テンダイス

アクセスカウンタ

zoom RSS 2日目(昼)1 アイドレスコース2(最上級者向け情報)

<<   作成日時 : 2006/12/04 12:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 宇宙と書いてネットと呼ぶ時代の物語。

/*/

 海の泡のようにそれは出現した。
それは宇宙に現れたが、それは灰色で、輝きも闇も、ともになかった。ただの灰色だった。

巨大な時空振動。惑星と恒星あわせて4000万個が吹き飛ぶような、そんな規模だった。
一番最初に吹き飛んだのは、囚人惑星であった。

これだけの大事件でありながら、気づくのは、遅れた。この宇宙において重力波と光子の伝達速度は同じであり、宇宙はとても大きかったから、実際のところ100年だかそこらくらいその衝撃を観測するのが遅れたのである。実際のところ、地球まで到達=観測されるまで1000年かかるはずであった。

実際には人類含む知類が気づくのは、もっと速かった。
この泡の出現にあわせて世界は情報補完を開始、観測史上最大の通常型ワールドタイムゲートが、出現して他世界に影響を与えたためである。
螺旋宇宙では世界そのものの質量に応じて光速度(絶対速度)は変化する。世界を渡り歩く限り、絶対速度の絶対はなくなるわけだ。

世界移動組織達が、もっとも速い第6世界群で、この現象を確認しはじめた。

/*/

 対応が一番早かったのはセプテントリオンだった。
即座に観測艦隊が組織され、送り込まれた。

そして、艦隊は全滅した。正体不明の敵艦隊と対戦し、敗北したのである。

 2番手は遠い未来において出現する時間警察だった。
捜査官10以上投入して、これらは完全に失敗した。全員が行方不明になった。レイカと警察犬(警察狼)も、これに含まれている。

 3番手の神聖同盟は最高の世界の謎ハンターの一人である海法と、エース伯牙以下の小隊を冒険艦”蝦天号”で送り込んだ。
七つの世界を通じても世界最速の冒険艦である蝦天号は惑星を爆破して”泡”との接続を遅らせようとする地の母の母と接触、したものの惑星爆破は阻止できずに行方不明。

2度に渡ってエースだけを集めた救援部隊を投入したが、ともに失敗した。
3度目の救出隊が送られるはずだったが、そのうちに、それどころではない事件が連発しはじめた。

 セプテントリオンが、崩壊したのである。

/*/

 観測艦隊が破壊されたセプテントリオンはシープホーン(エースキラー)、NEP、アームワーカーを含む装備で正体不明の艦隊と戦闘を開始した。
そして完敗を喫した。もとより戦闘向きの組織ではなかったが、それにしても一方的な戦いであった。

 この一戦と戦争責任の関係で、セプテントリオンで内戦が勃発した。
旧主派と呼ばれる一派は”ラーカウ要塞”から火星の海に本拠を移している。
ほぼ時を同じくして、かねてから神聖同盟のスパイではないかと呼ばれていたロイ・バウマンはこのどたばたに応じてセプテントリオンを脱出、身を隠した。

”泡”を娘のために使う者もいた。小島空に取り付いた思念体である。
死に行く娘を助けるため、タイミングをあわせ、時間稼ぎをし、情報の補完ミスが多発したことでレムーリアが動き出したのを見計らって娘以下をレムーリアに突き落とした。聖銃を使わずに所謂確定された未来から”不定の結果”に持ち込んだのである。

 一方火星をめぐるセプテントリオンとの戦闘で深く傷ついた神聖同盟のリーダー、アリアンは記憶継承を受けて復活、新たに活動を再開している。彼がやったことはホームベースである火星への再侵攻であり、彼はここで、セプテントリオンと休戦して組織を立て直す時間を稼ぐことに成功する。これをアエリアの和解という。

そして7ヶ月、新たな動きがはじまる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
2日目(昼)1 アイドレスコース2(最上級者向け情報) テンダイス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる