電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS EV136勝利 と戦後処理(共和国篇)

<<   作成日時 : 2009/01/19 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

EV136勝利 と戦後処理(共和国篇)

オリオンアーム共和国大統領府発表 戦争終結の宣言。(帰還将兵に向けた大統領の演説)

 ”ケルベロス作戦”と呼ばれる絢爛・レム・ペルセの3方面作戦が終了しました。
 3方面の敵部隊残存兵力に関しては先だって帝國宰相府発表の通りであるが、共和国側の戦争終結声が帝國に遅れること3日ほど経過した理由は、既知の敵に関して、現在進行形にての対応を迫られていたからです。
 小笠原を消滅させたとされる敵:クーリンガンへの調査を進め、同時進行にてセプテントリオンと呼ばれる組織の暗躍に対抗しようと動いておりました。

 現状、先手を打たれ、共和国のNAC、帝國の文殊、共通してのISS医療班などの活動がセプテントリオン&クーリンガンに阻害されました。
 全藩国がこれに対抗するために共同戦線を張っております。

 さりとて、全藩国が疲弊した環境化でもあるため、各国には軍事行動の指示よりも、防衛と復興を中心に示唆したいとは考えております。
 共和国全藩国は疲弊した状況下での軍事行動は防衛以外は許可しません。
 なぜなら、クーリンガン、及びセプテントリオンはこれらの混乱に乗じて皆をさらなる疲弊に追い込み、復興の名の下に我らに根深く寄生するからです。

 情報操作により、各国が戦乱に追い込まれたことは数回あります。
 先だっても共和国VS帝國の火種を蒔こうとしていた場面を追撃しております。http://feg.at.webry.info/200901/article_2.html

 恐怖・不信・混乱と戦ってください。
 T13は驚異的なほど各国が聯合を結び、共に戦いました。今はその聯合経験を活かし、混乱を収める時です。

 各国、情報が錯綜した中での独自戦略行動はくれぐれも控え、内政治安に準じてください。

 ---------------------------------------------------

 3方面への正面作戦は共和国全土をあげての作戦でした。
 オリオンアーム大統領としてこの戦火と悲しみが生み出した平和への道を大切にしたいと考えます。

 しかし、この道は非常に困難であり、各国、出兵の間隙による治安の乱れ、奇襲などによる犠牲、”ケルベロス作戦”終了後の混乱の拡大を招いています。

 山積する問題が次なる問題を呼んでいることも事実ではありますが、ひとつの解決を足がかりに、平和を連鎖させていきましょう。
 大統領府ならびに共和国藩王陣営は“共に和する大地”を護るために、現在の混乱を打破し、復興に全力をあげます。

 共和国の青い旗を護れたのは皆さんのおかげです。
 今、生きている我々のために、礎となって散った貴い命もあります。被災者も多いことは私も各現場に直接赴いた関係上、知っております。
 それでも、我々はいつも通り隣国を助け、花咲く季節に、皆と共に酒を飲み、語らう日を、共に生きていくための道を作っていきましょう。

 大統領ことダガーマンは、皆さんの活躍と温情を忘れません。

 迎撃作戦(無名)後、ISS医療班の危機を救ってくれた久珂晋太郎さん、妻のあゆみさん、息子の竜太郎君。
 FEGの危機を救ってくれた川原雅、左木、松井いつか、松井総一郎2。そして白石裕と暁のACE陣営。
 エリスタンの急襲と対峙してくれた久藤百佳。
 あらゆる局面に出撃して数多くの民を救った師匠と風野緋璃。
 フィーブルの危機を救ってくれた悪童屋・四季、奥方のスイトピー、小村佳々子ちゃん。
 緊急輸送で活躍した多岐川佑華、蒼のあおひと、鷹野君w
 ペルセウス方面の連絡や出撃に尽力してくれた東原恵。
 絢爛方面の失策を埋めるべく、詩歌の支援に出てくれたBヤガミ、高原鋼一郎、浅田、エイジャ兄弟、オタポン、ベルカインY、矢上・M・総一郎、日向玄ノ丈、リワマヒ国@うに、レンジャー連邦@楠瀬藍&ビッテンフェ猫、セーラ、マユミ・紅葉・深浦。
 よんた藩国で戦ってくれたあさぎ、八神少年、瀬戸口まつり。同じく宇宙転戦の際、敵部隊撃破に尽力してくれた瀬戸口高之。
 レムの医療部隊を支えてくれたソウイチロー・黒崎

 ACEを支援したすべての相方の皆さん。
 出撃を支えた各国家、募金者の皆さん。
 そして実際に出撃した各国の皆さん。

 本当に、お疲れ様でした。私も、皆さんの努力に負けないよう、復興を無事終わらせ、国民が休息を楽しめるよう、即時尽力していきます。

 オリオンアーム大統領 是空とおる

/*/

戦後処理とその布告

 まず。無名の復興には300億ほどが宰相府の政策(養育補助などと思われる)から供出されると報告を受けています。

 同時に、無名騎士藩国から養子とする人材がいる場合、共和国では養育補助を行います。
 被災者は随時各国政府か大統領府に連絡すること。養子を預かれぬ場合は大統領府を中心に引き受けます。
 養子の関しては再度、無名含め、各国復興の際に移住してもらう。

 なお、【無名騎士藩国の財貨を持ち出している者が参戦者にいる】という報告を受けています。
 調査は済んでおりますが、【即刻返還手続きをしていただければ不問】といたします。
 財貨は無名に確実に返還し、さらなる復興支援を付加したいと考えます。

 また、殺人衝動や薬物依存に対しての医療は、別途医療チームを派遣することでこれに当たります。
 http://cwtg.jp/oripbbs/wforum.cgi?no=246&reno=3&oya=3&mode=msgview
 ※現在申請相談中のEV138
 傷病を受けた兵については、治療について全力をあげ、大統領府はかかる全ての費用を提供します。
 ※帝國からも同様の声明があるため、折半対応など、別途計算される予定。

 オリオンアームから大統領府に続々支援物資が送られており、これらを復興に当て込む算段があります。
 資金1000億、資源200万t、燃料100万t。
 結果備蓄が資金1279 資源411 食料0 燃料300 生物資源0 約400マイル
 また、追加として、大統領効果で活気づくFEGの税収などが判明し次第、別途復興費にあてたいと考えてます。

 ●T13にかかった聯合費用の見直し、返還を予定。後日正式交付。
 ●無名騎士藩国へ復興費用、最低100億にゃんにゃん以上を予定。シールドシップ買取など含め、後日正式交付。
 ●ほか、後日正式交付にはなりますが、上記税収や枠組みが決定し次第、各国の復興支援対応の資金援助を予定してます。
 ※特にお困りの国はご一報ください。

 ■また、参謀部からの報告を参考に、世界忍者国、リワマヒ国、ゴロネコ藩国については支援・戦功での活躍に感謝し、それぞれ100億にゃんにゃんを支給します。
 ■海法ならびにGENZ、玄霧の3名の参謀長については特にその功績をねぎらい、ニヤリと笑う大統領から直接、デートチケットを1枚ずつそれぞれに支給します。
 ※こちらは即時反映してください。※あとで俸禄もう少しだせるようにします。資源不足を乗り越えてから処理させてください。

○共和国の今後について
 課題は多く、次の目的も定まりきっていないのが本音です。

 ・ペルセウス救出 http://cwtg.jp/oripbbs/wforum.cgi?no=238&reno=235&oya=3&mode=msgview
 ※戦後処理の一環として進行中。臨時編成権があれば対応可能か??

 ・絢爛の治安維持、資源捜索
 ・資源枯渇問題 これらはDEX社の冒険ゲームと連携させることにより、対応できないか検討中

 ・無名騎士藩国復興(全国参加許可があるため、全藩国で行ないたい)
 ・対クーリンガン
 ・知類法の批准(これはあとは批准するだけ)
 ・対セプ組織(質疑中) http://cwtg.jp/oripbbs/wforum.cgi?no=247&reno=201&oya=201&mode=msgview
 ・文殊(大統領府、越前藩国、宰相府の3ヶ所バックアップのトリニティシステムを推奨中)
 ・NAC http://cwtg.jp/oripbbs/wforum.cgi?no=236&reno=3&oya=3&mode=msgview
 ・現在、オタポンの協力(イベント)開示申請により対抗中
 http://cwtg.jp/bbs2/wforum.cgi?no=25670&reno=25647&oya=25647&mode=msgview

 ・第5世界:これらは帝國の施行とも足並みを揃えます。

 復興と同時に、T14の施政方針を考慮しつつ、進行させます。

○大統領府秘書官
 宰相府藩国同様の機能を大統領府が持てないかを検討中。
 現在は参謀部として戦術ライブラリの面々、共和国全藩王・摂政に随時ヘルプに入ってもらうことで対応中。
 新たな尉官設定などは今後の質疑次第。

 ・EV137に関して、不安点。不明点がある場合、知識の追いつく可能範囲でご相談に乗ります。
 ※基本は質疑で各国判明させているので問題ないと思いますが、各国へ影響が出そうなL化はやはり報告・連絡・相談の上でお願いします。

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
EV136勝利 と戦後処理(共和国篇) 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる