テンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 編成ルール,編成書式の大きな変更のお知らせ

<<   作成日時 : 2008/12/02 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

編成ルール,編成書式に大きな変更を行なっている部分があるため,T13編成書式について編成フェイズに先立ってお知らせさせていただきます。

■T13ルール上の変更
T13では編成チェックで問題となった不公平/不正に対応し,重要なルールの変更が行なわれています。
編成フェイズで提出されなかった分隊は使用不可能になります。
また編成表に記載されていない評価値は基本的に提出不可となります。

使用する可能性のある分隊は評価値を含めて全て提出してください。
ただし夜戦やAR7以下など,特定の条件下でおいてのみ臨時に付く特殊を適用した評価は編成フェイズで提出されていないものも使用できます(提出は推奨されます)。
この場合を除いて,編成フェイズで提出された評価値よりも高い評価値をイベントで提出することは認められません(編成フェイズで低めの評価を提出し,イベント時に正しい数値を出すなど)。

分隊書式では「分隊前の編成書式へのリンク(同ページの場合は不要)」,「分隊名」,「初期AR(分隊前の初期AR)」,「部隊を構成する歩兵,乗り物の名前(搭乗者名不要)」,「分隊評価値」,「評価値に反映されているアイテム/特殊」以外は省略しても結構です。
また分隊前の部隊で評価値を使用しない場合は部隊評価の項目を省略することができます。ただし省略した部隊でのイベントでの評価値提出は認められません。

省略した表記による分隊例)

分隊前の編成:http://〜〜
■部隊書式
<東方遊楽騎士団:フェイク分隊>
初期AR:15
○乗り物
F3−1
F3−2

■部隊評価
○部隊評価値
体格:筋力:耐久力:外見:敏捷:器用:感覚:知識:幸運
21:25:20:19:26:21:30:27:23

○部隊可能行為評価値
装甲:遠距離:対空戦闘
20:30:28
#夜戦時は上記に+2

○評価値に反映されている特殊
−秘書官/I=D、艦船使用時評価+1
−猫妖精/夜間戦闘行為+1(攻撃、防御、移動、各+1)(燃料1)
−フェイク3/遠距離+2(燃料1)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■T13編成書式について

T13編成書式では施設への犬士/猫士の配置,編成チェックからのフィードバック,公的管理の充実などを受けて,細かく書式を修正しております。大変お手数ですが,対応よろしくお願いします。

特に重要な変更については以下にまとめております。
詳細はページ下部の編成書式内の注釈を参照してください。

●重要な変更
・着用アイドレス表
犬士/猫士の藩国施設への配置が多くなってきたことから,着用アイドレス表の要点「国民番号/国民名/着用アイドレス」に「配置先」を追加し,国民に加えこれを犬士/猫士についても行なって下さい
現状,施設への配置は着用アイドレス表への記載だけでは行なわれません。施設への犬士/猫士の配置はA&S不動産への申請が別に必要です。二重申請の手間となりますので着用アイドレス表からの自動配置できないか検討しておりますが,T13編成フェイズでの対応は未定です。この件については編成フェイズであらためてご連絡させていただきます。
ASEA:A&S不動産 配置猫士&犬士管理
(T12編成書式から継続)
編成フェイズで編成されていない人については着用アイドレスなし(評価値オールゼロ)となります。職4を着用することも出来ません。
#例)77:東翼藩国の場合
国民番号国民名着用アイドレス配置
77-07777-01わんタロウ西国人+歩兵+犬妖精+バトルメード+秘書官東方有翼騎士団/
東方遊楽騎士団(冒険組合)
77-xx000-xxわんわん(王犬)なし
77-xx001
〜009-xx
犬士(9名)西国人+テストパイロット+名整備士+チューニングマスター東翼藩国
77-xx010
〜015-xx
犬士(6名)西国人+テストパイロット+名整備士+チューニングマスター東翼藩国
77-xx016
〜021-xx
犬士(6名)帝國軍へ出向


・犬士/猫士
犬士/猫士の国民番号表記を統一します。このルールは「着用アイドレス表」および「編成書式」のみで適用されます。
国民番号は,
(国番号)-xx000-xx
(国番号)-xx001-xx
(国番号)-xx002-xx
 ・
 ・
 ・
のように,000から始まる通し番号をつけてください。xx000は王犬/王猫として扱われます。編成に組み込む際はご留意下さい。
王犬/王猫が2名以上いる場合(参考)は,(国番号)-xx000-x1,(国番号)-xx000-x2としてください。
国民名欄は任意の名前をつけてくださって結構です。
#例)
#77-xx000-xx:わんわん(王犬):……
#77-xx001-xx:犬士:……
#77-xx002-xx:犬士:……

ACEの番号については特に指定はありませんが,PC/犬士/猫士と紛らわしくないようにしてください。

・根拠URL
兵器/アイテムの根拠URLは文殊の藩国該当ページでの提出とし,個別の根拠URL記載は不要となります。
個人保有アイドレスを使用する場合は,個人アイドレスHQ管理リスト(吏族紋章部管理)より該当ページURLを記載してください(L化されていないアイドレスの場合は藩国保有アイテムURLで管理されているため不要です)。

・HQ修正
着用アイドレスのHQによる評価修正は個人補正内への記載としていましたが,チェックしづらいとの指摘を受け記載方法を改めています。
変更前:個人補正として記載→ 変更後:「アイドレス(人/職業/乗り物アイドレス)名+HQ(種別)」と記載
#詳細は編成書式内の注釈を参照してください。
#この表記はVCCにも対応しております。

・資産消費
合計消費,消費軽減の項目を新設しました。

●お願い
追跡困難となる場合があるため,過去ログ落ちのあるBBSの使用は極力避けていただけますようお願いします(任意)。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

++T13編成書式++

国番号:国名/騎士団名
#騎士団は母体藩国名の番号を振る。母体藩国無しの場合は--とする。


■共通根拠URL
着用アイドレス表URL:
文殊個人修正一覧URL:
藩国イグドラシルURL:
#着用アイドレス表URL→ それぞれの藩国/騎士団で作成。T13で大きな変更があります。当ページ上部の「重要な変更点」を確認してください。
#文殊個人修正一覧URL→ 文殊該当ページ。
#藩国イグドラシルURL→ それぞれの藩国で作成したイグドラシルページ。
#T12書式の藩国部隊以外の編成URLは着用アイドレス表に統合されます。着用アイドレス表の項目を参照してください。


文殊藩国保有兵器URL:
−使用兵器名:数
−使用兵器名:数
藩国保有アイテムURL:
−使用アイテム名:使用国民名
−使用アイテム名:使用国民名
#文殊藩国保有兵器URL→ 文殊該当ページ。
#藩国保有アイテムURL→ 文殊該当ページ。
#「−使用アイテム名:使用国民名」の書式は,<所有者が組織(藩国・騎士団・冒険組合)であるアイテム>についてのみ記載して下さい。
#参考ルール
#t:組織所有のアイテムの編成 = 所有者が組織(藩国・騎士団・冒険組合)であるアイテムは、編成時に個人に貸与して編成する。
#上記2項目は使用のない場合,項目ごと削除,または「なし」と記載してください。
#編成書式中の国有,藩国保有などの表記は騎士団保有を含みます。


■部隊書式
<部隊名>
○初期AR:

