電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS EV123による情報、あるいは共和国の復興 あるいはGENZ伝説鋼

<<   作成日時 : 2008/07/24 17:19   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

EV123による情報、あるいは共和国の復興 あるいはGENZ伝説鋼

 人が変わる時がある。
それは他人にとってはどうでもいいときであり、或いは意味不明の時である。
本人ですらそれがその時だと判らない時がある。

普通であれば、まず見ることはない。そんな現象も、人類全能力限界テストゲームたるアイドレスと言うゲームでは、時折、見ることが出来る。

それは、アイドレス用語で言うところの、人がその魂を鎧うアイドレスを着替える時である。

/*/

  *藩王は藩王の持つ全ての権利と無限の義務を持つ。

藩王アイドレスの特殊に書かれたこの項目を見て開眼し、その通りだと思って心に誓い、実際に行動を起こしたバカがいる。

共和国最貧国、無名騎士藩国の王、GENZである。

七つの世界の歴史を刻む、”ヒストリー”でバカと書かれたからにはその瞳の奥は光なす青い大海が瞬いていたであろう。ヒストリーでは最大限の褒め言葉の一つであるその表現がでたその後には、獅子奮迅の活躍が始まるのである。
GENZは無限に私財を投げ打って、際限なく作業を開始し、民が思い描く善王たらんとした。

にゃんにゃん共和国の青い旗がEV123で再びはためくのは、FEGに続いて、この国からであった。


”ヒストリー”ではこう描かれている。

共和国存亡の時にあり、無名騎士藩国藩王GENZ、拝領せし藩王アイドレスに袖を通し、もって鋼の心を得て善政を敷き、百官百姓百代までこれを喜び、忠節に励んだと。
百官とは藩王に使える吏族と士族で百姓とは大族、すなわち民衆のことであるから、これは要するに、ことごとくがこれを歓迎したということである。

ささやかな証拠として、いまだかつてただ一度も、生活ゲーム2000ゲームでただ一度も、設定国民からこの国は悪く言われたことがない。もっとも国内では、もっとも王に近い冴月すら、リテイク出しすぎだと、苦言を呈していた。厳しいのは第7世界人だけでなく、財政と言う形で設定国民にも厳しかったが、最終的には、民はこれを許した。彼が国をもて叩き出した戦果が、黙らせた。周囲に認めさせたのである。

 もとより最貧国なのは、王のプレイングミスではない。その金剛、鋼より硬い徳を示す。
無名騎士藩国の民は古くからそう言って貧乏を誇った。確かにありとあらゆる戦場でGENZは姿を見せ、共和国の頭脳として古くは財務で、新しくは編成で、今も昔もI=D設計で活躍をしていた。ここに私財を投げ打ったことで、ついにはもっとも反骨の民も折れ、GENZ王を騎士の王として認めた。

この人物にはもとよりメカ以外に私心は薄かったが、ここにきて王に私心はないと、設定国民が理解することになった。多くの民が王のようになることを願い、赤子が生まれると赤子の枕元に鋼のボルトを置き、もって尚武の糧とした。

GENZ王は決して賢くもなく、どちらかといえば愚かであったが、無名世界観のあちこちに伝わる多くの物語は、賢しいにどれだけの価値があり、愚かがどれだけの輝きに満ちるかを教えている。

ここでもそうである。賢いことを偉そうに言う間には人の心の中に栄光はない。
鼻水と涙の中で壊れたI=Dのネジを噛み、鉄の味を覚えている人間だけが仰げるものがある。例えそれにしても栄光なんかありはしないかも知れないが、栄光などというものは必死に戦う者の影に同じ、後ろからついてくるものである。

 GENZの後ろには、長い影があった。

/*/

プロモーションというルールがある。
運命を定めるイグドラシルと、それを現世に似姿として表現するゲームデータに著しい差異がある時に、データが昇格(プロモーション)して正しい似姿になることを言う。

プロモーションにかかる費用は40マイルである。GENZがこれまで支払った額としては僅かなものであったが、GENZはこれすら自らのためには払ってはいなかった。

払ったのは、無名騎士藩の民である。うちの王はただの王ではないと信じる民はすこしづつ金を出し合い、そしてプロモーションが発生した。是空王が素子によってダガーマンにプロモーションをしたように、GENZは民に助けられて昇格している。

L:鋼の藩王GENZ = {
 t:名称 = 鋼の藩王GENZ(特別職業)
 t:要点 = 王服,王剣,玉座
 t:周辺環境 = 政庁城
 t:評価 = 体格4,筋力4,耐久力4,外見4,敏捷4,器用4,感覚4,知識4,幸運4
 t:特殊 = {
  *鋼の藩王GENZの職業カテゴリ = 派生職業アイドレスとして扱う。
  *鋼の藩王GENZの位置づけ = 特別職業アイドレスとして扱う。このアイドレスはGENZのみが身につけることが出来る。
  *鋼の藩王GENZはにゃんにゃん共和国藩王の持つ全ての権利と無限の義務を持つ。
  *鋼の藩王GENZは一ターンに割り当てられた参加税を利用してI=D一つを設計することが出来、これを共和国共通機として採用できる。
 }
 t:→次のアイドレス = 不屈の大義(マジックアイテム),再び小笠原へ(イベント),GENZの騎士(付与職業),巨大工廠(施設)


共和国で鋼といえばサターンでもなく、高原でもなく星鋼京でもない。鋼の藩王GENZのことである。

/*/

 GENZが精勤し、私財(マイル)を投げ打ちはじめたことはすぐに巷間の知るところにあった。レンジャー連邦で城華一郎が、鍋の国でつづみが、海法よけ藩国で黒崎が、akiharu国でボンクラーズが、あちこちでそんな者が現れ始めていた。人の愚かさで傾いた共和国は、人の善にて立ち直り、以前よりはるかに強く蘇ろうとしている。

/*/

 EV123、事前偵察作戦では共和国最大最強国家にして一人の女の栄光を体現するFEGが際限なく戦力を叩き込み始めていた。共和国の出兵範囲のあらゆるほとんどのところにおいて、FEGは出兵し、その名を輝かしめた。王は裏方だがその民は正面きってその栄光を享受している。

これに、FEGとはシーズン1の古代の彼方から仲が悪いとされるキノウツンが同国の最良戦力を提供し始め、、ナニワアームズ、無名騎士、ジェントルラット、レンジャー連邦、るしにゃん王国、ゴロネコ藩国、リワマヒ国などがこれに続き、未曾有の情報収集作戦は完璧な成功を収めつつあった。


 対して帝國はもとよりの難易の高さもあったが表立っては何も出来ず、申し訳程度に宰相府が出した今日子が一人活躍しただけにとどまった。宰相府は国民がいない、基本はアイドレス全体が崩壊するでもない限りは姿を見せないゲームバランス調整専門の国なので、この結果はかなり重いといえるだろう。

共和国は、帝國に一矢報い、宰相は時の運や勢いだけではその差は中々埋まらんなと、落胆した。

/*/

EV123”事前偵察”結果


オリオンアーム偵察 選択:外交に持ち込む条件 100点
情報:既に条件を満たしていて、いつでも外交を行うことが出来る。ペルセウスアームが既にオリオンアームに攻め込んでおり、早く講和したい模様。

譲れない条件 無条件降伏
守りたい条件 停戦、ペルセウスアームとの共同戦線、teraへの亡命
譲ってもいい条件 資源2000万t、資金1000億の賠償金、王以外の退陣、人質の差出
切り札として譲る条件 しるばーふぁんぐの命+新政権樹立、保護領化と武装放棄


絢爛近郊世界 選択:外交に持ち込む条件 100点
情報:敵(白オーマ)水中艦隊40000隻の撃滅で外交交渉開始。ただし、開戦を急げばハードルは低くなる。ターン13からなら10000隻(100部隊)になる。

譲れない条件 TLO解禁、オーマ存続
守りたい条件 停戦、かのものとの共同戦線、teraへの亡命、NWからのRBの輸出許可
譲ってもいい条件 技術提供
切り札として譲る条件 根源種族艦隊宙域へのリンクゲート


ひそやかに不死の化け物の巣になっていたFVB 選択:敵の弱点      30点
情報:敵の弱点は3つ。
1、核兵器
2、ノーライフキングの精霊手による撃滅
3、僧侶による調伏(蘇生判定 この時修正+10が入る)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
EV123による情報、あるいは共和国の復興 あるいはGENZ伝説鋼 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる