戦闘概報 ターン5における歩兵の復活

歩兵の復活
 戦争の天才から派生するACEの中に海法が入っているのではないかと思わせるほどの、それは目の覚める活躍であった。

 歩兵。アイドレスが始まってから常に不遇だった兵科である。

この歩兵を、海法は使いこなし始めた。歩兵の持つ柔軟性(どんな判定がきてもそこそこ対応できる)と展開面積に着目して戦い始めたのである。
海法自身、その場で柔軟に兵力を運用する名指揮官であったから、これは、大当たりだった。相性が良かった。

 結果としては火力発揮以外の全局面で歩兵が活躍しはじめた。相手がAR10より上の時だけ注意すれば別段打たれ弱いわけではないことも分かった。I=DがAR高いからといって突出させるという旧来の戦術が良くなかったことが、逆説的に証明された。
I=Dの高いARの使い方は、きっと別にあるのだろう。
そしてどうしようもないくらい火力面では劣ることも、分かった。火力発揮はI=D意外にないということが、また証明された。

残る戦いは
広島作戦
小笠原作戦
反撃作戦

燃え上がるターン5の戦いは、今まさに絶頂を迎えようとしている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0