○歩兵
国民番号:国民名:着用アイドレス(人+職業+WD)+HQ修正:個人補正
#VCCを使用するために国民番号と国民名の間のコロン(:)をアンダーバー(_)で代用し,行末にセミコロン(;)をつけたものを提出してもかまいません。
#★着用アイドレスのHQ/SHQ(T13からの重要な変更)
#着用アイドレスのHQ/SHQによる評価値修正は個人補正ではなく,着用アイドレスの後ろに付けてください。
#書式は「+HQ/SHQ(評価値種別)」,となります。全評価修正の場合は「+HQ/SHQ」です(VCC対応書式)。
#例)西国人+歩兵+バトルメード+隠居したメード+HQ敏捷+天陽+SHQ
#(隠居したメードが敏捷+1,天陽が全評価+2)
#★個人補正(T12と同じ)
#個人補正はVCC書式で”知識+1*敏捷+1”のように繋げて記載してください。
#このとき、文殊で表示される個人修正値にくわえてアイテムによる効果、施設による効果(保育園等)も補正に加えてください(着用アイドレスのHQは前ターンから変更し,個人補正に加えず上記書式へ)。条件付きで適用される修正についてはこれに含めず,「評価値に反映されるアイテム/特殊」の項目に記載して下さい(戦闘行為以外で器用+1など)。

−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
#該当するものがない場合は項目ごと削除して下さい。
#着用以外のアイドレスは,アイテム,絶技,施設などを指します。評価値・判定に関係あると予測されるものだけで結構です。
#着用型アイテムの場合,着用箇所を効果抜粋に記載して下さい。
#例)
#−大健康の腕輪:個人所有:耐久+3(着用型/腕輪)
#参考ルール
#t:装備可能個数 = アイテムはそれぞれの着用可能箇所で一つ かつ 合計で5つまで可能。
#t:着用制限例外 = {
# 指輪は片手に一つ装備可能とし、両手で2個までとする。
# 全身に着用するものは全身を覆うためその他に着用するもの以外を着用できない。
#}
#編成書式に含まれていないとアイテムが使用できないのは戦闘イベントに限られます。
#参考ルール
#t:アイテム使用方法 = {
# 側面:アイテムは保有・装備・使用宣言を行わないと使用出来ない。
# 側面:戦闘イベントで使用する際は編成時に着用していなければならない。
# 側面:戦闘イベント以外で使用する際は使用前に申告しなければならない。
# 側面:保持者のみしか着用、もしくは使用出来ない。貸し出しは不可。
#}

−個人取得HQ根拠URL:
#個人取得HQ根拠URL→ 個人アイドレスHQ管理リスト(吏族紋章部管理)該当ページ
#個人保有アイドレスを使用する場合のみ記載し,不要な場合は項目を削除して下さい。

国民番号:国民名:着用アイドレス(人+職業+WD)+HQ修正:個人補正
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−個人取得HQ根拠URL:
 ・
 ・
 ・

○乗り物
機体呼称(任意):兵器名+HQ修正:国有/個人所有
#例)
#F3−1:フェイクトモエリバー3+HQ対空+HQ対空:国有
#HQ修正の書式は歩兵書式に準じて下さい。

−使用オプション名:効果抜粋
#該当がない場合は項目ごと削除,または「なし」と記載してください。

(P)国民番号:国民名:着用アイドレス(人+職業+WD)+HQ修正:個人補正
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−個人取得HQ根拠URL:
(CP)国民番号:国民名:着用アイドレス(人+職業+WD)+HQ修正:個人補正
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−個人取得HQ根拠URL:
(CP)国民番号:国民名:着用アイドレス(人+職業+WD)+HQ修正:個人補正
−着用以外のアイドレス:国有/個人所有:評価/個人補正に関係する効果抜粋
−個人取得HQ根拠URL:
#(P)←パイロット要員。P1、P2のようにナンバリングする必要はありません
#(CP)←コパイロット要員。ナンバー不要
#(OP)←オペレーター要員。ナンバー不要

 ・
 ・
 ・

○人数制限特殊
使用者:アイドレス名/効果抜粋
対象者:A
対象者:B
対象者:C
#該当がない場合は項目ごと削除,または「なし」と記載してください。


特殊名:使用者/効果抜粋
対象者:A
対象者:B
対象者:C

■部隊評価
○部隊評価値
体格:筋力:耐久力:外見:敏捷:器用:感覚:知識:幸運

○部隊可能行為評価値
装甲:白兵:近距離:中距離:遠距離:詠唱戦など(部隊で可能な特殊行為)
#部隊で不可能な行為は書かないでください。


○評価値に反映されるアイテム
−アイテム名/効果抜粋
−アイテム名/効果抜粋
#部隊書式内の個人補正に適用されているものは省略して結構です。
#行為補正のかかるもの,条件付きで適用される評価値補正で使用するものを記載して下さい。(白兵,同調,非戦闘行為で器用+1など)
#例)
#−恩寵の短剣/白兵+1


○評価値に反映される特殊
−アイドレス名/効果抜粋
−アイドレス名/効果抜粋
#例)
#−名パイロット/I=D、RB、航空機での戦闘時(全評価+1)


#T13より編成表に記載されていない評価値は基本的に提出不可となります。
#夜戦やAR7以下など,特定の条件下でおいてのみ臨時に付く特殊を適用した評価は編成フェイズで提出されていないものも使用できます(提出は推奨されます)。


■消費資産
□出撃費用
資源:n万t
食料:n万t
燃料:n万t
#犬士/猫士の消費食料によって端数になった場合は例外として計算が切り上げとなります。
#例)西国人PC3名+犬士3名の場合,3万t+1.5万t=4.5万t→5万t


□編成種別
軽編成/重編成
#いずれかを記入


□特殊消費
資源:n万t
食料:n万t
燃料:n万t
#ここまでの項目には消費軽減を適用しないで下さい。

□消費軽減
アイドレス名:保有国/保有者:(資産種別)×n
#例)
#海軍兵站システム:宰相府藩国:燃料×0.18
#補給士官:わんジロウ:食料×0.75,燃料×0.75
#該当がない場合は項目ごと削除,または「なし」と記載してください。

□合計消費
資源:n万t
食料:n万t
燃料:n万t

#ACE単独編成の場合など消費が不要な場合,適宜項目を省略して結構です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■注記
アイテム,HQボーナスは、編成提出時に提出されたもののみ有効です。

部隊の分離予定がある場合は、編成も分離前と分離後で併記してください。編成表にない部隊分割を行うことはT13から不可能となりました。

編成掛け持ちについて、
冒険組合は藩国あるいは騎士団とかけもちできますが、藩国と騎士団のかけもちはできません。
PLACEの個人騎士団と生身PCでの藩国もしくは騎士団のかけもちは可能です。

分離を前提にしたごたまぜ編成を行った場合、分離後のARは分離前の一番低いものに合わせられます。

■関連ルール
#ルール本体(重要:1国1部隊、1騎士団1部隊です。)
t:編成のやり方 =各国、各組織は重編成か軽編成かを決めて、部隊に参加するPCや機体を選び、乗り込みを確定し、消費資産を計算、別途定める提出所に提出、編成チェック部門によるチェックを受けることで編成が完了する。ミスがあれば修正をすることで再提出できる。

t:編成の変更 =編成を変更することはそのターン中には出来ない。
t:イベント選択 =全ての編成部隊は、ゲーム、イベントに出るかを選択できる。
t:多重編成の禁止 =編成に組み込まれた機体やPC、猫士、犬士は、他の編成に組み込むことは出来ない。ただし、冒険組合と騎士団の組み合わせに限ってはこの限りではない。

#周辺ルール
t:ACEの編成 =ACEは機体に乗る場合を除き、一人で一部隊を構成し、特殊が無い限り他の部隊に組み込むことは出来ない。
t:ACEの消費 ACEは資産消費を必要としない。
t:ACEは軽編成にしか組み込むことが出来ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
編成ルール,編成書式の大きな変更のお知らせ テンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる