テンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドレスの今を伝える聨合通信

<<   作成日時 : 2010/06/08 22:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

アイドレスの今を伝える聨合通信 0605


○ナイトメア、ついに終止符
 眠っている人を夢の世界に捕らえて意識不明にさせるというナイトメア騒動がついに終止符を迎えた。
ナイトメアに関しては、これまでSSNによる映画・DVDの販売、土場藩国所属の黒霧氏による小説の販売、越前藩国主催の笑いの祭典、ほほえみ書店による読書デー、羅幻王国所属のぱんくす氏による牛乳の配布、神聖巫連盟主催の絵馬の奉納、詩歌藩国の吟遊詩人による吟遊など多くの対策が講じられていた。
これがナイトメアの世界に大きなダメージを与え、夢の中にとらわれていた越前藩国所属の黒埼紘氏によるダガーマンコールによって召喚されたダガーマンによって、ナイトメアの世界を崩壊させることができた。

 今まで謎であったナイトメアの世界は、一面が闇に包まれており、赤い目の黒い馬が犇めき合うという世界であった。
その世界に呼ばれたダガーマンは、絵馬から生まれた白い馬と共に現れたピクシーQ氏から、FVBの光儀氏・FEGの那限・ソーマ=キユウ・逢真氏によって開示された妖精の剣を預かり、白馬と共にナイトメアの世界を駆け抜けた。
一頭の巨大な黒い馬となったナイトメアに圧倒的な差をつけて駆け抜けたことにより、ナイトメアの世界が崩壊し、その世界にに囚われていた人々は解放された。

 これにより世界中の人の夜が守られ、安心して眠れる環境が取り戻された。
また、ナイトメア問題が解決したことにより、一部の地域では封印されていた情報戦も解禁となり、新たな反撃の一歩を踏み出すことに成功した。
今後も情勢が不安になるたびにナイトメアが復活しない とも限らないが、今回のように世界中で協力することによって乗り越えられるだろう。
今はこの守られた夜を静かに過ごすことこそが重要である。

○紅葉国の爆弾、すべて解除される
 紅葉国に無数の爆弾が毎日新しく仕掛けられ、現在の紅葉国の基幹となっている都市船の爆破問題も解決を迎えた。
これまで紅葉国はダガーマンと協力して現地ACEらによる解除を続けていたが、爆弾の解除に1日かかりその間に新たな爆弾を仕掛けられるという一進一退の攻防を繰り返していた。
海法よけ藩国のセイイチロー・黒崎くんから、詩歌藩国のソットヴォーチェが援軍として、またレンジャー連邦戦を禁止されていたFEGの久珂竜太郎くんがNWを旋廻しているという情報も入り、こちらもダガーマンが短期戦へと持ち込んだ。

 ダガーマンは同藩国のマユミ・紅葉・深浦氏と協力し、時限式である爆弾を解除しながら、竜太郎くん経由でソットおよび蒼龍に連絡を取り、情報戦によって爆弾の一斉停止に成功した。
また情報戦を仕掛けた時に、になし藩国のオタポン氏が敵を割り出し、爆弾を仕掛けていた犯人にマーキングすることに成功した。
マーキング通りに追いかけていくと、先行偵察していたマユミ氏が急に混乱、ここで初めて顔のない男にマーキングをつけることに成功したことが判明した。
さらにこの顔のない男は、FEGの是空素子氏を一度瀕死の危機に晒した男であることも判明、ダガーマンだけは顔を覚えることが出来た。

 間に色々あったため顔のない男は取り逃がすことになったが、爆弾もすべて停止したことにより紅葉国に平穏が戻った。
また、敵が空間固定装置では固定できない藩王リンクゲートを利用していることや、冒険艦からの世界を超えても大丈夫なマーキングを打てば追跡できるかもしれないという重大な情報も得ることができた。
少しずつではあるが、顔のない敵を追い詰めることに成功しており、今後イベントなどでの動向が注目される。

○キノウツン藩王、無事に救出される
 ムラマサたちを従えたゴートホーンによってキノウツン藩王であるキノウ=ツン氏が襲撃されているとの情報が入り、ダガーマンコールが行われた。
ダガーマンが現場に急行したときには、既にキノウ=ツン氏は首をゴートホーンに吸収されており、助けに入った同藩国の船橋鷹大氏がゴートホーンに襲われているところであった。

 ゴートホーンにダガーマンが突撃したことでゴートホーンは殺害優先をダガーマンに変更、4本腕のうちの3本でダガーマンを叩き伏せた。
それを凌いた形でワンダーダガーのダガーマジックにより、ダガーマンが自らにダガーを突き刺し、ゴートホーンに自害したように見せ、騙すことに成功。
そのまま背中を見せたゴートホーンに注意を払いながら、機転を利かせた船橋氏によって生まれた隙を突いて、見事自爆させることなく生体ユニットを切り離すことに成功した。

 ゴートホーンは是空素子氏によって回収されて内部データなどの解析が行われ、キノウ=ツン氏は事前に準備されていた治療チームにより無事に蘇生させることに成功したという情報が入っている。
聨合通信で得た情報によると、こちらの蘇生は世界に影響のない蘇生であるとのことで、この蘇生法を使ってロイ・ケイリン氏も発見され次第、蘇生されることになっているとのこと。
ただし、あまり軽々しく使うことのできない蘇生法ということであり、以前のように「死なないこと」が重要であることに変わりないことを重々承知しておかなければならない。

 現在、自爆させず倒せたゴートホーンは上記1体のみであるため、ゴートホーンの生産工場の撃破や支配下に置かれたムラマサの解放なども今後の課題として残っている。
各地で起きている戦闘にも終止符を打つべく、EV162が控えているので、各国の動きに注目したいところである。

○ねじれ対策、各国の協調
 akiharu国所属のPCがねじれた状態で出現してしまうことに関して各国での協調の情報が入った。
ねじれた状態をどうにかするために、共和国内で協調の動きが出てきている。

 一つはねじれた状態をどうにかして元に戻す、というところから流れを正常に戻す特殊を使える白魔法使いを擁するゴロネコ藩国部隊での対応。
もう一つは裏返りを特殊無効化によって対応できたために、世界解析を行える世界移動者を持つるしにゃん王国部隊での対応である。
また、個人の星見司としてFEGの久珂あゆみ氏がのほほニストの特殊によってねじれを元に戻せるかのクエストを行っている。

 これらの対応は寛容の秘宝のクエスト後に実行される見込みである。
しかし、ねじれが何故起こっているのか、その辺りの原因が解明されないと根本的な解決にはならない可能性もあり、今後の動きが注目される。


○移民政策の成功・失敗
 芥辺境藩国が準藩国化したことで各国に移民の動きがあったことは記憶に新しい。
移民を受け入れる藩国にとっては、国庫の開放など様々な動きを主導的にしていかないといけない。
また、中には帝國・共和国間の移民のように言葉の違いがあるため、政策を出したが一般に普及せず、上手くいかないことも多くある。

 移民政策を成功させるためのポイントは3つあるのはご存知だろうか。

1.言葉の壁を取り払う
2.政策等を一般に流布させる
3.衣食住の確保、就労支援

 3番に関してはどの国でも盛んに行われているごく当たり前なことであるが、意外に1番2番で止まっている可能性が高い。
1番に関しては、同じ帝國内・共和国内である場合は大きく影響はしないが、垣根を越えた移住をする場合にはかなり重要なポイントになってくる。
また2番に関しては、移民が政策情報に触れられる場所がそもそも少ないために、一番必要である移民に情報が流れないという事態が政策失敗の要因になっている。

上記の3項目を念頭に入れ、政策を流すことで軋轢を生まずにスムーズに移民を行うことができると考えられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
アイドレスの今を伝える聨合通信 テンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる