電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS まきの誕生日:2時間目葉崎京夜の奮戦 ゲート開放率11%

<<   作成日時 : 2007/12/23 15:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

葉崎京夜@詩歌 :こんにちは。ゲーム中に失礼します。

お世話になっております。詩歌藩国の葉崎京夜です。

小笠原チャリティーゲームに参りました。

芝村 :はい。記事どうぞ

葉崎京夜@詩歌 :http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=766&reno=726&oya=726&mode=msgview



【予約者の名前】0400090:飛翔:海法よけ藩国

【実施予定日時】12/23 1400〜1500

【ゲームの種別】小笠原ゲーム

【イベントの種別:消費マイル】

 ・ミニイベント(1時間)×1(チャリティゲーム):30

【召喚ACE】

 ・S.TAGAMI:非藩国滞在:0



【合計消費マイル】計30マイル



【参加者:負担するマイル】

・1800352:葉崎京夜:詩歌藩国:入学済:8

・詩歌藩国マイル:22

こちらになります。

芝村 :はい。

イベントは?

葉崎京夜@詩歌 :クリスマス限定のイベントがあるとお聞きしましたので、それを遊んでみたいと思います。

芝村 :はい。相手にクリスマスがわかるかどうかさておき

では2分待ってね

葉崎京夜@詩歌 :はい。よろしくお願いします。

芝村 :/*/

クリスマスソングが流れています。

イルミネーションも派手だねえ

葉崎京夜@詩歌 :「すっかり、こんな季節になってしまいましたねぇ。」(きょろきょろと辺りを見回します)

芝村 :tagamiは帽子をかぶって、黒衣のコートをつけている

葉崎京夜@詩歌 :「こんにちは。TAGAMI。」(にこりと微笑みます)

tagami:「こんにちは」

初めて声を聞いた気がする。

葉崎京夜@詩歌 :「!」(目を見開いて、びっくり)

tagami:<今日は、なにようかしら>

葉崎京夜@詩歌 :「今日は来てくれてありがとう。」(何かもうプレゼントをもらった気分に)

「えぇ、お祭りがあるので一緒にまわって見たいと思って、貴女に来てもらいました。」

tagami:<はい>

tagamiは貴方がうごくのをまっている

葉崎京夜@詩歌 :周囲に何がありますか?

イベントやお店など

芝村 :周囲はたくさんのショーウインドーだね。

クリスマスアイテムが並んでる。少し歩けば、イルミネーションが見える

葉崎京夜@詩歌 :「イルミネーションが綺麗だと聞いているので、それを見に行きましょう。」

tagami:<……はい>

tagamiは貴方についてきたよ。

公園はすべてイルミネーションで飾られている。

葉崎京夜@詩歌 :「あぁ、そうだ。手を…繋いでもいいですか?」(照れて顔が赤い)

芝村 :星の海のようだ。

tagamiは少しだけ笑った後、手を出した。

葉崎京夜@詩歌 :「ありがとう。」(嬉しそうに優しく手を握ります)

「凄い光です。…まるで星の海に帰ってきたようだ。」

tagami:<死にはみえないけれど、そうね>

葉崎京夜@詩歌 :「星の海に帰ると言うのは、死と同義になるのですか?」

tagami:<宇宙で生きている生き物はそうないわ>

葉崎京夜@詩歌 :「あぁ、確かにそうですね。あの環境で生きていくのはなかなか難しいです。」

tagami:<ええ。寒いか熱すぎるかしかないし>

tagamiは少し笑った。

葉崎京夜@詩歌 :「ステーションや船の中なら、大丈夫ですが。それは宇宙に生きてることになるのかなぁ。」

(笑顔を見て幸せそうに微笑む)

tagami:<宇宙というより船に住んでいるのね>

葉崎京夜@詩歌 :「ですね。」

「でも、星の海には素敵なところがありますよ。寒いか暑すぎますが。」

tagami:<美少女による銀河帝国ならそう言うでしょうけど>

葉崎京夜@詩歌 :「とても綺麗だ。」(微笑みながら)

「あぁ、エステルさんや、ソーニャさんの出身ですね。」

tagami:<たいていのひとにとって、故郷とは星のこと。それも、地球のことよ>

葉崎京夜@詩歌 :「そうですね。多くの人が心に描く故郷は田園だったかな。」

「都市部に生まれ住んでいる人でも、田園風景が心の故郷なんだそうです。」

芝村 :tagamiは微笑んだ。

葉崎京夜@詩歌 :「宇宙は…そうですね。どちらかというと、憧れになるのかな」

(イルミネーションに照らされるTAGAMIの微笑みに見惚れる)

tagami:<ええ。未知の世界には、あこがれる>

葉崎京夜@詩歌 :「私も、そうですね。行った事のない場所。聞いたことのない話には憧れます。」

「いつか、行って自分の目で見てみたいですね。」

tagami:<ええ。だから、このイルミネーションと星は違う……同じ光で、同じ美しいでも、やはり違う>

葉崎京夜@詩歌 :「そうか、そうですね。」

「星の光とイルミネーションの光は違うか。」

tagami:<でも嬉しく思います>

葉崎京夜@詩歌 :「そう言って貰えると、来てもらったかいがありますね。」(微笑む)

芝村 :tagamiは手を見た。

tagami:<こうするのはひさしぶりみたい>

葉崎京夜@詩歌 :「?」(一緒に見ます)

「そうなのですか…でも、手を繋ぐと言うのはいい事ですよ。」

「何より心が温かくなる。」

tagami:<なるほど。では、今日が終わるまではずっと>

葉崎京夜@詩歌 :「はい。ずっと…。」

(PLがショートしかけてます(笑)

芝村 :tagamiはちょっとだけ笑った。

葉崎京夜@詩歌 :(こちらも嬉しそうに微笑み返します)

「こうしているとなんだか夢のようですよ。」

tagami:<今のは笑いたいところだけど、笑い方を忘れてしまった>

葉崎京夜@詩歌 :「そのうち思い出しますよ。」

「忘れているだけだから、貴女が望めば必ず思い出せます。」

「楽しいこと、幸せなことがあれば、きっとだ。」

tagami:<今は楽しくなくて?>

葉崎京夜@詩歌 :「楽しいですよ。だから、貴女は少し笑顔を取り戻しているじゃないですか。」

芝村 :tagamiは少し微笑んだ。

葉崎京夜@詩歌 :「そう。そんな感じでね。」(一緒に微笑みます)

「貴女の笑顔は、その、素敵だ。」(赤面した)

tagami:<ありがとう>

葉崎京夜@詩歌 :「その笑顔が見れただけで、私はこれからも生きていくことが出来ます。」

tagami:<別れみたいなことをいうのね>

葉崎京夜@詩歌 :「まさか!」

tagami:<ならば>

tagami:<言い方をかえないと>

葉崎京夜@詩歌 :「これからも、ずっと見ていますよ。……貴女が迷惑じゃなければですが。」

「そうですね。すいません。」

芝村 :tagamiはくすくす笑った。

葉崎京夜@詩歌 :(盛大に耳まで赤くなった)

tagami:<新年も近いか>

葉崎京夜@詩歌 :「そうですね。後2週間程で新しい年です。」

tagami:<良い年を>

葉崎京夜@詩歌 :「出来るなら、貴女と一緒に年を越したいです。」

tagami:<出来るといいわね>

葉崎京夜@詩歌 :「やりますよ。いままでも望みは叶えて来た。」

「何とか方法を見つけます。」

芝村 :tagamiは嬉しそうに微笑むと、うなずいた。

葉崎京夜@詩歌 :「がんばりますよ。」(こちらも微笑み返します)

「そうだ。今日のお祭りは、大切な人にプレゼントを渡す風習があるのですよ。」



「プレゼントには普段の感謝や、愛情を込めて贈るんです。」



「私から、貴女にこれを。」



「以前お話した虹の話です。」



http://arkword.at.webry.info/200712/article_4.html



一冊の絵本を手渡します。

tagami:<ありがとう>

葉崎京夜@詩歌 :「古い話です。私が第一で祖母にもらったお話なんですよ。」

tagami:<……ありがとう>

葉崎京夜@詩歌 :「私もあなたにありがとうを。」

芝村 :tagamiは貴方に微笑みました。

/*/

はい。お疲れ様でした。

葉崎京夜@詩歌 :お疲れ様でした。

ありがとうございました!

最初から話題が用意できなくてどうしようかと思いました(笑)

芝村 :ゲート解放率+3% 評価は+1+1でした

葉崎京夜@詩歌 :ありがとうございます。

ゲームの内容によってゲートの開放率が決まるのですか?

芝村 :ええ

葉崎京夜@詩歌 :後、質問なのですが、TAGAMIと新年を迎えるには小笠原ゲームの補修枠などで可能でしょうか?

芝村 :出来ないと思うよ(笑)

葉崎京夜@詩歌 :駄目ですかorz

芝村 :貴方にはもはや補修はひつようあるまい(笑)

葉崎京夜@詩歌 :はい!

芝村さんとTAGAMIと心強い友人のお陰です!

ありがとうございました!

芝村 :はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
まきの誕生日:2時間目葉崎京夜の奮戦 ゲート開放率11% 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる