電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲーム言語i 2008年4月15日版

<<   作成日時 : 2008/04/15 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

# #という記号は、この行が日本語かかれていることを示しています。

# i言語はゲームである電網適応アイドレスを記述し、芝村や一部のアイドレスプレイヤーと対話するためのゲーム言語です。日本語とかなりの互換性がありますが、完全ではありません。

#日本語とかなりの互換性がある関係もあり、基本的には予備知識なしで読めます。その上で読んでいて分らないところがあれば大抵の場合、その部分は用語、あるいは概念としてt:からはじまる言葉で定義されています。判らない言葉につきあたった場合はその時点で一旦は検索してみることをお勧めします。うまく言葉が見つからない場合はその部分はまだ貴方が適応していないことを意味しますので、芝村やi言語使いに話かけると、すぐにt:やf:を書いてくれて、貴方が読めるように(これを電網適応といいます)してくれるでしょう。

#i言語とは、芝村や一部のアイドレスプレイヤーと対話するためのゲームであり、また言語です。対話が完成したら、IWG(和合)といってこれをもってゲーム終了となります。和合とは互いを理解した、仲良くなったことを言います。

#何故、日本語で話さないか。アイドレスプレイ中の芝村はほぼコンピューターのように動作しており、また日本語のあいまいさや情緒がゲームの邪魔になることは良くあります。真剣勝負だったり危機が迫っている時はなおさらです。
# i言語は真剣勝負の際や危機が迫っている時には良い解決法を提供します。i言語を使えば芝村やゲームシステムと高速かつ確実にやりとりが出来ます。

# i言語は電網適応アイドレスのゲームやデータを記述していますし、プレイヤーがこれを書くことも出来ます。ゲームシステム的に今のところできないことややりたいことはi言語を使って実現するといいでしょう。
# ゲームシステムに関する質疑などはi言語でゲームシステムに組み込むと、その後に同様の誤解がなくなります。

# なお、i言語は思考・対話支援ツールを兼ねているので適切に使うことで段取り力や対話能力がUPします。日本語が通じにくい人に対してはi言語の使用をお勧めします。(もちろんその筆頭はゲーム処理中の芝村です)

#2008年3月13日 芝村裕吏(アイドレスではシロ宰相)


ICG =我は芝村系ゲームを定義する。
芝村>通った。

#重要なこと:このICGでは芝村系ゲームとは何かを定義しています。え。そんなの知ってる?じゃあ読み飛ばして次にいきましょう。分かるなら読み飛ばすというのがi言語の基本的な進め方です。

芝村系ゲーム{
t:ゲーム =プレイヤーが存在し、勝敗が存在し、その上で勝敗、損得を越えた何かのために戦う儀式のこと。
t:プレイヤー =全ての定義とルールを遵守し、与えられ、求められた役割を演じ、ゲームを遊ぶものを言う。全てのプレイヤーはゲームにおける宣言と発言を許可される。
t:芝村 =プレイヤーの一つでユニバース定義、ライブラリを定義し、通った、もしくは通っていないを決定するプレイヤーのこと。
t:芝村系 =芝村が存在するゲームのこと。
t:役割 =権能+義務+リソース
t:権能 =ある事柄について能力を行使する権利のこと。
t:義務 =プレイヤーがプレイヤーとして、あるいは定義された役割上、ルールがプレイヤーに課す拘束。あることをせよとする作為義務と、してはならないとする不作為義務がある。
t:能力 =物事を成し遂げることのできる力。ある事柄に関して当事者として要求される資格。
t:リソース =プレイヤーが利用できる出来るもの。

t:ICG =我はゲームに挑戦すると言う宣言のこと。右辺に挑戦内容を記述する。
t:f:PLAYER =ICGに賛同し、ゲームに参加する場合に使うf:で、右辺には己の名前を記述する。
t:IWG =ゲームの勝利と終了を宣言するプレイヤーの発言のこと。右辺に勝利の言葉を記述する。
t:ILG =ゲームの敗北と終了を宣言するプレイヤーの発言のこと。右辺に敗北の言葉を記述する。


まとめ:芝村系ゲーム =プレイヤーが存在し、勝敗が存在し、その上で勝敗、損得を越えた何かのために戦う儀式のことで、ICG宣言が通ってからIWG宣言もしくはILG宣言が通るまでの範囲のこと

IWG =これでゲームの定義が出来たぞっと
芝村>通った。


ICG =我はゲーム言語の基礎理論を記述する。
芝村>通った。

#重要なこと。ここではi言語がなぜ成立するかを記述しています。とても短いですが、大事な理論です。が、別に普通にやってる限りは見る必要はありません。次にいきましょう。

ゲーム言語の基礎理論{
t:ゲーム言語 =交換則と記述法則により、全てのゲームはその定義において等価記号=を用いて記述することが出来る。これを実行したものがゲーム言語である。

t:等価記号を使った定義 = 全ての用語はその定義において等価記号=を用いて記述することが出来る。左辺に用語を、右辺にその語の意味・説明を書く。
t:交換則 = A=Bの時、B=Aである。
t:交換則2 = A=BでかつB=Cの時、A=Cである。
t:置換 =用語を、等価のそれと置換すること。等価である限りは常に置換が成立する。
t:記述法則 = 等価記号を使った定義が成立する時、これらは全て不明な部分に対して置換を繰り返すことで読もうとするものが理解できるよう記述できる。
l:ゲーム =ここでいうゲームとは用語の一つである


まとめ:ゲーム言語 =全てのゲームはその定義において等価記号=を用いて記述と置換することが出来る。これを実行したものがゲーム言語である。

IWG =これで全部のゲームを書くぞっと
芝村>通った。

#2007年12月13日建造
#メモ 厳密に言うと等価記号=を用いて記述することが出来る。だけで、それだけでゲームが遊べるわけではない。ただ、ネットイベントでのゲームと言う実用範囲内で言えば等価記号=を用いて記述することが出来るはそのままルールブック他として存在し、プレイヤーさえいれば事を遊ぶことが出来る。
#2008年2月14日追記 意味さえ分かれば置換しないでも読むことが出来、これによって短時間に理解できる。
#ありがちな間違い。 数値代入する場合、単に=XXと書くだけでは交換則が成立しない。代入を行うことt:XX(対象)のyy(変数名)= XX(対象)のyy(変数名)はz(数値)である。 と、記述することで代入が出来る。
#ありがちな間違い。 交換則が成立しない場合、f:は通らない
#ゲーム言語iはゲームの開発効率をはるかにひきあげる言語である。



ICG =我はゲーム言語iの規約を定める。
芝村>通った。

#重要なこと 通常はこの規約だけ分かっていれば、十分です。この部分を辞書として使ってください。そうすれば、ほぼ全部のiで書かれた文書を読むことが出来るようになります。分からない部分があれば、この部分から検索をかければ、ほぼひっかかります。

L:ゲーム言語の基礎理論,芝村系ゲーム
ゲーム言語iの規約={

t:ゲーム言語i =プレイヤーに対する役割を記述するためのゲーム言語の一つを言う。このファイルに書かれた事の定理を満たしているものはゲーム言語iで記述されているものとする。

t:i言語の概要 ={
i言語はアイドレス2を記述するための言語で、人と人の対話と理解がアイドレスというゲームそののであるという原理にそって、人と人が対話してQ&Aみたいな進行をしていくことでルールやデータを生み出していく言語である。

大雑把な概念の理解から対話を繰り返して掘り下げて、人と人が理解した時を、i言語では和合(IWG)と言ってそのゲームの完成としている。和合の集合がアイドレスである。

完成したIWGは、一個の独立したルール、事実としてアイドレスに作用する。


t:i言語のメリットと基礎的な記述法 ={
#○iの記述法

 大から小にむけて用語説明で記述していく
 →大枠を定義しておいて、詳細を追記する形でいい
 →取りあえず、大雑把に書いてから、まとめなおして最適化したほうが、はやい。

#○iの記述法を使用するメリット
 ・対話形式でアプローチさえ明確に出ているなら、1時間くらいでルールなどの記述ができる
 ・全体を大まかに作って必要なところを必要なだけ最適化すれば無駄が無い
 (人間が読むところなら人間が納得するところまで
  機械処理するなら機械処理が必要な部分だけを機械が理解できるところまで)
 ・わからないところがあれば、わかる人が追記していけば、対話型で記述できる
  →5、6人での集団開発がiはできる
  →これを利用してアイテムとかアイドレスも作れる
 ・何人かの人が定義を出し合えば、お互いにかけている部分に気付いたりもできる
 ・iが書けない人から要望を聞いてアイテムを作ってあげるとこともできる
 ・素人は素人で意味わからんということで、全体貢献できる
  →わからない=ならそこを追記・置換しよう、となる


t:= =”=”の左右が等価(交換則、記述法則が成立する)ものであることを示す記号。
t:定義 =ある概念の内容やある言葉の意味を他の概念や言葉と区別できるように明確に限定すること。”=”で表現される。
t:置換 =用語を、等価のそれと置換すること。等価である限りは常に置換が成立する。
t:等価=数えると同じ。転じて、結果は同じ。
t:”” =分りづらい場合につける区別のためのくくり。
t:独立原則 =他の行に影響するような指定がない限り、各行は他の行の支配下を離れ、別個の主体として成立する。
t:行 =改行コードから改行コードまでの間にある文字列と、そこから読み取れる文、式のこと。空行の場合、特に意味はないものとする。

t:f: =文頭に入る制御文字の一つで、函数を言う。
t:制御文字=プレイヤーに対して、特別な動作をさせるために使う文字のこと。
t:函数 =ユニバース定義下において等価であると仮定されたもののこと。
t:ユニバース定義 =ゲーム内での価値観のことでローカル定義に属する。特に指定のない場合、無名世界観の因果、および物理法則とそれに矛盾しない限りの常識および現代科学となる。

#以下ユニバース定義が分からない人のための定義
t:一般的ユニバース定義 =無名世界観と現実社会で通用する物理法則と常識。
#ここまで

t:U: =文頭に入る制御文字の一つで、ユニバース定義を言う。
t:価値観 =いかなる事,いかなる物にいかなる価値をおくかという評価的判断。
t:通った =ユニバース定義下において等価であると認定すること
t:通らない =ユニバース定義下において等価でないと認定すること
t:十分条件を満たしていない =ユニバース定義下において等価であるとプレイヤーの保有している情報では証明できない事

t:芝村 =プレイヤーの一つでユニバース定義、ライブラリを定義し、通った、もしくは通っていないを決定するプレイヤーのこと。
t:t: =文頭に入る制御文字の一つで、定理を言う。
t:定理 =証明された函数をいう。定理はユニバース定義が同じである限りにおいて、再利用した時に必ず通ったが出る。定理は特に定めがない限り、通ったものとして扱う。(返事を待つ必要はない)
t:バグ =定理が成立しない現象。当該のtは一度破棄され、t:定理が守られるように修正される。
t:/*/ =読みやすいようにつける区別のためのくくり。
t:# =文頭に入る制御文字の一つで、この行に書かれていることはゲームには影響を与えない。コメント記述に使用する。
t:L =文頭に入る制御文字の一つで、ライブラリ、つまりそのゲームで使用できるt、もしくはl!の集合を宣言する。
t:ライブラリの作成 =ライブラリを作成するICGを行い、これに作成者がIWGすることで行うことが出来る。
t:l: =文頭に入る制御文字の一つで、そのゲーム内でのみ使うローカル函数を言う。ローカル函数はf:と異なり通っても定理にならない。通ったl:はl!:で示される。
t:l!: =文頭に入る制御文字の一つで、通ったローカル函数を言う。
t:まとめ =f:の一種でゲームおよびゲーム言語iで記述された内容を平易な自然文で要約して書いたもの。通ればこれを結果として公表できる。
t:任意文字列{} =制御文字の一つで、括弧内({から}まで、複数行にわたってもよい)の中にあるものは{の前に入る任意文字列のことについて定めたものとする。

t:沈黙の型 = U:で特に書いていないでも、無名世界観の因果および物理法則、ゲーム言語の基礎理論、芝村系ゲームの定義、ゲーム言語iの規約はUに含まれるものとする。
t:代入 = 変数の値として数や式を与えること。
t:変数 = 不定の数・対象を表す文字記号、もしくは文字列のこと。通常、定数に対する言葉であると解され、値が変化するものであるとみなされる。
t:← = 代入を示す記号で識別上、=の代わりに使用する。←の左にあるものを変数、右にあるものを代入するものとする。
t:追記 = 後から付け足すこと。
t:追記: = 追記を示す文字列で、そこに書かれた文章の内容を、それ以前の定義に加えるものとする。
t:側面 = さまざまな性質・特質のうちの、ある一つ。XXという側面があると書かれている場合、それは全体を示すわけではないことを示し、同時に追記していることを示す。
t:Q: = 芝村に対する質問のこと。=や、右辺は書かないでよく、芝村はこのQ:に対して理由がある場合をのぞいて返答しなければならない。
t:A: = 芝村に対する質問への答えのこと。=や、右辺は書かないでよい。A:でしめされたものはローカル函数として扱い、定理にする場合はこれらをもとに新たにf:を定義しなければならない。
t:(n) = f:やt:に識別名や識別番号を与えるための制御文字列。f:の後に記述し、nには数字、文字を入れる。 (n)そのものには識別以外での意味、効果はない。
t:, =制御文字の一つで複数の事項を列挙する場合に使用する。,で区切られた項目はそのまま側面として扱う。
t:参照:<> =制御文字列の一つで、他のt:l:を行内に入れる際に使用する。参照:<t:XXXX>という風に記述する。
t:?: =制御文字列の一つで、右辺を書かずに他のプレイヤーに答えてくれることを期待すること。この文には通った、通らないが返されない。
t: (TAB)=制御文字列の一つで、左辺行頭に使われる場合は函数のレベルを表す時に使う。右辺の場合は列挙と同じように扱う。
t:函数のレベル =その函数・定理が最初の函数・定理からどれだけ離れているかを示すことば。1から数え始める。
t:フェイズ =処理や段階を明示的に示すために区切るもの。通常#で表現される。
t:アプローチ =そのICGを達成するための攻略の方向性を示すもの。通常、最初の方で記される。


IWG =これで全部のゲームを書くぞっと
芝村>通った。

#2007年12月11日建造
#2008年2月15日修正と追記
#2008年3月6日修正と追記



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ゲーム言語i 2008年4月15日版 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる