電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 玄霧王妃行方不明事件(前編)

<<   作成日時 : 2008/06/14 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

玄霧弦耶 :こんばんはー。少し早いですが生活ゲームをしに着ましたー。

記事は
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=1972&reno=1886&oya=1886&mode=msgview
こちらになりますー

芝村 :記事どうぞ

玄霧弦耶 :その他、コガの最後にむけてページを作りました。こちらになります。

コガの最後
http://www35.atwiki.jp/kurogirihankoku/pages/275.html

ついでにPLACE玄霧もできました
http://www35.atwiki.jp/kurogirihankoku/pages/278.html

ついさっき「コガの最後」にイラスト追加されたという(苦笑

玄霧弦耶 :#あ、記事は最初に声掛けさせていただいたときに同時にだしておりました。

芝村 :イベントは?

玄霧弦耶 :強制イベントなのでコガの最後になるものと思っておりましたが。選べるのでしょうか?

芝村 :そのイベントは起きないね。要点を満たさない

玄霧弦耶 :あら?
玄霧弦耶 :で、では。火焔が誘拐されてるらしいので駆けつけたいと思います

芝村 :はい。2分待ってね


/*/


芝村 :ここは玄霧藩国だ

玄霧弦耶 :はい
玄霧弦耶 :周囲に異変が無いかチェックしておきます

芝村 :そういうのはないね。

玄霧弦耶 :Q:今此処で着用アイドレスを宣言するとゲーム中に着替えれなくなったりしますか?

芝村 :A:着用アイドレスは編成に従います

玄霧弦耶 :Q:通常編制分と個人騎士団見たくなっているバンバンジー騎士団にいるPLACE玄霧がいるのですが、その場合はどうなるのでしょうか?
玄霧弦耶 :#バンバンジー騎士団は物資不足でPLACE一人しか配置できなかったというオチがあります

芝村 :A:どちらか選択

玄霧弦耶 :Q:最初に選択したらずっとそのまま、となるのでしょうか
玄霧弦耶 :#ゲーム中は、ということです>ずっと〜

芝村 :A:ええ

玄霧弦耶 :では、治療が必要なことを考えて通常編制の「森国人+名医+山岳騎兵+マッドサイエンティスト」を選択します

芝村 :はい

玄霧弦耶 :すいません、話がそれました。周囲に異変はない、と

芝村 :ええ。

玄霧弦耶 :では、火焔を探しに行きたいのですが、聯合通信での情報以外に何も無いのでしょうか?

芝村 :ええ

玄霧弦耶 :では、ISSに出向いているウチの摂政に聞くなどして情報を集めることは出来ますか?

芝村 :ええ。
芝村 :ISSから情報提供を受ける、悪質ないたずら、自作自演の線が濃厚だということで、本気で調べてはいないらしい

玄霧弦耶 :ですよねー
玄霧弦耶 :400億を要求していますが、指定の取引場所などはありますか?

芝村 :きてない

玄霧弦耶 :ぬぅ
玄霧弦耶 :では、ISSの方で玄霧火焔を最後に見た目撃情報などを集められますか?
玄霧弦耶 :本気で調べてない=少しは調べた、ということだとおもいますので

芝村 :特殊任務について失踪しているね

玄霧弦耶 :うへー
玄霧弦耶 :特殊任務を受けた依頼人(といっていいのかわかりませんが)は誰か分かりますか?

芝村 :自分だよ。
芝村 :自分で言って自分でやりだしたらしい

玄霧弦耶 :なるほどー
玄霧弦耶 :#内心驚きまくりですが
玄霧弦耶 :と、いうことは、行き先もまったく持って不明でしょうか

芝村 :ええ

玄霧弦耶 :むーん・・・
玄霧弦耶 :では、そうですね
玄霧弦耶 :最初に告白した場所というか、試練突破した場所へ。あのイカナが連れ去って山の上での絶叫の場所へ移動して見ます
玄霧弦耶 :#と、ARはバッチリ消費していくんでしょうか・・・?

芝村 :ええ。あと4ARはある
芝村 :コガが倒れている。血だらけだ

玄霧弦耶 :急いで駆け寄ります
玄霧弦耶 :準備はバッチリしてるため即座に治療を!

芝村 :コガは死にそうだね血はだいぶ乾いている。
芝村 :随分前にやられたね

玄霧弦耶 :治療は不可能でしょうか?
玄霧弦耶 :いや、むしろ不可能じゃなく可能にしたい勢いですが

芝村 :できそうだね。難易は20

玄霧弦耶 :難易度20、ですか。
玄霧弦耶 :残りARは6、で良いんでしょうか?
玄霧弦耶 :AR10から長距離で4消費、で

芝村 :ええ

玄霧弦耶 :#裏で待機しているワサビームが「なんだったら呼べ!」といってくれてますが、今からのさんかは可能ですか?また、参加することでデメリットなどありますか?

芝村 :参加デメリットはない。
芝村 :食料マイル3つかう

玄霧弦耶 :可能なら、呼ぼうと思います。変に意地を張って殺すくらいならば
玄霧弦耶 :#この窓に呼んでよいでしょうか?

芝村 :ええ

ここで3マイルを消費して、猫野和錆が参加しました。


玄霧弦耶 :と、いうことで追加3マイル消費で藩国のホープを召喚・・・!

猫野和錆 :こんばんは。よろしくお願い致します。

玄霧弦耶 :(一応、f:とか考えてたんだけど。正確性を重視したかった・・・)

猫野和錆 :「待機しておいてよかった。治療。はじめましょうか」
猫野和錆 :和錆は、PLACE着用で申請してありますー

玄霧弦耶 :現在、自分が医療評価20(山岳による補正込み)でワサビーが27になります
玄霧弦耶 :「すまんな。休日に出張ってもらって。俺一人でやるつもりではあったが・・・」
玄霧弦耶 :「プライドより命のほうが大事だ。すまん」

猫野和錆 :「誰がやるかはたいしたことじゃないさ。はじめます」

芝村 :難易は20だよ

猫野和錆 :コガの治療をします。
猫野和錆 :評価は27です

玄霧弦耶 :二人合わせて評価27、ですかね
玄霧弦耶 :20+27だと

芝村 :なるほど。成功した。

猫野和錆 :「(コガ・・・また寿司、一緒に食おう。)」

芝村 :行為は3AR消費
芝村 :コガは一命をとりとめてる

猫野和錆 :周辺警戒します

玄霧弦耶 :「ダイジョブか、コガ!?」

猫野和錆 :和錆の残りARは7でしょか

芝村 :ええ

猫野和錆 :了解です。

玄霧弦耶 :(合計で28だったか。でもまぁ成功には変わりなし)
玄霧弦耶 :「念のために準備しておいてよかった・・・ホントに・・・」

猫野和錆 :「ああ。よかった・・・。」(周囲への警戒は怠らないようにします

芝村 :あやしいところはないが、戦闘の後はあるな。

玄霧弦耶 :というか、火焔がいないのが可笑しい。これは真面目に誘拐されてるやもしれん

芝村 :こりゃあ、ほんとかも

玄霧弦耶 :一応ISSに連絡だけ入れておきます
玄霧弦耶 :「コガ発見、戦闘の後あり」と

芝村 :はい

玄霧弦耶 :周囲を偵察してみます。難易度は幾つでしょうか

芝村 :英吏と健司をだせると言ってきてる

玄霧弦耶 :では、助力を受けます。偵察は一旦置いときます

芝村 :英吏と健司がやってきた。

玄霧弦耶 :かいつまんで状況を話します。礼を述べるのも忘れずに。

アポロの英吏:「ふむ。いささか不思議な気がするな」

猫野和錆 :「お疲れさまです。来てくださってありがとうございます」

玄霧弦耶 :「急なことで申し訳ない。協力に感謝します」

猫野和錆 :「英吏さんは、どんなところが不自然だと感じますか?」

英吏:「まさか本当だったとは・・・」

玄霧弦耶 :「確かに不思議なことは幾つもあります。俺にはコガが傷だらけで倒れていて火焔が傍に居ないことが一番不思議だ」

健司:「落ち込むなよ。デブ」

英吏:「さらわれたと思います。ああ見えてもまあ、美少女なんで」

猫野和錆 :「・・・正直、俺も本当だとは思ってませんでした・・・うかつでした・・・」

玄霧弦耶 :「いや、当事者でもある自分が冗談だと思っていた。悪いのは俺でしょう」
玄霧弦耶:と、英吏に言いつつ、さらわれたと聞いて表情に困ります

猫野和錆 :「今からでも追跡が可能なら、追いかけましょう。まだ時間はある。」

玄霧弦耶 :「あぁ、念のため最後に分かれたときのことを・・・」と、最後にあったときの様子だけ伝えておきます

芝村 :すでにグリンガムがくんくん匂って歩き出しています。

玄霧弦耶 :こういうとき凄く助かるなぁ・・・

猫野和錆 :では、それに追従します。銃は取り出しておきます。

玄霧弦耶 :俺も動物兵器というか航空動物兵器を・・・

芝村 :AR1で英吏と健司は登場
芝村 :AR15で追跡でAR3
芝村 :こちらは成功率90%

芝村 :1d100
芝村 のアドイン "mihaDice" :[mihaDice] 芝村 : 1d100 -> 64 = 64

芝村 :成功した。

玄霧弦耶 :ぬう、心臓に悪い

芝村 :移動で1ARで10ARで現地につけるね

猫野和錆 :でも、とっかかりはつかめた。

玄霧弦耶 :うむ

猫野和錆 :敵のAR次第ではありますが、悪くないARですね
猫野和錆 :玄霧さんを庇えるようにしておきます。

玄霧弦耶 :「コガがああもやられるんだ。生半可な相手ではなさそうだしな・・・」と呟きつつ、ワサビーに礼を
玄霧弦耶 :くそう、PLACEで治療できればこんなことには(涙
玄霧弦耶 :装甲だけは森国ではどうにもできないであります

芝村 :るしにゃん王国だ・・・・

猫野和錆 :ぐ・・・

玄霧弦耶 :るしにゃん・・・・

猫野和錆 :「英吏さん、ケンジさん、玄霧さん。危ない場合はログアウトしましょう」

玄霧弦耶 :周囲の様子はどうでしょうか

猫野和錆 :周辺警戒します。

芝村 :ここは森だね。すごいね、リワマヒの植物は
芝村 :騒ぎの面影も見えない

玄霧弦耶 :おお、例の

猫野和錆 :「・・・これがシコウさんの植物か・・・すごいなあ・・・これが、科学だ・・・」

玄霧弦耶 :「しかし、リワマヒの植物には毎度驚かせられる。森の中はテリトリーなのでありがたいことだが・・・・」とかいいつつ、周囲を探索します
玄霧弦耶 :「臭いの先はどうなってるんでしょうか?」と、グリンガム(ひいては源)に聞いてみつつ。

芝村 :グリンガムの足が止まった。

猫野和錆 :戦闘態勢にはいります。

玄霧弦耶 :同じく

時野健司:「……くそ」

芝村 :そこは、河だ。

玄霧弦耶 :なるほど、臭いが

猫野和錆 :あ・・・臭いが・・・
猫野和錆 :周辺が森・・・ということは目撃者は厳しいかな・・・

健司:「どうする?」

玄霧弦耶 :さて、火焔が(恐らく)近くにいて、見つからない場合はやることひとつでして
玄霧弦耶 :「今から大声を出します。申し訳ないが耳を塞いでいただきたい」

英吏:「川上にいくぞ。ここでは捜索しない」

玄霧弦耶 :「っと、そのほうがいいか・・・?」

健司:「川下でない理由は?」
健司:「死体なら下に流れるぜ」

玄霧弦耶 :#いやこう、火焔いなくて近くにいそうな場合パターンは大声で呼ぶというルーチンがですね(ぉ

猫野和錆 :「わからない。俺は訓練されてはいないから・・・指揮官の指示に従うよ」

英吏:「生きてたら見晴らしのいい下にはいかんだろう。うしろめたいからな。それに・・・死んでたらどうしようもない」

玄霧弦耶 :「とりあえず、娘の婿候補殿を信じましょう。確かに死んでちゃ終わりだ」

猫野和錆 :「いきましょう。川上に。」

芝村 :貴方がたは川上に移動した。
芝村 :1AR
芝村 :今9だ

玄霧弦耶 :はい

猫野和錆 :なりそこないがきたらログアウトしか対処のしようがないな・・・

英吏:「そろそろだな。調べて、痕跡をさがそう」

玄霧弦耶 :「了解。時間が惜しいが調査は丁寧に・・・」
玄霧弦耶 :探索の難易度は幾つになるでしょうか

芝村 :80%

芝村 :1d100
芝村 のアドイン "mihaDice" :[mihaDice] 芝村 : 1d100 -> 89 = 89

芝村 :中間判定だ。

玄霧弦耶 :ぬぉぅ

芝村 :かすかな後をみつけたが、どうする?

玄霧弦耶 :ソレを信じます

猫野和錆 :探索は誰のARを消費して行われたんですか?

芝村 :健司と英吏。
芝村 :今AR6

猫野和錆 :なるほど。

健司:「罠の可能性はある」

玄霧弦耶 :「可能性は高いでしょうね」

猫野和錆 :英吏さんと健司さん二人で評価は・・・22でしょうか。探索の

芝村 :27だね

猫野和錆 :じゃあ、俺が調べてもどうしようもないですね

玄霧弦耶 :「でも、この状況で悠長にやるよりは行くしかないかと。どうでしょうか」

猫野和錆 :「時間はないか・・・。判断は、彼女を一番大事にしてる玄霧さんに任せるよ」

芝村 :健司はうなずいた。

健司:「いこうぜ。英吏」

英吏:「仕方ない」

玄霧弦耶 :「即決即断。素晴らしい言葉です」と何故か感慨深そうに

猫野和錆 :「そうですね。仕方ない・・・!!」

芝村 :・・・・

玄霧弦耶 :「つき合わせてしまって申し訳ない」
玄霧弦耶 :「この礼は、いずれ必ず」

芝村 :密林を抜けるとそこは、村が一つあった。

/*/

英吏:「村が見えるな」

玄霧弦耶:「ですね。るしにゃんにこんなところがあったか・・・?」

源:「ゲリラぽいな」

英吏:「ああ」

猫野和錆:「地図にはありますか?」

玄霧弦耶:ぬぉぉ、設定上地図を所持してそうにないのに気づいた

源:「ないな。どうする?」

玄霧弦耶:「ゲリラか・・・友好的に行くことができるかどうか」
玄霧弦耶:「さて、どうしたものか。交渉が出来れば一番なのですが」

英吏:「難しいな」
英吏:「ISSがくれば当然、敵と思われる。相手が犯罪者なら」

玄霧弦耶:村の様子はどうでしょう、ピリピリしてるとかありますか?

芝村:警戒はしてるねえ

玄霧弦耶:「なるほど・・・つまりISSでなければ一先ず会話はできそうだと」

猫野和錆:「我々だけでいっても、もう遅い、かな(頭をかいて」

玄霧弦耶:「あー、まぁ、既に察知されてる可能性は確かに」ワサビーに同調して

英吏:「藩王もまずいだろう」

猫野和錆:「俺単独でいけば対話はできそうですか?」

玄霧弦耶:「まあ、犯罪者の下に他国とはいえ藩王ってのも確かに余計な刺激ですな」
玄霧弦耶:「いや、犯罪者かどうかはこの際置いといて」
玄霧弦耶:決め付けはよくないよね、うん

猫野和錆:「まあ、正規軍じゃないからゲリラだわな。とはいえ」

源:「話し合いは厳しいな」

猫野和錆:「英吏さん。俺が単独でいって、お話を聞いてくるというのは、貴方から見れば有りですか」

英吏:「ありだが、さすがに立場上いえん」

玄霧弦耶:「ふむ。行ってくれるか?多分と言うかどう考えても危険だが」
玄霧弦耶:「と、命令できりゃ楽なんだが。どうよワサビー」

猫野和錆:「じゃあ、いきますかね・・・正直怖いんで、危なくなったら助けてくださいね(あはは」

芝村:英吏はうなずいた。

玄霧弦耶:「了解」

芝村:狙撃銃を用意してる。

玄霧弦耶:狙撃銃は何丁ありますか?

芝村:1丁だ

猫野和錆:「あと、おれ自身の素性と目的は、素直に話してしまって問題ないですか?」

芝村:英吏はうなずいた

猫野和錆:「OK,ではいってきます。」

玄霧弦耶:「一応、俺も武装はあるが・・・期待するな。当たる気がしない」
玄霧弦耶:(そもそも山岳騎兵なので遠距離とかできないのであった

芝村:和錆は一人村に入り始めた。
芝村:野良仕事してた子供がにげた

玄霧弦耶:#うおー。すまんワサビー

猫野和錆:「俺目つき悪いからなあ・・・」
猫野和錆:「すいません。こんにちはー」と言ってその場で待ちます

芝村:銃を持った人々が出てきた。
芝村:弓もいるね。武装は雑多だ。

猫野和錆:手をあげておきます

芝村:るしにゃんの言葉で何か言ってる。

猫野和錆:現地の方の言葉ですか。理解しようとしてみますが。
猫野和錆:とりあえずボディーランゲージで敵意がないことをお伝えします

芝村:喋れるかは(外見+知識)/2 で3だ

玄霧弦耶:#医療道具を見せることが出来ればいいんだが、ヘタに何か取り出すと余計警戒されそうだ。とか思いました

猫野和錆:PLACE着用なので全能力21です
猫野和錆:しゃべれますね、よかった。

芝村:普通に喋れるね。なんていう?

玄霧弦耶:PLACEの恐ろしさが怖い

猫野和錆:突然お邪魔して申し訳ない旨と、こちらに敵意、攻撃の意志がないことをまず伝えます

芝村:ゲリラ:「森国人か?」

猫野和錆:「いえ。玄霧藩所属ですけど、俺は流れ者なので。西国人です」
猫野和錆:「医者の猫野和錆といいます。」

芝村:ゲリラの態度が硬化した
芝村:西国人はかなり嫌われているようだ。

猫野和錆:あらら

玄霧弦耶:ぬぅぅ

猫野和錆:「玄霧藩の森が好きなので、住まわせてもらってるんですよ」

玄霧弦耶:#ワサビー、あとりえめっせーじに何か出してない?

芝村:ゲリラ:「……そのいい身分の方がなぜこんなところに?」

猫野和錆:「るしにゃんさんにネコリスの森も少し置かせていただいています」

芝村:ゲリラ:「恵んでくださるってか?」

猫野和錆:「いいえ。人に物を恵んだりは俺はしません。一緒に復興するお手伝いはさせていただきますが」
猫野和錆:「今日は、人を探しにきました」

芝村:ゲリラが何か言い返そうとすると、老人がとめた。

老人:「では、手伝ってくれんかね」

猫野和錆:「ええ。どんなことでしょうか」

老人:「医者なんだろう?」

猫野和錆:「はい。治療が必要な方がいらっしゃいますか?」

老人は小屋に案内した。
芝村:そこには数名の娘や子供がいる。

猫野和錆:「・・・みさせていただきますね」鞄から医療道具をだして、白衣に着替えて。で、診察します

芝村:医療難易度は8だ。簡単な病気ばかりだが、医療品がないばかりに悪化してる。

猫野和錆:一先ずは治療します
猫野和錆:医療評価は27です。

芝村:成功した。

老人:「ありがとう……」

猫野和錆:「・・・お薬が、足りてませんね?」

老人:「ああ。政府はなにもしてくれん」

猫野和錆:「・・・少し、考えさせてください」
猫野和錆:今はお話しているのはご老人だけでしょうか

芝村:ええ。

猫野和錆:「・・・うちの医院から、薬を送らせていただけないでしょうか。」
猫野和錆:「無理なら、俺に通わせていただけませんか」

老人:「駄目だ」

猫野和錆:「・・・今俺が治療をすることができても、一時しのぎです。せめて、今持っている医薬品だけでも使っていただけませんか」

老人:「わかった。感謝する」
老人:「人探しと?」

猫野和錆:「・・・はい。14歳くらいの、赤毛の女の子を探しています。名前は火焔さんといいます」

老人:「14とな・・・いや、そんな年齢の子は無事ではいられない。生きてはおるまい」

猫野和錆:「足跡をたどったらこちらにたどり着いたんです。どんな小さなことでもかまいません。何かごぞじんじありませんか?」写真なども見せてみます。しゃしんがなければ似顔絵で。

芝村:写真を見て老人は凍ったが何も言わなかった。

玄霧弦耶:#び、びんごー!?

老人:「14にしては大きいな。17、18だろう」

猫野和錆:「・・・とても強い子なんです」(少しだけ彼女のことを思い出して微笑んで
猫野和錆:「彼女のことをとても心配している人も、今必死で彼女を探しています。何かご存知ないでしょうか」

老人:「知らんな・・・わかいのに送らせる。帰ってくれ。感謝はしている」

玄霧弦耶:Q:もしかして変装とかしたら俺も村に入れますか

芝村:A:ええ

玄霧弦耶:#どうやらいてもたってもいられない様子
玄霧弦耶:Q:其れに必要な難易度などはありますか
玄霧弦耶:#ワサビー、身分証明は適当にお願い!同業者だとかで!

芝村:A:幸運15

玄霧弦耶:PLACEさえ切れれば可能ですが(バタリ
玄霧弦耶:Q:前回の続きなので着用アイドレスは固定になってますか?

猫野和錆:えーと、どうしよう・・・・

玄霧弦耶:#すまぬワサビー。ちょっといてもたってもいられないの!

猫野和錆:「・・・わかりました。では、もし何かわかりましたら、こちらに連絡していただけますか。お薬が足りなくなったときも。」

芝村:老人は何も言わずに貴方をおいだした。
芝村: A:固定だよ

猫野和錆:「お願いします。彼女のことを命よりも大事にしている人がいます。」おいだされつつ

芝村:和錆、貴方は女達から呼び止められた。

猫野和錆:はい

玄霧弦耶:じゃあ、−1なので失敗します・・・>変装

猫野和錆:伺います

芝村:さっき助けた娘の母親みたいだ。

母親:「こっちに」

猫野和錆:信じてついていきます。

芝村:女達がたくさんいる部屋に入れられた

猫野和錆:#む、女性が沢山いるとそれだけでなんか緊張する・・・

老婆:「火焔をさがしてるのかい?」

猫野和錆:「・・!はい!」
猫野和錆:「・・・何かご存知なのですか?」(正座して

老婆:「うちで捕らえている。生き延びるために」

猫野和錆:「・・・!」
猫野和錆:「何から、生き延びるためでしょう」

老婆:「金がなければね。生きていけないのさ。でもあんたは恩人だ」

猫野和錆:「いえ、治療できて、よかったです。」
猫野和錆:「もしまた困ったら、教えてください。医者はそれだけが仕事です」
猫野和錆:Q:要するに生き延びるためていうのは、火焔さんはマジ誘拐で400億もマジだったということでよろしいでしょうか

老婆:「……夜中に逃がす。つれておにげ」

芝村: A:ええ

玄霧弦耶:#じゃあ受け取りさきかけやーーーー!!
玄霧弦耶:#いや、よういできませんけど!!

猫野和錆:「・・・それでいいのですか?」(心配そうに
猫野和錆:「いえ、でも。つれては帰ります」

老婆:「政府は信用できないが、あんたは信用できそうだ」

猫野和錆:「でも、何か他の手を考えましょう・・・。」
猫野和錆:「ありがとうございます。信じてくれてうれしい。」

老婆:「私の孫だ」

猫野和錆:火焔さんは、つれて帰ります

芝村:夜中にこっそり連れて帰らないといけないが・・・


/*/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
玄霧王妃行方不明事件(前編) 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる