電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説アイドレス0605

<<   作成日時 : 2009/06/06 01:38   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

 ねじくれた笑いに、老人たちは体から湯気をだしたまま顔をあげた。

ひどく長い影を落とした怪人が一人、巨大な月を見上げ笑っている。切れ長の瞳で老人たちを見下ろした。アイシャドウ。

 若宮は声を笑い声を聞いて心臓が破れそうになるまで足を早めた。

人の一団が見え、若宮は声もかけずに人々の前に立った。
荒い息のまま背を伸ばし、怪人を見つめる。

クーリンガンだ。クーリンガンだと、背後の人々が絶望的に言う。それは怪人のよく知られた通り名であった。

一際笑い声を高くするクーリンガン。ふわりと舞い降りて若宮の間合いに入った。顔を近づける。

「死人が何を守ろうとしている」
「まだ死んでいない」

「いいえ。あなたは死んでいるわ。遠い昔、誰かに捨てられたときにね」
「俺は昔を覚えていない。だからそれは分からない」

クーリンガンはひどく笑った。楽しそうに。あざけるように。そしてわずかに、あわれむように。

「それは嘘。そして、お前はここで死ぬ」
「死んでもかまわんが」

若宮は己の心臓を意識する。心臓はまだ動き、何も食べていない若宮に力を与え続けていた。

若宮は己がまだ誰かに働けと言われていると確信する。ファイティングポーズをとった。

「死ぬまではやれることをやるまでだ」
「誰にも愛されていないのに?」

若宮はひどく傷ついたが表情を変えることはなかった。

「だが確信はある。おそらくは迷宮の奥深くから、俺に加護を送り続ける者がいる。クーリンガン。ここにいる者を誰も傷つけさせはせんぞ」

クーリンガンは微笑むと、暗黒の剣で若宮を切り裂いた。
若宮は腕を犠牲にしてひるむことも下がることもなく前に進み、そのまま遠くまで音が聞こえるような頭突き、そのまま片腕で首を絞めあげながらわき腹に膝で蹴りあげた。

笑うクーリンガン。頭は陥没し、わき腹からは肋骨の先がでていたが、笑って無視した。一歩下がり、再生する。笑いながら顔を近づけた。

「死人を殺すことはできないわよ」
「そんなことは思っていない」

若宮は言った。静かに。

「だが時間は稼ぐ」

/*/

 老人たちは、逃げ出していた。家畜とともに、akiharu国へ走っている。

「死人め、死人だと思って無茶をする」
一人が言った。死人とは若宮のことである。生きようとしない若宮を、鍋の民は侮蔑していた。

「だが助けられた」 老人が言った。
「死者と死者が戦うのはなにか運命だろう」
別の老人が言った。
数名の男が動いた。老人たちに頭を下げた。

「もはや、これまで。我々の旅は終わりました。我々は死人を手伝いたいと思います」
「死ぬぞ」
「いいえ。死人を我が肉で蘇らせ、死人を繋がりに戻します」

数名の男は老人の孫だった。うっすら涙をうかべて老人はうなずいた。
「分かった。さようなら」
「さようなら」

男たちは己の指を噛みきると妻に与え、死人の元へ走った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
小説アイドレス0605 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる