電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 小説アイドレス0409

<<   作成日時 : 2009/04/09 17:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

 長い長い時を経て、出張鳥がまた空を飛ぶようになり、敷物を踏んではその会社に出入りすることが多くなった。

何度も踏まれ、人の出入りが激しくなるそのうちに、玄関に敷かれた敷物は本来の色鮮やかさを取り戻し、今はもう踊る人形のその姿も、青い青いその色も、誰も読めないだろうが立派な立派な文言も、再び目に見えることが出来るようになっていた。

それは踏めば踏むほど蘇る、人の心意気を編んだ織物であった。
壁に飾るものでも、上を見てありがたがるものでもないその品物こそを、佐々木は最高級品で固めている。

そのうち、猫達が良く会社に出入りするようになった。猫にも踏まれ、敷物の色はさらに鮮やかに蘇った。

佐々木哲哉は少し微笑むと、さあ、ここでまたやろうじゃないか。とつぶやいた。
いつまでもいつまでも楽しい楽しい、我らの天職を。七つの世界を通じて一つだけ選び続ける我が職業を、誇り高いその仕事を。どこであろうと、俺は俺。

この日、佐々木は猫の正社員を3匹雇い、会社の規模を2倍とした。

/*/

 出張鳥という鳥がいる。
始終なんか麺類を食べているサラリーマンで、翼の代わりに飛行機の回数券を持っていた。
リワマヒの砂漠を、世界忍者国のトウモロコシ畑を、芥の貧民街を、FEGの摩天楼を、鍋の国の密林を、飛んで歩いて、各地の麺を食べ、情報を集めた。

 本社では猫が並ぶ会議室で出張鳥の情報を元に、世界の防衛計画が立てられて、それにそってゲームが開発されはじめた。はるか遠くずっと遠く、いつかはそれが本当の世界の護りとなるようにと願いをこめて。

/*/

 そして鍋の国の空の下になる。

空は晴れ渡り、まるで敷物を映したかのようであった。
春が来たのだ。またいつかは冬になるかもしれないけれど。

 出張鳥は歩きながらジャケットを脱いだ。景気良く捨てた。

「矢上君」
カフェでその気もなさそうに新聞を読む、サラリーマン・ヤガミはにやりと笑った。
新聞を畳んで顔をあげた。

「随分待ちわびました。俺の主観時間では257年ぶりですよ」
「いいね。未来か。すげーゲームはでていたかい?」
「いえ。俺のいた未来も、ゲームは絶滅していました」
「そうか。なに、また別の未来でもさがすさ。ほい」

出張鳥は紙袋を渡した。
サラリーマンヤガミは微笑んだ。自らの上着を脱いだ。

昔懐かしい黄色いスタッフジャンパーに袖を通し、出張鳥こと須田は眼鏡を指で押して笑顔になった。あわせて黄色いスタッフジャンパーを着る矢上総一郎。少し照れた。

「自分のやってる事が、恥ずかしいことを思い出しました」
「そう?」

須田は照れてはいなかった。
「でも似合ってるぜ」
「はあ」

須田は苦笑した。
「いこうか、課長」
「はい」

/*/

同日。同時刻。

 久保雄一郎が佐々木を尋ねて色鮮やかな敷物を丁寧に踏んだ。
ニューワールドでゲーム出版を行うためである。いつまでもいつまでも楽しい楽しい、我らの天職を、この人物ももっていた。

久保は笑って言った。
「お久しぶりです」
「お久しぶり」
佐々木も笑って言った。

「またやりますか」笑顔の久保。
「またやろうか」笑顔の佐々木。

「ぜくやんが困っています。夜寝れないくらいに」久保は事実を告げた。
「ま、修羅場経験ない時はそんなもんですよ」佐々木は自らの経験を語った。
「助けれませんかね」
「ゲームでも作りますか。勧善懲悪のものを、当たり前のことを大声で言うゲームを」

それはまことに佐々木らしい言葉であったが、現状の是空のことをより知っている久保は苦笑した。佐々木の言葉が、なんとものんきに見えたのである。
もちろん事実は逆で、佐々木はたとえ世界が終わる5秒前でもゲームを作るかという、そんな人物であった。現状を理解してないのではなくて、その上で我が天職を貫き通す男なのである。

「いいですね。でも、通じますかね」久保は弱々しく言った。
「評価+5くらいなら。きっとなりますよ」
佐々木は一般的な職業修正である+3修正より上、ほとんど出ない+8修正の間を狙うつもりで戦略を立てようとしていた。 +8は中々でないでも、+3と+5ならいけると考えている。

「まずはそこからいきましょう」
佐々木はそう言うと、酒を飲みにいく準備をはじめた。

//
#次回は4月13日更新予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
小説アイドレス0409 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる