はそれ以上言うことはやめてしまった。

「まあ、俺が素敵なのは確かだな」

真紀が本当の事に気づいてびっくりするのは、今しばらく後の話になる。

/*/

 準竜師の動きは外見に比ず、素早かった。
1日ほどで公園にテントを置いたまま、参謀本部に戻ったのである。

 準竜師は部下にも上機嫌に微笑んで自分の席に座ると、山のような書類を決裁する前に今だ多数設置されている黒電話から防諜番号を文字通りダイヤルしてで、傘下の私兵部隊に電話した。

「俺だ」準竜師は受話器に言った。
「どうしたんですか」加藤祭が買出しに出ていたので、電話に出たのは善行だった。開口一番俺だなどと言う人も限られていたので貴方は誰ですかなどとは言わずに、善行は頭をかいてご用件は何でしょうと言った。

この頃、初陣前で部隊はあわただしかったが、善行だけは静かだった。

「善行。以前、そなたはどんな人間でもいいから人員が欲しいと言ったな」準竜師の声。
「いや、まあ」嫌な予感がする善行。
「一人いる。使ってみんか」優しい準竜師の声。

怖い人の優しい声はやっぱり怖いですねと埒もないことを考えながら、善行は意識を集中する。スパイでも送るつもりか。いや、こんな政治的に意味のない員数外の部隊にそんなものをやっても意味はない。ならば、親切だろうか。あるいは新型の成体クローンの実験か。

「どういうおつもりですか」善行は、結局素直に聞いた。鬼と呼ばれた戦争の天才善行は、その一方で陰謀のほうはさっぱりである。
「人助けだ。似合わないとは言うな。俺もそう思っている」これまた素直に言う準竜師。
善行は鬼のカクランってどう漢字で書くんだっけと考えた後、不気味な沈黙を追い払うように慌てて口を開いた。
「なるほど、それはいいことをされましたね。分りました。私も人助けのお手伝いをしたいと思います」
「気立てだけは保障する」
「はぁ」

 せめて整備の腕は保障する、くらいは言って欲しかったと善行は思ったが、まあ、整備員が足りないのでとにかく良かったと思った。初陣が終わったら、素子に押し付けよう。

/*/

一方その頃、整備テント。

押し付けの押し付けで最終処分場の感がある女、原素子は鬼のような形相でサボっている新井木にスパナを投げつけていた。
叫ぶ新井木、怒鳴る原。さながら整備場は戦場の前の戦場であり、人が傷つく、疲弊するという点では、どこも変わることはなかった。

戦争なんてする必要がないと原は思う。新たな発見なんて、なにもない。

軍手をはめなおし、イライラして口を開く原。
「ああ、もうっ。なんで役立たずばっかり部下になってるんだろう」
「仕方ないですよ。戦争なんだから」
そう言いながら、腿の装甲板をクレーンで取り外し、人工筋肉を覆う耐熱ラバーをチェックする森。

原は横目で森を見た後、考え、結局我慢できずに口を開いた。
「なんでも戦争のせいにするのは嫌いよ」
「はぁ」そう言いながらラバーを外すと言うより脱がして人工筋肉の断裂を調べ始める森。

横の森をちらちら見て腕を組む原。
「……なんで田辺さんは首になったのかしら」
「いつものように運が悪かったんだと思いますけど」
森は目を大きく開けて断裂箇所を見つけた。喜ぶ。
「森さん」原の声は静かだった。
「はい」交換している森。まず血管を閉鎖する。
「真面目に私の話、聞いてないわね」
原がそう言うと森は断裂した人工筋肉を取り外しながら、「仕事に集中してますから」と言った。

/*/

 翌日。
まるで夏の海辺のようないでたちで、青い髪をおさげにした少女が、寒さに震えながら水のみ場で米を研いでいる。
公園でテント生活しているこの青い髪の娘を、毎度の田辺真紀という。
その日は着るものがないので、学校指定の水着だったた。

白い息を吐く。それが奇麗なので真紀は喜ぼうとしたが、咳が出て、中断した。

 昨日の就職活動はうまくいかなかった。完璧な計画だったが、仕事探しにいったところは戦争による避難を続けている場所であった。門前払い以前に人がいなかった。職業斡旋所にも。
良く考えれば熊本全部がそんな感じである気がしなくもない。

お米は残るところ、数日分だった。公園の水道がいつまで流れていくか分らない。

 心の中で湧き上がりはじめる不安と恐怖を、真紀はじっと内面観察している。
彼女には弟がいた。親がいた。怪我しているところを拾って治療している鼠がいた。小鳥もいた、猫もいた。カマキリの卵はまだ孵ってもいない。
彼女の恐怖は彼女だけの恐怖ではない。彼女が守ろうと思う全部が、彼女を良く見ていることを真紀は良く分かっていた。自分が震えれば、自分より弱いものはもっと簡単に恐慌に陥る。

嘘をつこうと真紀は考える。いつもどおり。

そうして、お守り代わりの黒縁の眼鏡を指で押し、真紀は恐怖も不安も完全に押さえ込んだ。
優しく笑おうと考える。笑える、私は笑えると呪文のようにつぶやく。確かに笑えた。
鋭すぎる視線すらも押さえ込み、この稀代の嘘つきは、いつものように絶大な確信を持つように優しく可憐に笑ってみせた。

誰かを助けようと思ったら、あきらめてはいけない。真紀は思った。勇気を拾ったときもそうだった。もう駄目だと思うこともあった。だが諦めなかったから、あの子は今こうして生きてくれている。

真紀は遠くまで見えると怖くなるという理由でつける黒縁の眼鏡を指で押した。
これがある限り、大丈夫。自分が何者なのかも分らなくなることはない。なぜなら足元しか見えない。

出来ることは全部やる。嘘しかつけないなら、嘘をつくまでだ。それで状況が良くなるとは思えなくても、絶対最後の最後の最後まで、徹底的に断固戦う。

それで駄目だったら、私が悪いんじゃない、世界が悪いんだ。死んだ後で盛大に世界を呪ってやると真紀は思って、優しく笑った。

今日も就職活動をがんばろう。頑張ろうと思う日に事を急ぐ。完璧な計画だ。

そしてとりあえず、がんばって米を研ぐことにした。

 遠坂圭吾が見かけた田辺真紀は、そんな時の真紀であった。