竜胆戦記(2)

 その昔になりますと、私は下っ引きでございました。
下っ引きというのはそうですね。今でいう警察の手伝い、のようなものでございます。
 江戸には岡っ引きというのが居てさらにその下に手下がいてまたその下に下っ引きがおりましたが、熊本にはそんなものはついになく、与力様や同心様の下に、普段はそれぞれの町仕事をする下っ引きがついておりました。私も普段は魚屋でございました。

 ですからまあ、警察というよりはその手伝いというのが正確なわけです。

 岡っ引きがいなかったのは江戸と比べて貧しくて給金が払えなかったせいもあるかもしれませんが、大きな理由としてはお武家様の数が多かったせいだと思います。

 犯罪に手を染めるけしからん輩にも武士は多くございました。これらを捜査するのは町人では色々難しいこともありました。
なにより熊本では腰の大小は飾りではありません。何しろ武術は奨励されておりましたし、道場は数が多くて安価でありました。市中だけで道場は1000はございました。

悪いことをするのも剣なら、それを止めるのも剣でなのは、道理でございましょう。天晴れな方も多うございました。

どこの同心も暇そうな縁者や親類、中でも若いお武家様を使っておられました。つまりはこれが熊本の岡っ引きの代わり、剣にて剣の過ちをただす者でございました。

お武家が町人を守るのです。いったいこの世にあるもので建前ほど美しいものはございません。坊っちゃん、私が見ていたのは建前を守る人々でございました。

私がお仕えしたぼっちゃんのおじいさまであられる青空様も、そんな方でございました。

ああ、今でも思い出します。
寒空の日、鰻屋の前の出来事を。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい