電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS まきの誕生日:10時間目忌闇装介の奮戦 ゲート開放率68%

<<   作成日時 : 2007/12/24 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SV@忌闇装介 :こんにちは。16時からの小笠原ゲームに参りました。

今よろしいでしょうか?

芝村 :16時?

今14時だけど

SV@忌闇装介 :違う14時でした

ぐるぐるしすぎてますw

芝村 :Ok.

記事どうぞ

SV@忌闇装介 :3時間ほど前から待機してましたw

はい

【予約者の名前】0200032:忌闇装介:akiharu国

【実施予定日時】12/24/14:00〜15:00

【ゲームの種別】小笠原ゲーム

【イベントの種別:消費マイル】

 ・小笠原ミニイベントチャリティー枠:30

【召喚ACE】

 ・菅原乃恵留:非滞在:0

【合計消費マイル】30マイル

【参加者:負担するマイル】

 ・0200032:忌闇装介:akiharu国:入学済:30



http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=773&reno=728&oya=726&mode=msgview

こちらになります

芝村 :はい。

イベントは?

SV@忌闇装介 :あと、今日の服装とPC設定を

http://hccweb6.bai.ne.jp/~hgb86401/Xmas.htm

ええと、ちょっと変化球なのですが

教会にクリスマスミサを見に行きたいなと

できませんでしょうか?

芝村 :出来ますが、クリスチャンかなにか?

SV@忌闇装介 :いえ、一度見に行った時に

芝村 :結構退屈だよ(笑)

SV@忌闇装介 :みんなで歌うのがすごかったので

100人単位の合唱だったんですw

芝村 :ええ。賛美歌ね。いや。そういうのが好きなら別に(笑)

のえるはどの状態にしますか?

SV@忌闇装介 :菅原さんは嫌いですかね?(おろおろ

どの状態とは?

ええと、サーラさんに治療を受けたとか、風の噂に聞いたりしましたが

芝村 :死ぬ前とか。トラオ治療後とか

SV@忌闇装介 :治療後、ですかね。(チキンでスイマセン

芝村 :今の状態だとトラオに殴られた後だね。

SV@忌闇装介 :はい。

芝村 :はい。では2分待ってくださいな

SV@忌闇装介 :はい。

ううう。これはきつい。

小笠原挑戦者の人たちは本当にすごいな。。。

芝村 : /*/

クリスマスソングも、この周辺には流れてないね

SV@忌闇装介 :菅原さんは居ますでしょうか?

芝村 :今は夕暮れ、ミサへ向かう人々が列を作ってる

SV@忌闇装介 :「うう。南国人にはきつい寒さだ……」

芝村 :旅行社が手を回してる・・・あ。姿見えた。ベール被ってる

SV@忌闇装介 :「こんばんわ。菅原さん。メリークリスマス」

ベール。。。

芝村 :ものすごく菅原はえー。というしぐさをしている。

SV@忌闇装介 :「今日は招待に応じてくださりありがとうございます」

えーw

のえる:「……日没してないからメリークリスマスじゃないでしょ?」

SV@忌闇装介 :「いえ。あなたに会えた時がわたしのクリスマスです」

「というのは駄目ですかね?w」

のえる:「信仰心、足りないんじゃないの」

白い目で見られた

SV@忌闇装介 :「ははは。ですが、神を信じる人々の心は好きなんですよ」

「だから、クリスマスミサを選んだ次第で」

テレ笑いします

のえる:「だったら、覚えておいてね。そう言う人、適当に言われるのも。教義を茶化されるのも、大大大大大嫌いだって」

SV@忌闇装介 :「すいません。肝に銘じます」

「けして軽い気持ちじゃないんですが、ちょっと今日は浮ついています」

芝村 :菅原はため息をついた。

菅原:「まあいいわ。ついてきて、変なおしゃべりはなしだよ?」

SV@忌闇装介 :「はい。一度来たことはあるんです」

「行きましょう」

芝村 :菅原はうなずいた。偉い地味な格好だ。聖書持ってる。

SV@忌闇装介 :本格的ですね。。。自分の格好が……つりあわない。。。



相手が、シェイクをサポートしていないバージョンの Messenger を使用しているため、シェイクを送信できませんでした。



SV@忌闇装介 :黙って列に並び、菅原さんの表情を伺います

芝村 :ははは。

菅原は名前からして熱心なところの人なんだよ

彼女は歌うほうに廻ってる

SV@忌闇装介 :そうですね。

じゃあ、私は参列者ですか。

いや、ついていくんですね

行きます。行きます。

芝村 :貴方は一般参列者の中に入った。

蝋燭で照らされた200人くらいの中に、のえるがいる。

ぼんやりてらされて、やばい、美人だと思った。

SV@忌闇装介 :「(小声で)うつくしい……」

菅原さんしか見えませんw

芝村 :説法も耳には入らないようだね(笑)

SV@忌闇装介 :なにをすればいいんだろうw

芝村 :人数が多いのと建物の音響効果のせいで、ひどく荘厳に見える。

SV@忌闇装介 :歌詞カードとかがあれば参列者参加の合唱ができるんでしょうけど

菅原さんが聖女に見える……ああ、後光が。

芝村 :そういうのは渡されないね。

/*/

SV@忌闇装介 :一応、「荒野の果てに」は歌えるんですが、それ以外は憶えてませんw

ええと、どうしよう。。。

芝村 :ミサ自体は2時間もなかったが、中々にして大変だった。

SV@忌闇装介 :はい。

芝村 :式が終わった。

SV@忌闇装介 :とりあえず、周りの人たちにあわせます。

芝村 :みんな、ぞろぞろ帰ってる

帰る?

SV@忌闇装介 :「菅原さんは……楽屋かな?(あるかな)」

探しに行きます。

芝村 :つまみ出された。

SV@忌闇装介 :「うはー。駄目だ待つとしよう」

芝村 :さらに1時間ほど待った後で、のえるが出てきたよ。

ベール被ったままだ。

SV@忌闇装介 :雪をかぶりつつ

のえる:「あら、まだいたんだ」

SV@忌闇装介 :「お疲れさまでした。いや、素晴らしかったです」

「挨拶無しに帰るのもなんだと思いまして」

「ご迷惑でしたか?」

芝村 :のえるは少し笑った。

のえる:「ううん? 今からどうせ、遊びに行こうとおもうし。カラオケでもいく?」

SV@忌闇装介 :「いいですね。歌いたい気分ですw」

芝村 :のえるはしずしずと歩いた

SV@忌闇装介 :「着替えるなら待ちますが、このまま行きますか?」

のえる:「一緒についてきて」

SV@忌闇装介 :隣について歩きます。

「わかりました。どこへなりと」

とりあえず肩とか頭の雪は払います。

芝村 :のえるは教会が見えなくなると、背筋を伸ばした。

SV@忌闇装介 :「そう言えば、賛美歌は素晴らしかったです。練習とかなさるんですか?」

芝村 :ベールを外した。歩き方が変わった。

SV@忌闇装介 :お。

芝村 :ああ、みんなの知ってる菅原のえるだ。

元気良く歩いた。

SV@忌闇装介 :「(こっちがやっぱり好きだな)」

慌てて歩調をあわせます。

のえる:「なにが?」

SV@忌闇装介 :「歌です。お好きなんですか?」

のえる:「ぜーんぜん。だいたい、私じっとしてらんないし」

SV@忌闇装介 :「はははwそれは俺もそうです。カラオケで歌うのは俺も好きですが」

のえる:「振り付けも出来るしねー」

SV@忌闇装介 :今日はカラオケ混んでるかなあ……

芝村 :のえるは携帯で友達数名に電話かけはじめた。

SV@忌闇装介 :誰が来るんだろう。。渡辺さんとかかな

のえる:「あ、ありさ?わたしー。場所取れてる? うん」

のえる:「友達と一緒なの、一人増えてもいいよね?」

のえるは貴方を見てウインクした

SV@忌闇装介 :すいません。と頭をさげます

のえる:「女の子ばっかりだけどいいよね」

SV@忌闇装介 :「ええ。光栄です。逆にお邪魔にならなければ」

のえる:「大丈夫」

のえる:「あ、でも私が踊ってる時に脚あたったらごめんね。この間ひとり蹴っ飛ばしちゃった」

てへ。

SV@忌闇装介 :「では、微力ながら盛り上げさせてもらいます」

芝村 :と笑った。罪なさそうな顔だ。

SV@忌闇装介 :「ははは。俺は頑丈に出来てますから大丈夫ですよ」

のえる:「よーし。たしかめよー」

のえるは走り出した。

SV@忌闇装介 :「全力疾走!負けませんよ!!!」

陸上部だったんですよなあw健康になってよかった……

芝村 :貴方はころんだ。

さらにすべった。

SV@忌闇装介 :「あだ!あーーーーー」

芝村 :のえるを追い越した。

SV@忌闇装介 :ずるずるずるずるずる……

のえる:「いや、確かにまけてないけど。そこまでやらなくてもいいじゃない」

SV@忌闇装介 :「いてて……南国育ちなもんで雪道に慣れてないんですよw」

肘とかさすりながら照れて笑います

のえる:「あ、そうだったんだ。マジかとおもっちゃった。えー。立てる?」

SV@忌闇装介 :「大丈夫ですよ、これくらいwうちの国の密林で怪我には慣れっこですからw」

ぶんぶん体操して見せます。

芝村 :すべった。

SV@忌闇装介 :「がふっ!!」

芝村 :遠ざかっていった。

ぷー。

SV@忌闇装介 :ずるずるずる……

芝村 :あ、車が

3

2

SV@忌闇装介 :避けます!!

「うっは危ない!!」

芝村 :のえるはげらげら笑ってる

SV@忌闇装介 :「あ、あはははははは」

つられて笑いますw

「すいません。気をつけて歩きます。。。」

「いつも調子に乗って自滅するんですよなあ。自分の悪い癖です」

のえる:「面白い人だね」

のえる:「ちょっとした芸人みたいだよー」

SV@忌闇装介 :「よく言われます」(ほほ笑みつつ

「真面目にやろうとは思うんですが、どうにも、地が芸人気質といいますか……」

「思いついたらやっちゃえ!的な精神構造でして」

のえる:「ふうん。まあ恋人としてはともかく」

のえる:「友達ならそんなひとがいいよね!」

のえるは貴方の背中を叩いた

SV@忌闇装介 :「そう言ってもらえると、嬉しいです」(すごく嬉しいです

「ちなみに、恋人にするなら、どんなタイプが好みですか?」

さりげなく。すごくさりげなく。

のえる:「そりゃもう・・・」

のえるは少し考えた。

SV@忌闇装介 :「そりゃもう?」

芝村 :のえるは照れてばしばし貴方を叩いた。

のえる;「やーねーもう!」

SV@忌闇装介 :「あっはっはっはw」

「でも俺は菅原さんみたいなタイプは好きですよ」

目を見つめてさりげなく

のえる:「なんか、アンタにいわれると、ぷちへこみしそうだけど、ありがと」

SV@忌闇装介 :「いえいえ。真実は誰が言っても変わりませんよ」

ちょっとおどけて

返します

「あなたは素敵な女性だ」

のえる:「・・・・」

のえる:「冗談なんかで、いってほしくないの」

のえるは少し寂しそうに笑った。

のえるは直ぐ元気になった。

のえる:「いこっ!」

SV@忌闇装介 :「すいません。また悪い癖だ」

「行きましょう!友だちさんも待ってますしね」

/*/

SV@忌闇装介 :だふぁーーーーーー

芝村 :はい。お疲れ様でした。

SV@忌闇装介 :お疲れさまでしたーーーーー

とりあえず今日の目標「菅原さんに背中を叩いてもらう」を達成しましたが(どんなけチキンだ

気分を害してしまったのでしたら、申し訳ないです

女性と話すのは難しいいいいいい

芝村 :ははは。

菅原厳しいからね

SV@忌闇装介 :理想が高いのでしょうね。精進せねば

あんまり好印象ってわけじゃないのが伝わってきましたw

照れ隠しにおどける癖はなんとか抑えたいと思いました。

芝村 :理想は低いんだけどね。

単に真面目な人であればいいとか思ってるけど

SV@忌闇装介 :真面目……がんばります。

根っからの不真面目なので、かなり高い理想ですがw

ちなみに、評価はどうでしたでしょうか?

芝村 :+1+1

ゲート解放率4%

SV@忌闇装介 :おお、マイナスじゃない!!まて

ありがとうございます!!

芝村 :では解散しましょう。ではー

SV@忌闇装介 :お疲れさまですー。ではー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
まきの誕生日:10時間目忌闇装介の奮戦 ゲート開放率68% 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる