BallS ボーナス 頂天のレムリーア外伝(1)

徳島兄弟の朝は早い。
二人ほぼ同時に目を覚ます。
仲が良いのであった。二人、争って着替えた。

パジャマから褌への華麗なる変身である。

兄はこれに、カフスとネクタイをつける。
弟はエプロンをつける。

むろんこと、二人は変態ではない。完璧なる筋肉をまとう兄弟には、もはや服など不要なだけである。

平屋三間の日本家屋を飛び出し、太陽が出る前の空を見上げて組み手をする。
二人の偉丈夫が立ち会うにしては、妙に静かなのが、かえって凄みを感じさせた。

そして、夜明けの最初の光が来るかこないかの時。

元気良く奈穂が前を通る時に兄弟はイヤーと叫びながらポージングする。
そうして奈穂が微笑んで手を振ると、兄弟は並んで微笑み、奈穂の散歩を見送って、そして膝をついて奈穂の幸せを願った。今は光輝の中にいるあの人に、そして剣を抱き、騎士の誓いを立てた。

この世のどこにあろうとも、騎士の中の騎士として戦おうと。

「いい娘だな。兄者」
エプロンをつけた弟は言った。
そして立派な顎髭を蓄えた兄はうなずいた。
「ああ。あの娘のような子には幸せになってもらわんとな」

二人は奈穂の知られざる守護者である。
この兄弟が早く起きるのは、奈穂の散歩において、ただ笑顔を向けて笑わせるというただそれだけのためにあった。

一体世界でどれだけの人物が、本人の知らないうちに守護をしているのだろう。
きっと沢山いるに違いない。この兄弟を見ればそう思えるだろう。名も知らぬ道を歩く少女のためにさえも、日々の努力をする漢達はいるのである。

二人は微笑むと、兄は仕事に行き、弟は家に残って家事を始めた。

/*/

 兄である徳島正(とくしま セイ)は褌にカフスとネクタイを装備し、白い色のアタッシュケースを持って通勤する。

電車に乗ると、大勢の人が驚愕の表情を浮かべるが、余りにもその姿が堂々としているので、誰も何も言えずに目をそらずばかりであった。

むろんこと、兄は変態ではない。繰り返すが完璧なる筋肉をまとうこの兄には、もはや服など不要なだけである。

「課長おはようございます」
女子社員たちの挨拶に少し微笑んで、セイは堂々たる面持ちで、エレベータに入り、驚愕の表情を浮かべる社長より堂々と、職場に入った。

セイは、女子社員が恥ずかしそうに噂するのを無視して缶コーヒーを片手にビルの外を見ながら物思いにふけった。無論のこと、彼もサラリーマンである。どんな時でも仕事のことは忘れない。携帯電話はバイブレートモードにして褌の尻の部分にきりりと挿してあった。

セイは奈穂を思った。
 彼女は、悩みがあるのかも知れないと考える。

/*/

 頂天のレムリーア外伝

/*/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい