これまでのストーリーライン(全体展開)2007年6月13日現在

これまでのストーリーライン(全体展開)
*この記事は、初心者用の全体把握記事です。

大まかなにはこんな感じ:2007年6月13日現在

 わんわん帝國とにゃんにゃん共和国が地球を含む我々の宇宙(ネット)に攻め込んできました。プレイヤーはわんわん帝國、もしくはにゃんにゃん共和国の人として、ゲームに参加しています。

 アイドレスとは人を拡張してネットに対応する第4世代型パワードスーツのことです。このアイドレスを着用することでプレイヤー(人)は単なる閲覧者からネット上で行われるゲームに参加することが出来るようになります。この”ゲーム”を、電網適応アイドレスと呼びます。

 アイドレスに参加して、国作りゲームのテストが行われていましたが、ここで他世界からの侵攻が起きて来ました。敵を、色で表現します。白オーマです。

わんわん帝國とにゃんにゃん共和国はえらい時間(5ターン4ヶ月)をかけてこの白オーマ(の小偵察部隊)をどうにか撃破したものの、どうやらこの(文字通り)色々なオーマはあっちこっちで侵攻しては沢山の場所で悪さ(侵略戦争)をしている模様。わんわん帝國とにゃんにゃん共和国はレギュラーゲーム(つまり相手と戦争してとっちめる)を一時凍結してこの悪さしているオーマと戦うことにします。

とりあえず、小笠原と言うところでは勝ちました。 ここに挟まれた恋物語は今もなお、再会、というタイトルで続いています。

広島では黄オーマがいましたが、これは青の厚志という人物と、偵察の天才あらため立派な戦争指揮官サターンによって救われました。現在広島戦の総仕上げとしての復興作業中です。

宇宙では赤オーマがいましたが、これとの戦争はこじれにこじれ(外交にもならず)、さらに共和国も帝國も宇宙戦争をそもそも考えてなかった関係で、今、その宇宙戦争準備を行っている感じです。(今、帝國の秘書官団が敵情報を得ようと、慰安旅行を潰して偵察作戦を進行させ、)

残る敵は赤、緑、黒、橙、そして隠しラスボスがいるかもしれません。
残るターンは8、9の2ターン。今全部撃破出来るかどうか、共和国と帝國を構成する藩国の藩王たち、参謀団の苦悩が続いています。