電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS (日本語版)アイドレス・システム2 βテスト用編成ルール・運営ルール

<<   作成日時 : 2008/04/01 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(日本語版)アイドレス・システム2 βテスト用編成ルール・運営ルール
編集:メビウス 黒霧

#注意点:まだシーズインしてないので、ルールの調整などはまだ終わっておりません。後日修正の可能性があります
#ついでに日本語版は正確ではないので実際の質疑はi言語版を見てください。

【アイドレスについて】
アイドレスは芝村系ゲームの一つで、生活ゲームとイベント、芝村との雑談からなるゲームです。
ルールとして、下記の項目に分かれております。

1.藩国・国家の運営
2.フィクションノート
3.部隊
4.編成ルール
5.物理域ルール
6.ハイクオリティーボーナス
7.オブジェクト


【1.藩国・国家の運営】
アイドレスを遊ぶ上で、プレイヤーが組織として動く場合のもっとも大きな単位を藩国と呼びます。
藩国という組織単位を満たすためには次の用件を満たす必要があります。
・フィクションノートの保有
・<オブジェクト>の格納
・チャット
・BBS
・地図
・設定

これらを維持し、設定などを最新の状態に維持することが義務付けられます。

≪国が出来ること≫
・藩王、もしくは摂政、執政は国内資産を他国に譲渡したり、藩国・藩国民のために消費したりすることが出来ます。
このとき、マイル・および資産が0より下(マイナス値)を示した場合、救済措置が行わなければ、滅亡、あるいは死亡としてゲームから除外されることになります。
消費は正しく記録され、公表されていなければなりません。
全ての消費記録は吏族チェックにかけられ、間違っている場合は罰則の対象になりますのでご注意ください。

・藩国として、ナンバリングイベント(EVから始まるナンバー、もしくはEXが振られているイベント)への参加表明を行うことが出来ます。
・編成ルールに従って、軍を編成できます。

≪国の義務≫
<藩国の用件>を維持しなければいけません
アイドレスの特殊、イベント結果、罰則を藩国に適用しなければいけません。


【2.フィクションノート】
フィクションノートとはアイドレスを遊ぶプレイヤーのことを指します。
簡単に言うと、アイドレスを遊ぶにあたって、国民登録をした人のことです。
国民登録に必要な要件は
・国民番号の保有
・データ<オブジェクト>の藩国への格納
であり、この用件を最新の状態に維持することを求められます。

<フィクションノートが出来ること>
・藩国内作業をしてマイルを得ること
・藩国内イベントへの参加
・ナンバリングイベントへの参加
・公共事業、民間事業(持ち込み)での作業をおこない、マイルを得ること
・冒険ゲーム、生活ゲーム等のゲームへの参加
・情報収集のための活動
・アイドレスの購入
・アイドレスの着用と着替


【3.部隊】
部隊とは、戦闘時のプレイヤーやACEたちが行動する組織単位の事を指します。
部隊の行動は所属している一人の指揮官が決定することとなり、まとまって行動(集団行動)することが可能となります。

≪部隊が出来ること≫
部隊はその構成員が行使可能な行動を行うことが出来ます。
このとき、部隊に所属する構成員の75%以上が可能な行動を行使することが出来ます。
逆に構成員の75%未満しか行動できない行為は行使することは出来ません。
※例:10人の部隊で、白兵行動が可能な人員が7人しかいなかった場合、その部隊は白兵が出来ない。

≪部隊の分離・合体≫
作戦中、部隊の構成を変更したいというときのルールです。

・合体
AR0距離に存在する複数の部隊を1つの部隊として運用させるための行為です。
合体行為は原則として判定を必要とせず自動成功します。この際、ARを3消費します。
また、合体した部隊のARは合体を行った部隊のうち、最もARが低い部隊のものにあわせられます。
ACEとの合体はACEが望む場合を除き原則行うことはできませんのでご注意ください。。
合体後の部隊の指揮官は、部隊内から任意で決定できます。

・分離
2体以上のアイドレスからなる1つの部隊を2つ以上の部隊に分離する行為です。
分離行為は原則として判定を必要とせず自動成功します。この際、ARを3消費します。
分離された部隊同士の距離はAR0として扱います。
分離後の部隊の指揮官は、部隊内から任意で決定できます。

≪ARの回復≫
PC、NPCは医療行為、乗り物は整備行為でARを回復することができます。
行為判定に成功した場合、対象とした部隊のARが+3されます。中間判定、失敗ではARの回復はしません。

・ARの回復に関する制限
ARを回復できる特殊は0AR距離以内の部隊にのみ使用できます。
ARを回復する特殊は使用者の所属する部隊に使用することはできません。
また複数の部隊に対して同時にARを回復する特殊を使用することはできません。


【4.編成ルール】
編成とは、部隊を作ることを意味します。
編成フェイズというものがターン頭にあり、この期間に、部隊編成と、申告された部隊編成のチェックが行われます。
なお、ここで作られた編成を解体することはターン中にはできません。

編成は以下のように行います。
まず、各国・各組織は重編成か軽編成かを決めて、部隊に参加するPCや機体を選び、消費資産を計算します。また、編成を記述する際には以下の情報が必要になります。
・部隊名,国民番号,国民名,根源力,着用アイドレス,搭乗I=D,装備アイテム,アイテム効果,HQボーナス,勲章効果,消費特殊,各種評価値
それが終わったら、別途定める提出所に提出、編成チェック部門によるチェックを受けます。ミスがあれば修正して再提出することになります。これで編成は完了です。

◆用語補足
・重編成:出撃に使う費用に加えて、全ての資産消費しうる特殊の消費の3倍を事前消費して作られた部隊。そのターン中の何度もイベント・ゲームに出ることが出来る。
・軽編成:出撃に使う費用に加えて、全ての資産消費しうる特殊の消費の1倍を事前消費して作られた部隊。そのターン中の1回のイベント・ゲームに出ることが出来る。

≪その他のルール≫
・ACEは機体に乗る場合を除き、一人で一部隊を構成し、特殊が無い限り他の部隊に組み込むことはできません。また、ACEは資産消費を必要としません。
・輸送ルール
船舶、輸送列車等は記された航路数しか運用できません。
離れた地(宇宙、レムーリア等)では、運ばれてきた資産、人員、機体しか使用できません。


【5.物理域ルール】
≪物理域とは≫
物理域というのは、世界の技術レベルを示す言葉です。
数字で表されますが、大まかに高い、低いとも言われる事が多いです。
このため、物理域、低物理域とも大別されます。

・物理域
技術レベルが高い世界の事を指します。大まかに言えば、機械が使える世界という意味です。
この世界では生身でも機械でも活動することが可能です。しかし、科学的に説明できない物事は、この世界に存在することができません。また、神族は活動できないことがあります。
機械が動くと言うことは、RB、宇宙艦、戦艦、I=D、航空機、艦船、ウォードレス、戦車、人型戦車を使うことができる、ということです。

・低物理域
技術レベルが低い世界のことを指します。しかしその一方で、魔法を使うことができます。
この世界では、上であげたRBなどのような機械は動きません。けれど、魔法や神話に近い物は活動することができます。これはつまり、ファンタジー系のアイドレスが能力を発揮できたり、魔法使い、魔導兵器、人騎兵などが動くという事です。
補足ですが、人騎兵が動けるのは、人騎兵が動力を人力もしくは自然力でまかなう乗り物と魔法によって動いているからです。

・例外
生身の人間はどの物理域でも動けます。

≪世界観≫
芝村系ゲームと呼ばれるゲーム群で確認された世界がそれぞれどの物理域に属しているのかを以下に示します。
・古レムーリア:低物理域。神々の存在する剣と魔法の世界で、機械は動かない。 
・EGB:低物理域
・ガンパレード世界:低物理域の粋と高物理域の粋以外は動きます。
・式神世界:神々と機械が同居する世界。
ほとんど全てのものが動きますが、片方の力が強くなると、もう片方の力に属するものは存在できなくなります。
・絢爛世界:高物理域。機械が動きます。
・NW:全てのものが稼動します。

≪物理域による制限≫
・ある物理域から、別の物理域に移動した時、移動した対象物と「似た存在」が移動先にいた場合、その似た存在に姿を変換されます。
・職業アイドレスによってはどの物理域でも動くことが出来ます。ただし、物理域によっては生存するために準備をしなればなりません。
たとえば、医者はどこの物理域でも動けます。ただし、宇宙で活動しようと思ったら、生身では生存できないので、それに応じた準備が必要になる、ということです。
・非現実的な能力を所有する生物は、高物理域、もしくは低物理域でしか活動できません。
・名前や見た目を置き換える事が可能で、同じ性質をもつもので、どこの世界にもあるものならば、どこの世界でも活動できます。

≪例外事項≫
本来使えない技術も、使える世界とのWTGが開いていれば使えることがあるります。
また、物理域の重なり合った世界なら、その世界の技術を使用し、動くことができます。
どこの世界でも活動できるという特殊を持つ場合、他の職業アイドレスによる物理域制限を受けません。
たとえばTLO(全ての世界で動く技術。かのものと同じ)のものは、それがどのようなものでも、全世界で稼動することができます。
また、シオネの守り手の着用者は他の職業アイドレスの稼動制限を無視することができます。


【6.ハイクオリティーボーナス】
ハイクオリティーボーナスとは、クオリティの高いアイドレスの絵、並びに文章に対するボーナスの事です。
これにはハイクオリティー(High Quality以下HQ)とスーパーハイクオリティー(Super High Quality 以下SHQ)の二種類があり、これらの認定を受けることで、そのアイドレスには次に示すような効果を与えることができます。

≪アイドレスごとの効果>
◆職業アイドレス・ACEアイドレスの場合
・HQの時:獲得した職業アイドレス、ACEアイドレスの評価値の一つを+1することができる。
・SHQの時:獲得した職業アイドレス、ACEアイドレスの評価値の一つを+2する事ができる。

◆施設アイドレス・イベントアイドレスの場合
・HQの時:獲得した施設アイドレス、イベントアイドレスは、効果にある任意の数字一つに対してボーナスを与える事ができる。
 例:%なら25%、資産増加なら+5、評価なら+3
・SHQの時:獲得した施設アイドレス、イベントアイドレスに、効果にある任意の数字一つに対して大幅なボーナスを与え事ができる。
 例:%なら40%、資産増加なら+10、評価なら+5

≪派生アイドレスのHQ・SHQの継承≫
すでにHQあるいはSHQを取得したアイドレスから派生したアイドレスは、派生元のHQ、SHQの効果を引き継ぐことができます。ただし、引き継ぎができるのは3世代目までです。


【7.オブジェクト】
オブジェクトとはゲーム内の個々のデータを指します。
具体的には下記のデータを指します。
・名前
・要点
・周辺環境
・評価
・効果
・次のアイドレス
・その保有とありかを示す配置データ(誰に帰属するデータなのか)※例:○○藩国所有、など

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(日本語版)アイドレス・システム2 βテスト用編成ルール・運営ルール 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる