電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 星見司処よりの警告とお知らせ(ドラゴン事件)

<<   作成日時 : 2008/07/06 02:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

1:人類殲滅作戦

詩歌藩国には、ドラゴンという金属生命体が存在します。
このドラゴンたちは人間と共存していました。
しかし、ターン10の生活ゲーム(http://rilyuuguu.at.webry.info/200805/article_2.html)において、
ターン13から人類殲滅作戦を実行すると宣言しました。


殲滅対象の国に、TLO(テックレベルオーバー)関係の国が多かったことから、
TLOを危険視したドラゴンが関係国を滅ぼそうとしていると判断した、
akiharu国の藩王涼原秋春と、摂政444は、昔のことに詳しい知恵者に相談にいきました。
(ログ:http://hpcgi2.nifty.com/fakeradio/idwiki/wiki.cgi?p=ogasawara080525)


2:TLOとは

TLO(テックレベルオーバー)とは、古代の超技術のことです。
TLO製の兵器はどれも極めて強力なものであり、使い方次第では世界を揺るがします。
有名なものでは、古代超辛帝国によって建造された、超辛ロボ・バンバンジーがあります。

TLOの持つ力の例としては、
オーマの根源力死を無効化する士季号、
辛いものを食べることで圧倒的な力を発揮するバンバンジー、
学習行為を繰り返し、無限に成長するシープホーンなどがあります。

また、強力すぎる力はかのものに近いことから、
TLOは暴走し、なりそこなう危険も存在します。


3:制御できない力

ほとんどのTLOは、遺跡などに封印されていました。
なぜ封印されていたかというと、当時の人間が制御できず、もてあましたからです。

TLOは、強力な力を持つことから、悪用されないために、
また暴走を防ぐために、さまざまな制限をつけられてきました。
例えばバンバンジーは、超辛帝国の末裔が辛いものを食べることで初めて作動します。
しかし、バンバンジーと同じ力を持つ悪の組織として、黒い辛さ結社が存在します。
リミッターをつけても結局、TLOの悪用を防ぐことはできませんでした。
人間は技術を制御できず、封印するしかなかったのです。

しかし、すでにTLOは歴史の表舞台に出てきてしまいました。
今更遺跡に埋めもどすことはできません。
また、現代の最新技術もTLOに迫りつつあり、
ことはTLOを封印すればいいというものではなくなっています。
強大な技術をどう制御するか、どう付き合っていくか、という問題なのです。

結局のところ、技術の悪用を防ぐのはリミッターなどではなく、
人の心だと知恵者は言いました。
そして現在、人間は同族同士で争っています。
ドラゴンは、人類を強力な兵器を扱うだけの心を持っていないと判断し、
危険すぎる力を持った人類から世界を守るために、人類を滅ぼそうとしています。


4:和解への道

しかし、ドラゴンとの和解の道も残されています。
ドラゴンと同じ機械である、akiharu国滞在ACEの労働一号かれんちゃんは、
自分は機械だが人間を信じていると言いました。

そして、ドラゴンは13ターンに攻撃を開始すると告げました。
これは、言いかえれば13ターンまでは猶予を与えるということでもあります。
ドラゴンは人間にチャンスを与えているのです。

人間が急に成長することはできないかもしれません。
しかし、一歩ずつ進むことは可能なはずです。
人間が昨日よりも一歩すすむことをドラゴンに示すことは不可能ではないでしょう。

知恵者によれば、ドラゴンは気が長く、人類の進歩の可能性を見ることで、
人類殲滅作戦開始を延期することはありえるとのことです。

12ターン目は、内政のターンだと予想されています。
人類殲滅作戦開始も迫ったこのターンに、何をするかがドラゴンとの関係を決めるはずです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい
星見司処よりの警告とお知らせ(ドラゴン事件) 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる