6月15日の試合の模様:ターニの情報収集作戦

SD の発言:
でははじめましょう。
SD の発言:
/*/

SD の発言:
オープニングセレモニー

SD の発言:
ロークという、邑がある。2つ郷の小さな街だ。
成丁500というから、最小の規模だ。 人口は2000人ほどだろう。
SD の発言:
この邑は、この王国では珍しくないことながら大変農業生産に力を入れており、結果として雨が異様に多かった。
SD の発言:
表現は変だが、川の上流にあるのは、この邑がつくられてあとのことである。
SD の発言:
魔法が、この川を、この空を、作っていた。
SD の発言:
/*/
SD の発言:
この日は田植えが近いにも関わらず快晴だった。
SD の発言:
市が立つ日だからだ。この小さな邑に訪れるものもめずらしく、市もまこと寂しいはずだったが、今日のこの日に限っては、なかなか盛況であった。
SD の発言:
たくさんの踊り子に、新しき神の神官たち。
SD の発言:
異様な数の吟遊詩人、そして鍛冶屋。
SD の発言:
嫌われ者の赤い髪の者までいる。
SD の発言:
竹と藁でで作った家々も、今日は、濡れていない。
SD の発言:
さて、皆さんはそんなロークに訪れた旅人だ。
SD の発言:
時刻は夕方。そろそろ店じまい。
SD の発言:
星空の下で遅い夕食を食べて、今日は一泊。
SD の発言:
明日にはまた旅の空という感じだ。
SD の発言:
普通、街には良き魔法使いなどは絶対に姿を見せないのだが、
SD の発言:
今回は2人もいるねえ。
SD の発言:
もうこれだけでひどい状況になることを予見しているようだ。
SD の発言:
街はどこか騒然としており、先ほどから衛兵が走っているのが見える。
SD の発言:
/*/
SD の発言:
はい。まずはマーキさん。
SD の発言:
ちょっと状況確認のためにロールプレイしようか。
マーキ の発言:
「やはり今日は騒がしいな」
SD の発言:
貴方はそうそっと言った後、口をつぐんだ。
SD の発言:
すでに死の匂いがあちこちから漂っている。
SD の発言:
邑はいまだ静かだが、魔法的には、すでにここは戦場だ。
マーキ の発言:
「死臭がする。動くべきときがきているな」
SD の発言:
あなたは何度占いをしてもここで大災厄がはじまるのでここにやってきた。
SD の発言:
ただそれが、なんなのかは、まだわからない。
SD の発言:
/*/
SD の発言:
それではゲームをはじめましょう。
SD の発言:
我はこれよりM*よりはじまるゲームの目的を記述する。
SD の発言:
M*設定的に無理なくターニを手助けする:難易度75:判定単位500:制限時間30分(工藤の死亡):1ターン30分:難易度決定の前提 30分(つまり1ターン)、第4民族の場合:抽出条件は設定に沿うもの

SD の発言:
最初の手番はヤツーガ・レンさんです。
ヤツーガ・レン の発言:
質問です。不穏当な街中を駆け巡りながら状況把握のために情報収集する、は難易度幾つになるでしょう?
SD の発言:
設定次第です。
SD の発言:
ただ、普通の状態なら難易度10ですね。
ヤツーガ・レン の発言:
では、街の人たちがもうすでに逃げ終わっている場合の難易度は?
SD の発言:
いえ。全然逃げ終わってませんよ。なにをいっているんです(笑)
SD の発言:
今日は平和な市でした。
ヤツーガ・レン の発言:
なるほど、右往左往しているわけですね。
SD の発言:
貴方もこそ泥して日銭を稼いだ。
SD の発言:
捜査するにしては妙に熱心に衛兵は走っているね。
ヤツーガ・レン の発言:

質問です。市場の状況はどのようになっておりますでしょう?
SD の発言:
市場はそろそろ店じまいだ。日が傾いている。
SD の発言:
血のように赤い夕日に長い影だ。
SD の発言:
客はまばらで、子供達だけが、あそびたりないようにしょんぼりたっている
ヤツーガ・レン の発言:
質問です。回りに気付かれないように情報収集をしながら、市場からそれとなく人を退かせる難易度はいくつになるでしょう。
SD の発言:
貴方がどういう動機でやるか次第ですが、20です。
SD の発言:
時間です。
SD の発言:
ロールプレイをどうぞ
ヤツーガ・レン の発言:
「やれやれ、きなくさいねぇ・・・・・・(儲けが微妙に悪いのを感じながら。」
ヤツーガ・レン の発言:
「(市場に衛兵達のお目当てさんがいないか、自分の逃げ用に見繕いつつ」
SD の発言:
たしかに、きなくさいね。 妙にざわついているし。それに……
SD の発言:
貴方が目を走らせていると、難しそうな顔をした大男がいる
SD の発言:
それと、隣にはなぜかおなかを見せた少女。
ヤツーガ・レン の発言:
「あん? ふん、ま・・・・・・もう一仕事ってわけにゃ、いかないだろうが・・・・・(それとなく様子をうかがいに近づき」
SD の発言:
男の背にぶらさげた剣はあからさまに魔法の剣で、淡い光をあげている。
ヤツーガ・レン の発言:
「・・・・・・・っ、と。(思わず、止まり」
SD の発言:
貴方のほうには気づいてないね。
ヤツーガ・レン の発言:
「よ、よう。旦那。景気はどうよ。(その気配に怯んだ。」
SD の発言:
口げんかしているよ。
SD の発言:
ターニ:「……」
SD の発言:
ミーシャ:「スリをしようとしても無駄よ」
SD の発言:
ミーシャ:「貧乏だから」
ヤツーガ・レン の発言:
「そんなつもりぁねえよ。(苦笑して」
ヤツーガ・レン の発言:
「(目の色が、ほんの少しだけ変わる。」<貧乏だから
SD の発言:
ミーシャ:「他をあたることね。ほら、いいから」
SD の発言:
はい。時間です。
SD の発言:
ロールプレイボーナス+30
SD の発言:
行動宣言をどうぞ
ヤツーガ・レン の発言:
行動宣言:「あからさまにやばいっぽいターニとミーシャに今日の儲けの一部を手渡して、お前らひょっとしてやばいぜと忠告し、手助けを名乗り出る。」
ヤツーガ・レン の発言:
前提変換:街の地形はあらかじめ今日の仕事で把握していると名乗り出る
ヤツーガ・レン の発言:
前提変換:義を見てせざるは・・・・と、自分もやばい橋を渡ってることを打ち明ける。(同族意識)
ヤツーガ・レン の発言:
以上で。
SD の発言:
設定とそれに従った動機はなんですか?
ヤツーガ・レン の発言:
ひとえに、己が背負った富めるものとしての罪悪感と、貧しきものへの無私の気持ちです。
SD の発言:
なるほど。
SD の発言:
呪いの精霊信仰している奴は悪い奴だが、まあ、いいか。
SD の発言:
OK。難易度は10です。
SD の発言:
前提前は20ですね。
SD の発言:
成功要素を提出してください。
ヤツーガ・レン の発言:
成功要素:体力・粘り強い仕事(提出事由:心身ともにストレスの高い状況下でも仕事を遂行します)
成功要素:知力・街の事情に詳しい(提出事由:ちょっとした人間関係の機微でも調べてあります)
成功要素:知覚・器用・緊張時には一度にいろんなことが考えられる(提出事由:職業上、緊張する時ほど頭が冴え渡るように自然になりました)
成功要素:魅力・女性的な面がたまに見られる(提出事由:誠実そうで奥ゆかしく細やかそうに見えます)
成功要素:幸運・一度もつかまったことがない(提出事由:義賊ゆえか日ごろの行いがよくてささいなところでラッキーです)
成功要素:技能・逃走技術(提出事由:証拠を残さなかったり撒いたりするテクニックに長けています)
成功要素:技能・気配を隠す (提出事由:その場の空気にあわせて気配をとけこませます)

一時成功要素:仕事済みで周りの状況を把握している(提出事由:そのとおりのままです)
ヤツーガ・レン の発言:
それと絶技・夜目×2.
ヤツーガ・レン の発言:
以上です。
SD の発言:
夜目は通りません。意味ないでしょう。
SD の発言:
抽出は以下の通り
SD の発言:
成功要素:知力・街の事情に詳しい(提出事由:ちょっとした人間関係の機微でも調べてあります)
成功要素:知覚・器用・緊張時には一度にいろんなことが考えられる(提出事由:職業上、緊張する時ほど頭が冴え渡るように自然になりました)
成功要素:幸運・一度もつかまったことがない(提出事由:義賊ゆえか日ごろの行いがよくてささいなところでラッキーです)
成功要素:技能・逃走技術(提出事由:証拠を残さなかったり撒いたりするテクニックに長けています)
成功要素:技能・気配を隠す (提出事由:その場の空気にあわせて気配をとけこませます)
一時成功要素:仕事済みで周りの状況を把握している(提出事由:そのとおりのままです)

SD の発言:
以上が通りました。
SD の発言:
成功要素が4、足りませんが、どうしますか?
ヤツーガ・レン の発言:
4D6で。
SD の発言:
はい
SD の発言:
ヤーツガ・レン : 4D6 → 2 + 1 + 6 + 1 = 10 (06/15-22:34:18)
SD の発言:
失敗ですね。
SD の発言:
貴方がへっと笑って金を渡そうとすると、ターニがミーシャを手で押しやりました。
SD の発言:
投槍が飛んできます。
ヤツーガ・レン の発言:
うおっ
SD の発言:
数は40本ほど。
SD の発言:
さて、では2番手。
マーキ の発言:
質問です。魔法的には戦場らしいですが、状況はどんな感じでしょうか。
SD の発言:
今まさに投槍がなげられようとしているところだ。
SD の発言:
姿から見て死体にとりついた幽鬼どもだね。それが40.
SD の発言:
悪い魔法使いは見えない。
SD の発言:
貴方は走りながら幻術を抜けた
マーキ の発言:
ターニたちを連れて逃げる難易度はいくつでしょう?
SD の発言:
40だ。
マーキ の発言:
ターニに相手は幻術であることを伝え。彼の手助けを申し出る難易度は?
SD の発言:
1です。
SD の発言:
時間です。
SD の発言:
ロールプレイをどうぞ。
SD の発言:
ヤツーガ・レンさんもまじっていいですよ。
マーキ の発言:
どうやらこの男が事態の中心にいるのだと直感します。そして、彼の心に邪悪が無いことを見抜き、協力を申し出ます
ヤツーガ・レン の発言:
「っ、お、わ!?(押しのけられて、反応できずに腰をぬかす」
マーキ の発言:
「すまない。何かお困りなのではないか」
ヤツーガ・レン の発言:
<投槍
SD の発言:
ターニはふと笑うと剣を抜き放ちました。どこか悲しそうに。
SD の発言:
ターニ:「逃げろ」
マーキ の発言:
「待ってください。私の名前はマーキ。星の神アブタマルを信仰する者です」

SD の発言:
投槍が一斉に放たれた。
マーキ の発言:
「邪悪の胎動を感じて参りました。あなたが正義を為す手助けができればと。どうかお連れ下さい」
SD の発言:
行動の途中ですが受動判定を開始します。
ヤツーガ・レン の発言:
「ば・・・・義賊が、くそ、たとえ魔法の剣持ってる大将いるからって、引けねえよ!」
SD の発言:
ロールプレイパート終了。RPボーナスヤツーガ、マーキ+20
SD の発言:
回避難易度は全員あわせて40です。
SD の発言:
成功要素を提出してください。>ヤツーガ、マーキ
マーキ の発言:
前提変換
槍に対して直角に、ターニとは別の方向に避けます
ヤツーガ・レン の発言:
成功要素:体力・粘り強い仕事(提出事由:心身ともにストレスの高い状況下でも動けます)
成功要素:知覚・器用・緊張時には一度にいろんなことが考えられる(提出事由:職業上、緊張する時ほど頭が冴え渡るように自然になりました)
成功要素:幸運・一度もつかまったことがない(提出事由:義賊ゆえか日ごろの行いがよくてささいなところでラッキーです)
成功要素:素早さ・やわらかな関節(提出事由:普通なら無理な体勢や動きも可能です)
成功要素:素早さ・柔軟な手足の筋肉(提出事由:普通なら無理な挙動や体勢も可能です)
成功要素:技能・逃走技術(提出事由:とにかく逃げるのは慣れてます)
成功要素:技能・気配を隠す (提出事由:その場の空気にあわせて気配をとけこませます)
それと、忍び歩きを駄目元で8全部。
SD の発言:
はい。難易度は3下がりました。残り37です。
SD の発言:
絶技は受動で使えませんよ。特に定めがない限り>ヤーツガさん
ヤツーガ・レン の発言:
あ、そうでした。すみません。
SD の発言:
成功要素:知覚・器用・緊張時には一度にいろんなことが考えられる(提出事由:職業上、緊張する時ほど頭が冴え渡るように自然になりました)
成功要素:素早さ・やわらかな関節(提出事由:普通なら無理な体勢や動きも可能です)
成功要素:素早さ・柔軟な手足の筋肉(提出事由:普通なら無理な挙動や体勢も可能です)
成功要素:技能・逃走技術(提出事由:とにかく逃げるのは慣れてます)
成功要素:技能・気配を隠す (提出事由:その場の空気にあわせて気配をとけこませます)

SD の発言:
以上が通りました。5つですね。
マーキ の発言:
【体力・旅で鍛えられた体】動き回る体力があります
【知力・理解力】相手の動きの意味を悟っていました
【知覚・器用・目敏い】飛んでくる物の動きを見逃しません
【魅力・意志が強い】目的のために全力を尽くします
【素早さ・素早い状況判断】素早く適切な対応ができます
【技能・宗教知識】善神アブタマルの加護を信じて行動します
【短剣】
一時的成功要素
「涼しい服装」動きやすい
「編み上げサンダル」動きやすい
SD の発言:
残り32です。
SD の発言:
マーキさんは以下が通りました。
SD の発言:
【知力・理解力】相手の動きの意味を悟っていました
【知覚・器用・目敏い】飛んでくる物の動きを見逃しません
【素早さ・素早い状況判断】素早く適切な対応ができます

SD の発言:
残り29です。
SD の発言:
ターニは15成功要素を出せました。
SD の発言:
残り14です。
SD の発言:
ちなみに中間ダメージは全員に9ですね。
SD の発言:
失敗だと32です。
SD の発言:
どうします?
SD の発言:
時間です。
マーキ の発言:
中間判定お願いします
SD の発言:
はい。では9点づつのダメージですが…
SD の発言:
全部ターニが受けました。
SD の発言:
剣で振り払ってヤツーガたちをかばいました。
SD の発言:
/*/
SD の発言:
一方その頃
SD の発言:
広島県。
SD の発言:
神海:「石津先輩」
SD の発言:
石津:「……どう、したの」
SD の発言:
神海:「お休み中すみません、でも、でも……また患者さんが、金髪の患者さんが」

SD の発言:
石津:「……分かった」

SD の発言:
石津は立ち上がった。もう体力は限界に近い。
SD の発言:
/*/
SD の発言:
それではゲームの再開です。
SD の発言:
マーキさん。改めて行動宣言を
マーキ の発言:
行動宣言:出入り口の無い、道幅の大きさのかぼちゃの馬車を盾にして追撃をさえぎりその場を逃げます
SD の発言:
難易度は40→20だ
マーキ の発言:
タイムアウトを宣言します
SD の発言:
はい。
SD の発言:
では10分さしあげます
SD の発言:
さて、後4分

そして……

SD の発言:
はい。ではタイムアウト後の行動です
SD の発言:
宣言、申請がある人はどうぞー
マーキ の発言:
技能・宗教知識に変わって魔法行使を申請します
SD の発言:
はい。
マーツ・アーキ の発言:
成功要素を以下に変更します。
「体力・青年期の活力」
「知力・政治に関する教養」
「知覚・器用・視野が広い」
「魅力・心地よい低音の声」
「素早さ・剣術の鍛錬で鍛えた足腰」
「幸運・光の女神の加護」
「技能・白兵戦闘技能」
SD の発言:
はい。
SD の発言:
他には?
コーダ・ミク の発言:
【技能・家事技能】を【技能・剣の手ほどき】に
SD の発言:
時間まで1分
ヤツーガ・レン の発言:
知力・愛と理性の分別があるに変わって知力・引き際の冷静さに入れ換えます。
SD の発言:
はい
SD の発言:
両方OK
SD の発言:
時間です
SD の発言:
成功要素を提出してください。
マーキ の発言:
成功要素:
【体力・旅で鍛えられた体】走り回る体力があります
【知力・理解力】逃げるしかないと判断しました
【知覚・器用・目敏い】道幅一杯の馬車を出します
【魅力・意志が強い】決して退きません。利害度外視で目的のために全力を尽くします
【素早さ・素早い状況判断】素早く適切な対応ができます
【幸運・魔法の才能】魔法の才能があります。魔法を行使します
【技能・歌唱】はっきりとした言葉で短い歌の形で魔法を使用します
【技能・魔法行使】魔法を使います

一時的成功要素
「これまでの経験を生かし馬車をしっかりとイメージする」
「息を止めることで一時的に運動力を高める」
絶技:かぼちゃの馬車×3 根源力6000
以上です。
SD の発言:
抽出します
SD の発言:
全部とおりました。
SD の発言:
10個+かぼちゃの馬車で+12成功要素だ。
SD の発言:
これで22.
SD の発言:
成功だね。おめでとう。
SD の発言:
アフターロールプレイ3分どうぞ
マーキ の発言:
「すまない!」
SD の発言:
ターニ(だれかに)「すまん……」
マーキ の発言:
マーキがかぼちゃをだして歌を歌うと、かぼちゃの馬車が道一杯に広がる
SD の発言:
で、逃げるんじゃなくて道を塞ぐと。
SD の発言:
OK
SD の発言:
これで残り難易度は……
SD の発言:
75-40で35だ。
SD の発言:
RPボーナス、マーキ+10
マーキ の発言:
「すまない。この償いは、必ず」
SD の発言:
ターニは考えている。
SD の発言:
ターニはミーシャを気絶させた。
SD の発言:
ターニ:「お前、これを大事に、助ける いいか」
マーキ の発言:
「わかりました。ですが、あなたは?」
SD の発言:
ターニ:「世界は俺を嫌っている だから」
SD の発言:
ターニ:「もう女は沢山だ」
SD の発言:
ターニは一人で走り出しました。
マーキ の発言:
「まって!まってください」
SD の発言:
大跳躍して建物を越えた。
SD の発言:
それでは次の手番です。
SD の発言:
マーツ・アーキ さん。質疑応答を。時間は5分です。
マーツ・アーキ の発言:
質問です。ターニを見つけて一緒に脱出する場合、難易度はどうなりますか?
ターニを見つけて一緒に戦う場合、難易度はどうなりますか?

SD の発言:
35と5だね。
マーツ・アーキ の発言:
質問です。ロークの現在の状況はどんな感じでしょうか。
周囲の人々の様子はどんな感じでしょうか。
今のとは別にどこかで争いが起きているような様子はあるでしょうか。
SD の発言:
ロークはにわかに動き出した。
SD の発言:
邪悪な魔術師が次々と手勢をつれて動き出した
SD の発言:
ついでに新しき神の信徒たちもげらげら笑いながらターニに襲い掛かる。
SD の発言:
いまや街全部がターニの敵のようだ。
マーツ・アーキ の発言:
設定確定ですが。マーツは教育係を務めるくらいの博識な人間なので、過去にもこういった妙な予兆の後、何か事件が起きたというような歴史に関する知識をもっていた、ということは出来ますか?
この街に立ち寄る前に行商から不穏な噂を聞いており一応警戒している、ということは出来ますか?
近くでモンスターの大群が現れたという噂を聞いており、何か起こるんじゃないかと警戒している、ということは出来ますか?
そのため、万が一に備えて街から脱出するルートを検討済みである、ということは出来ますか?

SD の発言:
虐殺も始まった。市場では子供達が幽鬼に踏み潰されている
SD の発言:
前例がないので無理です。
SD の発言:
警戒は無理です。行商人はなにも知りません
SD の発言:
モンスターの件はいいでしょう。
SD の発言:
脱出ルート検討は、ふつうやらないでしょう。戦うことを考えるでしょう。普通。
SD の発言:
時間です
SD の発言:
ロールプレイを3分
マーツ・アーキ の発言:
「まずいな、予想以上にまずい」
SD の発言:
街はひどい有様だ。
マーツ・アーキ の発言:
「くそ、逃げるしかないのか・・・」
SD の発言:
誰も彼もがターニ死ねと言っている。笑いながら。
マーツ・アーキ の発言:
ちょうどターニが襲われているのをみたということに出来ますか?
SD の発言:
ダイスできめよう。
SD の発言:
4から6が出たら偶然見た
SD の発言:
ではどうぞ。
SD の発言:
マーツ・アーキ : 1D6 → 2 = 2 (06/15-23:37:48)
SD の発言:
残念。そうそううまくはいかないね。
SD の発言:
貴方は街中でなんだなんだとこの怪異を見ている。
SD の発言:
時間です。
SD の発言:
ロールプレイボーナス+10
SD の発言:
それでは行動宣言を2分でどうぞ
マーツ・アーキ の発言:
行動宣言:元凶であろう魔法使いを倒すためになるべくモンスターに遭遇しないようなルートで敵の首謀者のいそうな場所を目指します。
前提変換:短期予知2を使用することで危険のありそうな場所を察知して回避します。
SD の発言:
ふむ。
SD の発言:
難易度は20.
SD の発言:
前提変換で20→7だ。
SD の発言:
最低まで下がったよ。
SD の発言:
では成功要素提出をどうぞ。
マーツ・アーキ の発言:
成功要素
「体力・青年期の活力」(走り回っても疲れません)
「知力・政治に関する教養」(街を作る際の基本の構造を把握しています)
「知覚・器用・視野が広い」(周囲をしっかり見ています)
「魅力・心地よい低音の声」
「素早さ・剣術の鍛錬で鍛えた足腰」(足腰は丈夫です)
「幸運・光の女神の加護」(窮地で戦うものに力を貸してくれるでしょう)
「技能・白兵戦闘技能」(いざというときに戦闘できます)
【敵の目はこちらに向いていない】
【昼間歩き回ったのである程度地形を把握している】

使用絶技:「短期予知2」
小剣「突く」
硬い革鎧「衝撃吸収」 


SD の発言:
「体力・青年期の活力」(走り回っても疲れません)
「知力・政治に関する教養」(街を作る際の基本の構造を把握しています)
「知覚・器用・視野が広い」(周囲をしっかり見ています)
「素早さ・剣術の鍛錬で鍛えた足腰」(足腰は丈夫です)
「幸運・光の女神の加護」(窮地で戦うものに力を貸してくれるでしょう)
「技能・白兵戦闘技能」(いざというときに戦闘できます)
【敵の目はこちらに向いていない】
【昼間歩き回ったのである程度地形を把握している】

使用絶技:「短期予知2」
小剣「突く」
硬い革鎧「衝撃吸収」 

SD の発言:
が、通りました。成功ですね。おめでとう。
SD の発言:
貴方が走りこんで街の郷長の館まで来ると、
SD の発言:
そこには果たして黒服の女がいます。
SD の発言:
アフターロールプレイ開始。3分
マーツ・アーキ の発言:
「…こんなところに女性とは。どうにも、通りがかりというわけではないだろうな」
SD の発言:
カーキ・レーヤ:「蟲、か」
マーツ・アーキ の発言:
相手の動きを警戒しておきます
マーツ・アーキ の発言:
「蟲……?」
SD の発言:
周囲には骸骨兵がいる。
SD の発言:
真新しい小鬼の骨から作ったようだ
マーツ・アーキ の発言:
「なるほど、効果的だな、今度知り合いに教えよう」
SD の発言:
カーキ・レーヤ:「この蟲は、よくしゃべる」

マーツ・アーキ の発言:
「元が食客でね、商売道具さ」
SD の発言:
数は100ほどもいようか、骸骨兵はマーツ・アーキを囲むように動き始めた。
SD の発言:
さて。時間です。
SD の発言:
残り難易度は15.です。
SD の発言:
最後の行動者、コーダさんどうぞ。
コーダ・ミク の発言:
はい
SD の発言:
ああ、そうだ、言い忘れた。
コーダ・ミク の発言:

SD の発言:
敵、貴方の行動の後動きます。
SD の発言:
ターニにへの攻撃、カバーするのはなし。
SD の発言:
では質疑応答開始。5分
コーダ・ミク の発言:
ええっと
コーダ・ミク の発言:
質問です。コーダの位置は任意に指定していいですか。
SD の発言:
いや、それだと宇宙とかできちゃうから
SD の発言:
相談してください。
コーダ・ミク の発言:
このままほっとくとターニはどうなるでしょう
SD の発言:
試合には勝つが工藤が死ぬ可能性が高い。
コーダ・ミク の発言:
ターニをどうにかしなければいけないのですね
SD の発言:
貴方は行動してまあ、難易度は削るが、続いての敵の行動で工藤は死ぬ。
コーダ・ミク の発言:
じゃあ、位置はターニの前でいいでしょうか
SD の発言:
ターニがどこか決まってないけど、どうする?
SD の発言:
後2分
コーダ・ミク の発言:
ターニは街を脱出すべく
コーダ・ミク の発言:
敵の少ない街路を走っています
SD の発言:
それでいいんだね?
コーダ・ミク の発言:
で、そこで会うと
コーダ・ミク の発言:
全速力じゃなくてよれよれでお願いします
SD の発言:
はあ。
SD の発言:
分かりました。
SD の発言:
よれよれなのはだれ?
コーダ・ミク の発言:
ターニです、精神的に
SD の発言:
分かりました。
SD の発言:
ついに工藤の加護もおわりそうと。
SD の発言:
はい。あいましたよ。質疑応答終了です。
SD の発言:
ロールプレイをどうぞ
コーダ・ミク の発言:
はい
コーダ・ミク の発言:
コーダはよき魔法使いである
コーダ・ミク の発言:
この街にも、困っている人間を助けるためにやって来た
コーダ・ミク の発言:
そして、前から走ってくる一人の蛮人
コーダ・ミク の発言:
何かショックな事でもあったか、よれよれである
コーダ・ミク の発言:
「こんばんは」
SD の発言:
ターニ:「……」
SD の発言:
一方その頃。
SD の発言:
マーツ・アーキさん。
マーツ・アーキ の発言:
はい
SD の発言:
残念だが君は一人で敵と戦うことになる。
SD の発言:
戦闘処理してもいいが、100%死ぬとおもうが、やるかね?
マーツ・アーキ の発言:
ええ。
SD の発言:
はい。では攻撃と防御の成功要素を提出してください。
SD の発言:
3分で。
マーツ・アーキ の発言:
はい
マーツ・アーキ の発言:
行動宣言:被害覚悟でとにかく黒服の女を狙います。その際速攻+短期予知2で敵の動きを把握、黒服の女の急所を狙います。


SD の発言:
難易度は15だ。
SD の発言:
成功要素を提出してください。
マーツ・アーキ の発言:
成功要素
「体力・青年期の活力」(走ってきたけど、まだ戦闘するだけの体力は十分)
「知力・政治に関する教養」(多勢に無勢は大将を倒すのが一番)
「知覚・器用・視野が広い」(全体の状況を把握しています)
「魅力・心地よい低音の声」(黒い服の女に話しかけて少しでも注意をそらします)
「素早さ・剣術の鍛錬で鍛えた足腰」(剣術での戦闘に適してています)
「幸運・光の女神の加護」(窮地で戦うものに力を貸してくれるでしょう)
「技能・白兵戦闘技能」(まさにこのときのためです)
一時
【警戒していたため、突破できそうな隙間を探していた】
【投げ短剣で相手の移動を制限する】
使用絶技:「速攻+短期予知2」
小剣「突く」
投げ短剣
硬い革鎧「衝撃吸収」 
編み上げサンダル
SD の発言:
抽出します。
SD の発言:
「体力・青年期の活力」(走ってきたけど、まだ戦闘するだけの体力は十分)
「知覚・器用・視野が広い」(全体の状況を把握しています)
「魅力・心地よい低音の声」(黒い服の女に話しかけて少しでも注意をそらします)
「素早さ・剣術の鍛錬で鍛えた足腰」(剣術での戦闘に適してています)
「幸運・光の女神の加護」(窮地で戦うものに力を貸してくれるでしょう)
「技能・白兵戦闘技能」(まさにこのときのためです)
【警戒していたため、突破できそうな隙間を探していた】
【投げ短剣で相手の移動を制限する】
使用絶技:「速攻+短期予知2」
小剣「突く」

SD の発言:
速攻2個で2000能力+500としましょうか。
SD の発言:
5個成功要素+
SD の発言:
9個
SD の発言:
14成功要素。
SD の発言:
1足りないけど、どうしますか。
マーツ・アーキ の発言:
2d6します。
SD の発言:
どうぞ
SD の発言:
おお
SD の発言:
マーツ・アーキ : 2D6 → 4 + 6 = 10 (06/16-00:15:38)
SD の発言:
成功だな。 光の女神は最後に貴方に力を貸したようだ。
SD の発言:
貴方は心臓を一突き、黒服の女を殺したところで骸骨兵達に殺された。
SD の発言:
(防御に成功要素出せてない)
SD の発言:
見事な相打ちでした。
SD の発言:
なにか、台詞は?>マーツ・アーキ
マーツ・アーキ の発言:
「まあ、これだけできれば、上出来、かな・・・」
SD の発言:
ロールプレイボーナス+40.
SD の発言:
/*/
SD の発言:
ではシーンを戻しましょう。
コーダ・ミク の発言:
「おせっかいだとは思いますが、どうぞお話を聞かせてください」
SD の発言:
ターニは逃げて来たと言うより、道を間違えたという風だった
SD の発言:
コーダを無視して走り出した。
コーダ・ミク の発言:
「まって、街を出るのでしたら」
SD の発言:
ロールプレイタイム終了
SD の発言:
ロールプレイボーナス+10
SD の発言:
それでは行動宣言を
コーダ・ミク の発言:
はい
コーダ・ミク の発言:
行動宣言:「ついでだから街の外まで一緒に行きましょう」といって、かぼちゃの馬車にターニをのせ、街を離れます。
SD の発言:
難易度は10000です
SD の発言:
成功要素を提出してください。
SD の発言:
(一応解説しておくと、誰も巻き込みたくないから一人で戦う奴が、なんでついでだからと街の外に逃げるのかと)
コーダ・ミク の発言:
前提変換NPCたちはターニを囲むように密着して展開しています。ターニがそれを疎ましく思っても、NPCたちに怪我をさせないためには、大人しく従うしかありません。

SD の発言:
はい。じゃあ難易度は100下がりました。
コーダ・ミク の発言:
しています→します)
SD の発言:
9900です。
コーダ・ミク の発言:
前提変換2:お願いですから話を聞かせてくださいと無きすがる
SD の発言:
はい。涙には弱いね。
SD の発言:
難易度は5000まで下がりました。
SD の発言:
時間です。成功要素を提出してください。
コーダ・ミク の発言:
体力:【体力・持久力】
知力:【知力・魔法知識】
知覚・器用:【知器・洞察力】
魅力:【魅力・やさしい口調】【魅力・愛らしい声】
素早さ:【素早・意外と素早い】
幸運:【幸運・神のご加護】
技能:【技能・根気ある対話】
コーダ・ミク の発言:
あっしまった
コーダ・ミク の発言:
理由付けを・・・
SD の発言:
いいですよ。
SD の発言:
一時的成功要素は?
SD の発言:
じ・か・んで・す・よ?
コーダ・ミク の発言:
体力:【体力・持久力】
知力:【知力・魔法知識】
知覚・器用:【知器・洞察力】この人物に何があったのかはかります
魅力:【魅力・やさしい口調】心を開きたくなるほど優しい声です【魅力・愛らしい声】お願いします
素早さ:【素早・意外と素早い】早く動いてしがみ付きます
幸運:【幸運・神のご加護】この者の心に光あるならば、シオーネアーラよ、私にこの者の心を救わせてくださいとねがう
技能:【技能・根気ある対話】根気よく説得します一時成功要素「泣きながらターニにしがみついています」「恐ろしいほどに必死です」
コーダ・ミク の発言:
すいませんでした
SD の発言:
いえいえ。
SD の発言:
全部とおりました
SD の発言:
10個です。
SD の発言:
4990たりませんが、どうしますか。
コーダ・ミク の発言:
この場合ダイスとかはどうなるのでしょうか
SD の発言:
全部振ったがいいね。
SD の発言:
宝くじ10回連続であたるくらいのことが起きるかも知れないし
SD の発言:
コーダ : とりゃ 10D6 → 2 + 1 + 2 + 4 + 6 + 1 + 4 + 4 + 6 + 6 = 36 (06/16-00:38
SD の発言:
残念。
SD の発言:
貴方はターニを見送ることしか出来ませんでした。
SD の発言:
ゲーム終了です。
コーダ・ミク の発言:
悪あがきにお付き合いいただきありがとうございました
SD の発言:
いえいえ。
SD の発言:
谷口の性格を知らんのなら、
SD の発言:
そうなることもありますよ。
SD の発言:
さて、ターニはその後、戦って戦って戦って……
SD の発言:
最後にマーツ・アーキの死体のところまでやってきます。
SD の発言:
傷だらけの身体を引きずって満足げに息を引き取っているマーツ・アーキの死体を見下ろして、
SD の発言:
ターニは顔をぐちゃぐちゃにして泣きます。
SD の発言:
それではゲームを終了しましょう。お疲れ様でした。
空飛びペンギン の発言:
おつかれさまでした
星野十郎 の発言:
ありがとうございました。お疲れ様でした。
ユーラ の発言:
おつかれさまでした、ありがとうございました。

こまち@書記 が会話に参加しました。

たんばの@書記 の発言:
皆さん、お疲れ様でした。
芝村(SD) の発言:
作戦会議室でお世話になったこまち@書記さんもお呼びしました。
芝村(SD) の発言:
お疲れ様でした。
空飛びペンギン の発言:
有難うございました
堂島 の発言:
ありがとうございました。お疲れ様でした
ユーラ の発言:
疲れました(笑)
空飛びペンギン の発言:
駄目だ、急くと頭が回らないや・・・
星野十郎 の発言:
えー。打順で明らかにミスを致しました。キャラクターの特性を自分で把握してたなら、ふらふら動かずいるべきでした。
芝村(SD) の発言:
まあ、キャラ性質の把握の問題と、作戦会議上の問題かなあ。
芝村(SD) の発言:
いや、打順については俺もミスした。
芝村(SD) の発言:
ユーラさんうまいんで、彼が1番か4番でよかったと思いました。
芝村(SD) の発言:
いらんアドバイスでした。申し訳ない
ユーラ の発言:
作戦はそうですね、逃がすのは無理でしたね。
空飛びペンギン の発言:
あー、いろいろ申し訳ありませんでした
こまち@書記 の発言:
(招待、今気付きました。ありがとうございます。)
空飛びペンギン の発言:
とくに見捨てたところとか・・・
星野十郎 の発言:
連携をうまく行かせられなかった。スピード勝負だからこそなのに。
堂島 の発言:
俺も色々と失敗してました。すいません
星野十郎 の発言:
流れを最初からきちんと打ち出して行動すればよかった。人は助ける。ターニにも協力する。きちっと一貫して。
芝村(SD) の発言:
まあ、空飛びペンギンさんが目立っているけど、根ざす問題は1個、谷口の責任感を完全に見誤っただけなんで
芝村(SD) の発言:
あまり気にせんでも
ユーラ の発言:
そうですね、あの責任感の強さを忘れていました
空飛びペンギン の発言:
責任感、何故それを考慮しなかった私・・・!
堂島 の発言:
はい。見誤っていました。
星野十郎 の発言:
言ってしまうと、流れだと思います。頭がまわらない空気を作ってしまっていたから。
芝村(SD) の発言:
うーん。
星野十郎 の発言:
俺個人としては、とにかくそこに尽きます。打順。自分の出るべきところの不把握。自分さえ信じてないでいたらゲームも何も出来ない。
星野十郎 の発言:
ので、申し訳なかったです。
芝村(SD) の発言:
現行打順でも最後まではいけてたし。
芝村(SD) の発言:
実際残り15だぜ。
空飛びペンギン の発言:

ユーラ の発言:
そうですね、達成可能な範囲だったので、悔しいです。
芝村(SD) の発言:
極論すると答えはユーラさんが作戦会議で言ってるんだよね。
芝村(SD) の発言:
私も、はぁ。 とか。 それでいいんだね? とか、ルール破って誘導してるし(笑)
空飛びペンギン の発言:
・・・再び最後でコケてしまいました
芝村(SD) の発言:
最後というか。
芝村(SD) の発言:
最初ならこけなかった? そう言うことは無いよね。
空飛びペンギン の発言:
はい
芝村(SD) の発言:
順番考えずに何が悪かったか、考えよう。
空飛びペンギン の発言:
はい
星野十郎 の発言:
はい
堂島 の発言:
多分、手段と目的がすりかわってたんだと思います
芝村(SD) の発言:
まあ、今回難易度は最初のゲームより高いんで。
芝村(SD) の発言:
どんなの?>堂島
ユーラ の発言:
状況把握と、それを活かす行動に上手くつなげられなかったところかなと思います。
堂島 の発言:
ターニに協力するのに、ターニの意思を考えなかったこと。最初のやつですが
芝村(SD) の発言:
なるほど
空飛びペンギン の発言:
うん
堂島 の発言:
途中から、ターニと脱出するがミッション目的になってました
空飛びペンギン の発言:
たしかに
星野十郎 の発言:
そうだね。工藤のことで、あっという間に動揺してた。
芝村(SD) の発言:
うん
ユーラ の発言:
そうですね、私も逃げる気でいました
芝村(SD) の発言:
見事な分析だ
堂島 の発言:
ターニと脱出の難易度が35だったから、それ以外に考えられなかった
堂島 の発言:
ロールミス含め、申し訳ないです。はい。
星野十郎 の発言:
状況判断が違ってた。最初の前哨戦と違うんだ。こっちにだって、いっぱい人はいた。ターニもいた。
芝村(SD) の発言:
まあ。慣れるさ。
ユーラ の発言:
はい、今回で少し慣れたと思います。
芝村(SD) の発言:
儀式魔術レベルのゲームは失敗前提だし。
芝村(SD) の発言:
今回も失敗率が7%あったしね。
芝村(SD) の発言:
気をおとしなさんな。
空飛びペンギン の発言:
前に進むしかないか・・・
ユーラ の発言:
次があれば、そのときは勝ちます。
芝村(SD) の発言:
うん。
芝村(SD) の発言:
期待している。
芝村(SD) の発言:
いつまでも悲しいまんまでおわりなさんな。
空飛びペンギン の発言:
はい
星野十郎 の発言:
それは、もちろん。
ユーラ の発言:
はい。
堂島 の発言:
ええ。大丈夫
芝村(SD) の発言:
ではリザルトやって解散しましょう。
芝村(SD) の発言:
まず、参加賞(書記含む)400根源力
芝村(SD) の発言:
成功してないんで以上終了。
空飛びペンギン の発言:
はい
ユーラ の発言:
はい
空飛びペンギン の発言:
ありがとうございます
星野十郎 の発言:
はいです。
たんばの@書記 の発言:
はい、ありがとうございます。
堂島 の発言:
ありがとうございました
こまち@書記 の発言:
ありがとうございました。
芝村(SD) の発言:
ただし、死亡したユーラさんのみ、特別に根源力を+600あげよう。
空飛びペンギン の発言:
ぱちぱち
ユーラ の発言:
おお、ありがとうございます
芝村(SD) の発言:
これはMVP相当だ。
芝村(SD) の発言:
次は生き残りなさい。
芝村(SD) の発言:
では解散しましょう。
ユーラ の発言:
はい。
星野十郎 の発言:
うん、立派でしたものね
こまち@書記 の発言:
おめでとうございます。
芝村(SD) の発言:
最後に皆さんお疲れ様でした。
星野十郎 の発言:
はい。お疲れ様でした。みなさま、改めて、ありがとうございました。
こまち@書記 の発言:
自分はゲームの実力は全くないのでゲーム内容については口出しできないのですが、
今回の体験で得たものを、後に挑戦する人の参考になるように
どこかに形として残してくれると嬉しいかな、と思います。

空飛びペンギン の発言:
おつかれさまでした
たんばの@書記 の発言:
MVPおめでとうございます。 お疲れ様でした。
ユーラ の発言:
はい、おつかれさまでした。ありがとうございました。
こまち@書記 の発言:
お疲れさまでした。
堂島 の発言:
おつかれさまでした
芝村(SD) の発言:
分かりました>こまちさん
芝村(SD) の発言:
それではさようならー
空飛びペンギン の発言:
さよなら
ユーラ の発言:
ありがとうございました
星野十郎 の発言:
はい、それではー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい