電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説アイドレス(涼州記2)

<<   作成日時 : 2009/10/21 17:34   >>

面白い ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

(2) ポレポレ伝

 宰相府という、藩国がある。
人間がいるが、それらの大部分は、ただの飾りである。
この国では、人間に重きなどはおかれていない。

 この国を支配するのは人間のような機械と、機械そのものである。
いまだかつて、この国に税率は設定されたことはない。よって立つところからして、人など相手にしていないのだった。人はただ、国らしくするための飾りである。議会もなければ意見を訴える窓口すらない。

 ただそれは、あくまで人間相手の話である。
人間以外では、別であった。

/*/

 ポレポレという、男がいる。蒼龍という機械に寄り添って生きる、人間である。
人間らしいほど人間らしく、不器用で要領悪く、精神が弱い。時折それが体にでるような存在だった。悪く誤解されることもしばしばだった。

それが、蒼龍を得たのは、世界の謎である。
ポレポレが哀れとおもったのか、戦闘機械にあこがれたのは、そのきっかけさえ、今となってははっきりしない。

ただ一つわかるのは、蒼龍、あるいはその中に存在する戦闘プログラムはポレポレを認めているという、それだけである。

その彼は蒼龍が活躍する国として、宰相府に転藩した。

これは、本来認められないことである。宰相府にはプレイヤーは、特別な事情以外では入国も長期逗留も許されない。過去の例で言えば人間コンピューター風野だけが、入国を許可されている。

だが宰相府は、これを認めた。宰相が認めたわけではない。宰相が許可を出すはるか前に、宰相府のAIと蒼龍は合意を結んでいた。

ポレポレが入国を望めば、蒼龍の付属物としてこれを許可する。という内容である。

正確に言えば、以下の通りだった。
・蒼龍は人間の意志を問わない。蒼龍は戦闘機であり、道具である。道具は人に意思確認をしない。

・宰相府の政府AIは人間の入国を許可しない。だが戦闘機の付属物の内容を問うことはない。

合意内容は、以上である。

 蒼龍はポレポレがどう動くかを正確に読んでいた。他の人型ACEでは出来ない論理と正確さだった。
それは蒼龍が最大の戦闘力を発揮する際に、ポレポレがどう動くかという、戦術予測である。

蒼龍の文字通りの計算どおりに、ポレポレは動いた。スカウトされた国々を選ばず、誘われてもいない宰相府に転藩したのである。蒼龍の操縦桿が先に動いたのか、ポレポレの手が先に動いたかはさておき、この時人機は一体として動いている。
ポレポレが転藩願いを出す直前からすでに蒼龍は宰相府に向かって飛んでいる。

空中にて入国なった10秒後に宰相府の政府AIは戦闘機の付属物の規定項目を規定し、そこから機械的に人間をはずした。政令にあやまりがあったが自動修正されたと、報告のメールだけが宰相あてに飛んでいる。

同時に、空中で蒼龍を加えた臨時戦闘序列が組まれた。

 速度がもっとも速い蒼龍を先頭に、無人戦団が飛び行く。
行き先は、涼州藩国。

今まさに地上の地獄となろうという場所であった。

/*/

 ポレポレは入国のやり取りと戦闘序列の変更を見て、何もかもが自分の狙い通りだと考えた。自分の勝利だと。

あるいはそれは蒼龍の勝利かもしれなかったが、もはやそんなことはポレポレにとり、どうでもいいことだった。

この戦いがなんで、なぜ戦うのかも、ポレポレは分かっていなかった。蒼龍が戦うというのなら、疑うのも罪だと思っていた。

ただポレポレは、一度でもいいので作ってやりたかったのだった。

蒼龍がベストの状況で戦うという、その状況を。


ポレポレはコクピットの中で戦闘序列に組み込まれた蒼龍の表示を見ると、一人げらげらと笑い、大事そうに機体を2度叩くと、じゃあなといって緊急脱出レバーを引いた。

コクピットが粉砕され、射出座席が始動する。ポレポレは射出された。

#################
NICE WORK porepore.
GOOD LUCK.

”帝國の剣。これより抜き放たれる”

#################

蒼龍は誰も見ていない表示の後、コクピットを装甲シールドで閉鎖。パイロット緊急脱出のため自らその後の指揮をとる。
自動的に人間の許容限度以上のGで上昇を開始。流れ星となって天を駆けた。

/*/

 ポレポレは狂ったように落下傘の端に見える流星を見上げながら笑っている。
自分が緊急脱出して自動操縦に任せるのが彼の思う、蒼龍がベストの状況で戦うことの最後だった。

風呂場で小便をぶちまけたような爽快な気分だった。
あんな美しい機体が、人間ごときに縛られているのはかわいそうだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
小説アイドレス(涼州記2)  電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる