テンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏マーケットボーナス:アルトピャーノ藩国で岩崎は

<<   作成日時 : 2007/01/12 03:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

/*/

アルトピャーノ藩国で岩崎は

/*/

 岩崎という男は、もうずっと前に死んでしまっていた。
おそらくは竹内が戦死して、その日、泣きながら山口の家に泊まった日に。その結果を、味わった時に。

とじ目を開き、永遠に迎えるはずのなかった春風を感じて、岩崎は鈴木ファンタジアが、心の剣を取りなさいと言っていたことを思い出した。

 心の剣が何を意味するか、彼にはついに分からなかった。
あるいは上田くんのようにおかしくなれば、意味は分かったのだろうか。

でもそれも、どうでもいいことだ。
岩崎は自分を笑うこともなく思う。

竹内くんが戻ってきた。葉月さんもいる。だからもう、どうでもいい。
僕に必要なものは、全部ある。

 岩崎はそこではじめて微笑んだ。

本来必ず死ぬはずだった彼を形作っていた屈折させた思いも、立場からも解き放たれ、それが故に世界としては正しく死に、そうして今は、寝場所を点々とすることもなく、足を抱いて寝ることもない。

/*/

 あんなに嫌いだった青から物を貰った時、嬉しいと思ったのは、竹内くんがいるせいだな。岩崎はそう思った。葉月さんはゲームが嫌いだから、ここは隠れて遊ぶこととしよう。

その考えは20秒で粉砕された。なにもかも見通すような竹内に、山口のところにいけと言われたからだった。嘘はいけませんよと、言われた気がして、それで岩崎は自分を恥じた。

葉月さん僕ぁね、青からゲームを貰ったんですよ。
お礼、言いましたか?俊くん。
ええ。もちろんですよ。葉月さん。
よかった。あの、あんまりゲームに熱中して、私を忘れないでね。

 優しい葉月の微笑みが、岩崎は、泣くほど嬉しかった。

僕の大切な友達を次々と狂わせる、青髪の小娘すらも、今なら許せそうな気がした。

/*/

 岩崎は周囲を見渡した。
口を開けなかっただけ上出来で、それはゲームというものを普段扱わない岩崎に、びっくりの光景だった。

「吉田さんはすごかったのかも知れないな」
整備不良の銃を撃って、吹き飛んだ指のせいで退役する時、みんながもう戦争しないんでいいんだよ、良かったねと言った時、彼女はなんと言ったっけ。

泣いていたか。もうゲームが出来ないと。

 岩崎は歩きながら、自分だけが幸せということに後ろめたい気になった。
もうゲームをやめたくなる。大きな森の中で、足が止まる。

黒い髪のソーニャが木陰から押し出されて現れて、声をかけたのはその時だった。
彼女はアルトピャーノ藩国唯一の女性で、それで

「あ、あの」
「なんだい? 綺麗なお嬢さん」
「あ……」

 予想外の攻撃に、ソーニャはうつむいて顔を赤くした。
すごいな最近のゲームはと思う、岩崎。これならたしかに吉田さんでなくても遊びそうだ。こんなのが急に遊べなくなれば、どんなに悲しいことだろう。

「あ、あの、その、手をとりダンスするってよく分からないのです」
ソーニャがそう言うと、岩崎はそこで我に返った。吉田さんに手紙でも送ろう。
「あ、あの、だから。手をとりダンスするってよく分からないのです。というか、みんなが貴方とダンスしろって」
「ごめん、僕もダンスは、出来ないんだよ。僕はずっと、女の人に好かれる資格なんか、なかったしね」
岩崎が素直にそう言うと、ソーニャはそこで、困ってしまった。
なんと言っていいのか、わからない。

「今は、あるんですか?」 男女のやり取りとしては間違ったことを、ソーニャは言った。
「もちろんないよ」 優しく笑って答える岩崎。

「でも僕は悪い人だから、無資格でやるのさ。悪いのは僕で、僕を好いている人じゃない」

ソーニャが岩崎をにらむと、岩崎はそれに気付いて、微笑んだ。

「なに?」
「自分を悪く言う人は嫌いです」ソーニャは岩崎の顔を見れずに言った。
「そうか、奇遇だね。僕も大嫌いだ」
岩崎は手を伸ばして強引にソーニャを引き寄せた。

「ダンス了解だよ、二人とも初心者だから、きっとノリーコ姫も許してくれる」
「誰ですか」
「教えない」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
裏マーケットボーナス:アルトピャーノ藩国で岩崎は テンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる