初心者のためのAの魔法陣リプレイ(前編)

初心者のためのAの魔法陣リプレイ 作 芝村裕吏
 ようやく、Aの魔法陣ver3がエンターブレインから発売されました。
(3軒に1軒の書店にはおいてあるんで、是非買ってください(笑))

Aの魔法陣というのはTRPG。ボードゲームの一種類でみんなで卓を囲んでお話を一緒に作っていくゲームです。
もっともAの魔法陣はネットを利用した運用がとても簡単に出来、チャットで遊ぶゲームルールとしても、使うことが出来ます。

 今回はその紹介ということで、チャットで遊んだ例をあげてみます。

なお、ルールブックを購入された方で分からないことがあれば
http://www.alfasystem.net/A/wbbs/view.cgi
の掲示板で質問をどうぞ。
遊び仲間を探したい時の相談などもうけつけています。

では、リプレイをどうぞ。

/*/

説明しよう。
 この日、ゲーム(Aの魔法陣)の約束があったが、SD(ゲームシステムのうち人間部分を担当する人:進行役)である芝村はなんの準備もしていなかった。
前日まで珍しく仕事で忙しかったのである。が、しかし。Aの魔法陣のいいところは、そういう時でもきちんと(楽しく)遊べることである。

集まった面子はいずれも初顔あわせ。 どんな性格なのかは全然分からない。
とはいえ、それでも(意図的にゲームを妨害するような人間が紛れ込んでない限りは)比較的簡単に遊べてしまうのが、Aの魔法陣のいいところだ。
ちなみにゲームを妨害するような人間が紛れ込んでいたら、警告と退場ルールを使って速攻排除すべきである。意図的にゲームを妨害する人と一緒に遊ぶのは、不愉快になるだけでどんなゲームでも不可能だ。
とはいえ、普通はそんな人間が紛れ込むことは中々ないだろう。筆者はここ最近で掲示板含めて3000ゲーム、プレイヤーも5000人くらいと遊んだが、警告を使う時はたまーにあっても退場までやったことは、1回しかない。同じゲームを遊ぼうという人同士の中に極度に問題がある人が紛れ込むことは、滅多にないのだ。(そして滅多がおきたら、ルールを行使すべきである)


芝村:では、すこし早いですが、雑談混じりにはじめましょうか。
まだら牛:よろしくお願いします
ヒサ:よろしくお願いします

説明しよう。
 ルールで規定されているわけではないけれど、プレイングテクニックとして、SDによる最初の雑談は重要である。プレイヤーの性格や性質、趣味、やりたいことを知る重要な手がかりになるし、やりたいことなどを聞きながら、その場でプレイヤーにあったゲームを用意してやることも出来る。 プレイヤーは緊張しているかもしれないし、そう言うときの雑談は緊張をほぐす重要な手段になる。


芝村:まず、登場人物をきめていきたいと思います。

説明しよう。
 ここでは単刀直入に、今回のゲームで出てきて欲しい登場人物を尋ねている。
過去15年のファンレター合計4200通を全部丸暗記できるくらいの暇なゲームデザイナーなら、好きなキャラクターが分かれば、逆算してだいたいどんな人物かはわかってしまうのだ。
もちろん別に相手の人となりはわかんないでもゲームやる分には十分な情報が好きなキャラクターの人物像から特定できるので、初心者SDでもそれなりに意味はある行為である。

芝村:登場人物=NPCですね。こいつは2、3名ゲームに出したいと思います。
芝村:皆さんのご希望は?
一向掠生:お任せしますー。誰でもどーんと来いです。

さくらつかさ:キャラ:ウラル、ノイ、できるなら軍神タカツキ
まだら牛:俺は、ウラルとノイですね。欲を言えば軍神にも会いたいですが、こちらはTT作戦で会いますので。

ヒサ:あ、私は特には。でもヤガミが出ると嬉しいです(笑
芝村:いや、もうヤガミは出てこないから安心してください
芝村:昨日死にました。水虫でした。
ヒサ:水むっΣ
さくらつかさ:ぎゃ
まだら牛:ええええええ
芝村:嘘。
ヒサ:………………orz<うそ
一向掠生:み、水虫…!? う、嘘ですかー!
まだら牛:そんな嘘ってorz
ヒサ:一瞬「何処まで悪化させたんだ洗わない靴下好きにも程がある」とか思ってごめん、ヤガミ
松井:あの世界では水虫はなんなんですか(笑)

芝村:というのはさておき、で、軍神物語の3人と、ヤガミでいいんですか?
まだら牛:ですかね
松井:私はタカツキさんに会えればもう何も。
芝村:さて、では多数決でいくと、
芝村:おおよそヤガミとタカツキ+オマケくらいな感じですが。
さくらつかさ:はーいw
まだら牛:アイサー
松井:ヤガミを殴らないように気をつけてます(笑)
一向掠生:お願いしますー
芝村:じゃ、それでいきましょう。
芝村:難易度のお好みは?
まだら牛:あー・・・今日はキュートかアルファ程度がいいです。

説明しよう。
 芝村が主宰するゲームでは難易度がいくつかのレーティングで分けられている
難易度は以下の通りである。

初心者向け:最低難易度のゲームで手取り足取りの説明が入る。
キュート:死亡率0% ほのぼのコース
アルファ:まあ2割くらいはキャラクターが死ぬ。下手をうてば全滅ゲームオーバーになる。標準的なゲーム。
コンバット:5割の確率でキャラクターが死に、5割の確率でゲームオーバーになり、3割の確率で全滅する。戦闘志向が極度に高い。
デス:理不尽極まりないゲームで、クリアを前提に作られていない。極度に上手いプレイヤーでなければ9割の確率で死亡し、9割の確率でゲームオーバーになり、9割の確率で全滅する。このゲームを遊んで生きて帰ってくるプレイヤーはたいていのゲームで優秀な成績をあげてくるプレイヤーである。
エースゲーム:レベルデスが小学生レベルに見える、最高難易度のゲーム。所謂原作ゲームであり、ゲームを作るためのゲーム、コンピューターゲームなどの原作として遊ばれる。

 上記を見れば分かるとおり、近年良く見られる出来レース+プレイヤーに気持ちよく遊んで帰ってもらおう主義TRPGと比較して極度にシリアス=死ぬ可能性が高いが、これはAの魔法陣の特性ではなく、(何千人と遊んではプレイヤーの腕前ランキングをつけている)芝村の趣味である。 Aの魔法陣というゲームとしては、いかようにも出来る。

ヒサ:キュート以下しか経験がありませんっ<難易度 ほ ほどほどを希望します……
一向掠生:お手柔らかにお願いしたいです…;
松井:かんたんなので(きっぱり)
ヒサ:キュートかアルファくらいまででご勘弁願いますっ
芝村:簡単というと?
芝村:うーんと。どんな感じかしら。
松井:アルファ以下でおねがいします
まだら牛:死なないって感じの、日常編っぽいのですか?>松井さん
松井:はい
芝村:そうなんだ。スリルはいいのか
ヒサ:私も死なない日常が好きです(笑
松井:ぴくっ(スリル)
さくらつかさ:ぴくっ(スリル)
まだら牛:俺一人ならスリルに突っ込んで死ぬんですが・・・
一向掠生:うわわ。日常に一票でー!
さくらつかさ:うははwぎょくさいだw
ヒサ:(スリル……ぴくぴく
芝村:分かりました。
芝村:じゃあ、日常、難易度最低くらいでいい?
一向掠生:できましたらそのくらいで。皆様我侭言ってスミマセン;
松井:はい、いいですよー
ヒサ:いえいえ。私も、それでお願いいたします
まだら牛:OKです
さくらつかさ:オーケーです。
芝村@SD:じゃあ、それで遊ぶか。えーと。
さくらつかさ:わーい♪
芝村@SD:じゃ、舞台は都市船の公園にしましょう

説明しよう。
今、決めた。 さあここからがSDとしての仕事開始だ。
これまでの雑談の間に芝村は大量のストックから登場人物たちのキャラクター設定とデータを手元に取り出し、年表や都市船のデータや設定、地図を抜き出している。戦闘がありえるなら敵のデータや編成なども取り出しているであろう。
セッションデータ(他のゲームで言うシナリオとは少し違うが同じようなもの)の基礎はこれらのデータであり、これにM*よりはじまるゲームの目的(達成するとゲームクリア)があれば、SDの準備は全部出来てしまう。 実質ゲームごとに用意するのはこれらM*よりはじまるゲームの目的だけである。使い回しを多くすれば、楽に高クオリティのゲームを簡単に用意できる。データの再利用率を極度に高く出来るのがAの魔法陣の特徴だ。

まだら牛:はい
ヒサ:はい!
松井:よろしくお願いします
さくらつかさ:はーい♪
一向掠生:よろしくおねがいしまーす
芝村@SD:週末の午後な感じで、ヤガミは緑地でねそべり

説明しよう。
ここでSDは都市船の地図を見ながら難易度最低、ほのぼのとしたゲームにあう場面を選び出した。そこが公園だ。

さくらつかさ:緑イッパイの公園なのかな。
ヒサ:まったり。いいなあ
芝村@SD:まあ、ありえないくらいのどかな風景ですね。
芝村@SD:地球でも見られないでしょう。1層まるごと公園です。

説明しよう。
地図と設定を見ながら言っているだけである。

一向掠生:おぉ、贅沢ッ。
芝村@SD:空は偽物ですが、青空も映してあります。
さくらつかさ:もしかして牛がいるとか!?<のどか
ヒサ:Σ すごい!<一層
まだら牛:どこの都市船なんだろう・・・
松井:裕福層が住んでるようなところなのかな
芝村@SD:田園型都市船なんですよ。
芝村@SD:人口がそもそも少ないんです。
芝村@SD:トンボが飛んでたりします。
まだら牛:なるほど
さくらつかさ:おお!
ヒサ:ああ、途端に野原じゃなくて水田が見えてきた(笑<トンボ
一向掠生:秋っぽいですね、トンボ~v
さくらつかさ:(風景が一瞬で変わった~♪<トンボ
まだら牛:トンボ・・・知類?
さくらつかさ:ぶはw<知類
芝村@SD:知類ではないですね。普通の地球品種ですよ。
ヒサ:あ、そうかっ、知類かっ<トンボ
芝村@SD:都市船名はアエリア、といいます。
まだら牛:了解です
ヒサ:地球品種!<トンボ アエリアってそんな凄かったんですね、公園
まだら牛:アエリアかぁ
芝村@SD:ヤガミは普段の疲れか、眼鏡を外して脇において突っ伏しています。
芝村@SD:ところがこの公園、全然人がいないんですよ。
まだら牛:いつも倒れてばっかりだからなぁ・・・
芝村@SD:皆さん以外にはヤガミ、ウラル・カナンとノイが走り回ってるくらいで
芝村@SD:他には人影もありません。
ヒサ:もったいない……<人がいない
さくらつかさ:(倒れていないで横になってるのかw
芝村@SD:タコ影もないですね。
一向掠生:タコ影…(笑)
ヒサ:タコ!(笑
まだら牛:人口が少ないにしても、ちょっと以上ですね
まだら牛:以上/異常
さくらつかさ:!たこ影w
ヤガミ:空が映るところだからだ。
ヤガミ:(眼鏡を面倒くさそうにかけながら)空が映るところだから、人はいない。
ヒサ:え、皆空苦手なの?
一向掠生:空が映るところ?
さくらつかさ:空が苦手?
ヤガミ:生まれた時から天井を見ているんだ。ないと気持ち悪い。
松井:船の中で暮らしてるから特別愛着もないってあれかな?
ヤガミ:この太陽光も本物に似すぎていて、気持ち悪い。と、火星の子供は思う。
まだら牛:なんていうか、それも不憫な話だな・・・まぁ、こっちの感覚なんだろうけど
ヒサ:まあ、好き好き……なのかな。私たちは昔から太陽に慣れているからこそ気持ちいいと思うんだろうし
ヤガミ:火星には火星のルールがある。 このエリアに社会科見学以外で好き好んでくる奴はそういない。
ヤガミ:……地球出身者か、地球軍のやつらか。
まだら牛:つまり、この公園は地球の知類のためってことか
ヤガミ:ここ最近はどちらであることを表明しても肩身は狭い。だからここは貸切だ。
さくらつかさ:地球の人たちは空が恋しくなるかなw
ヤガミ:(眼鏡をとって、長い睫毛を伏せている。なにか見てる?)
ヒサ:貸切……贅沢な響き……。せっかくだから贅沢に満喫しよう。しあわせー(ごろごろ
まだら牛:何か・・・?
さくらつかさ:わーいwごろごろ~♪
ヤガミ:ミサイル?
一向掠生:ミサイルー!?
まだら牛:なっ!?
ヒサ:Σ えっ?<ミサイル(そのまま伏せてみる
さくらつかさ:Σみさいる!?
SD:ウラルとノイがペットボトルロケットを飛ばしています。

説明しよう。
未来なんだからペットボトルなどないのだが、ここで未来の飲料の入れ物について長い説明しても全然つまんないので設定には反するが分かりやすい説明にとどめている。
これは結構重要なSDのプレイテクニックであり、はしょるところははしょる、きちんと説明する時は説明すると、使い分けることでメリハリがきく。

SD:ヤガミは笑いました。
ヒサ:……ぶう。<笑われた
まだら牛:(がっくし)
松井:悪い冗談です
一向掠生:夏休みの自由課題みたいなヤツですね(笑)
ヒサ:授業で飛ばした経験もある(笑 楽しかったなあ
さくらつかさ:授業でデスかw
ヤガミ:そんなに戦いたいか?>ヒサ
ヒサ:いや戦いたくて膨れたわけでは!
ヤガミ:それは良かった。
まだら牛:・・・平和だな
SD:ヤガミは眼鏡をヒサに預けて寝転びます。
ヒサ:うわっ、うわっ、うわ(大切に受け取る)
ヤガミ:俺はもう駄目だ。寝させてくれ。
松井:(にやにやしながら)わりと童顔なんですね
ヒサ:……膝枕は要りますか(笑<もう駄目
一向掠生:眼鏡ないのもいいですね(笑)
さくらつかさ:(にやにやw
ヤガミ:……(照れるヤガミ)
まだら牛:あいあい、寝てな。向こうで子供らとでも遊んでくるさ
松井:ふふ、してもらえば?膝枕
ヤガミ:いや童顔なので、遠慮しておく。(不敵に笑って)
まだら牛:(ヤガミ・・・本当に人気だなぁ・・・)
ヒサ:どういう理屈だろう(笑<童顔だから 遠慮することないのに!
一向掠生:関連性が絶妙~(笑)
SD:さて、向こうでわー!という歓声があがってます。
まだら牛:おっ、やってるなぁ
さくらつかさ:どれどれ?
SD:タカツキがやってきてますね。
まだら牛:どれどれ、ちょっと行ってみるか
松井:なになにー?
まだら牛:お、軍神!
SD:タカツキは優しく微笑むと、おどけた顔をして上着を脱いで、追いかけっこだとウラルとノイを追いかけています。
ヒサ:いいなあ……(ほのぼの
SD:先ほどのわー! は、その時のウラルとノイの声でした。
一向掠生:良い光景だなぁ~。
さくらつかさ:しあわせな光景だ・・・w
SD:しかしタカツキは体力不足で10分で肩で息して座り込んでいます。
ヒサ:あら(笑<10分
松井:わぁ…本物を見るのは初めてです…って、Σ早っ
ウラル:どうしたの?
まだら牛:だ、大丈夫ですか?(水を差し出す)
ノイ:病気?
さくらつかさ:うははw<体力不足
一向掠生:お疲れなんですかね?
タカツキ:いや、年齢。……煙草は身体によくない
ウラル:大人でないと駄目なんだぞ。
ノイ:タカツキくんは大人よ。
ヒサ:まあ、よくはないでしょうねえ……(笑
タカツキ:と見せかけて!
SD:わー! という騒ぎが起きています。
まだら牛:あははは
ヒサ:なんて幸せな光景だろう……いいなあ素敵だなあ<と見せかけて
さくらつかさ:元気ダーw
松井:こんにちはーーー!!(大声で手を振りながら三人に声をかける)
SD:三人はそれぞれ松井に手を振って追いかけっこをしています。
SD:アニサリ少尉がタカツキの上着を抱きしめて遠くから目つき悪く見ています。
まだら牛:(やっぱり・・・w)
SD:ヤガミが少年少女に踏まれていきました。
ヒサ:Σ ヤガミー!!
一向掠生:うわ(笑)
SD:ヤガミはカンカンに怒ってます。
まだら牛:ぶは(笑)
SD:が、体力ないのでまた倒れました。
さくらつかさ:踏まれたーw
松井:ヤガミはよわよわなんだから気をつけなきゃー
ヒサ:ちょ、とりあえず泥払おう泥、見せて……Σ倒れたっ
まだら牛:弱っ!!
一向掠生:大丈夫ですかー!?(笑)
ヒサ:もう勝手に膝枕してやる。えい
ヤガミ:……皆見てる。いいのか?
まだら牛:(ちょっと羨ましそうにヤガミを見る)
松井:こらー、おにいさんふんじゃだめだよー。この人繊細で傷つきやすいんだからー(ウラルとノイに)
ヒサ:いや全然いい……っていうかそんな言われ方をすると妙に如何わしいよ!
ヒサ:急に恥ずかしくなってきた
さくらつかさ:こちらはこちらで微笑ましいぞうw
SD:ヤガミは目をつぶってます。
SD:さて、それではそろそろゲームをはじめましょうか。
松井:はーい!
SD:デスゲームでしたっけ。
まだら牛:うはははは
一向掠生:え!?(笑)
ヒサ:はい! ……っちがいますうううう!!!!!!!!<デスゲーム
さくらつかさ:わはw<デスゲーム
松井:どうします?一向さん(笑
SD:ああ。それは残念だ。
一向掠生:えー皆様に一蓮托生で(笑)
SD:冗談はさておき、さて、ではキャラクターを作りましょうか。

説明しよう。
 普通はキャラクター作った後でゲームを開始するのだが、今回は極自然にゲームの世界にプレイヤーが溶け込んでいけるように先に状況説明から入っている。
プレイヤーはすでに(知らないうちに)ゲーム世界に入り込んでいるわけだ。

ヒサ:今度こそ、はい(笑
まだら牛:了解でっす
さくらつかさ:わーいw
一向掠生:はーい。
SD:ルールについては皆さんどの程度ご存知ですか?
SD:特にシステムラーニングする必要がなければ、原型の発表からはじめます。
まだら牛:SDをやる程度には。
一向掠生:2度ほどオンラインで遊びました。
さくらつかさ:Aマホは両手程度です。
ヒサ:多分、大丈夫です(海法さんの2回と新年会と、こないだのヤガミ救出くらいです)
松井:日常編のSDとプレイヤー、戦闘を一回やったくらいです
SD:なるほど。
SD:じゃあ、大丈夫でしょう。
SD:原型を発表します。今回専用いうことで、ボックス設定などはありません。

説明しよう。
原型とはキャラクターを作成する際に必要な情報、基本となる型のこと。
ボックス設定とは設定を作成するための選択肢である、それら選択肢を囲う枠、箱から転じてボックス設定と呼ばれている。
今回は極自然にゲーム世界に入ってきているし、プレイヤー=プレイヤーキャラクターな感じで遊ぶので、ボックス設定などいらないということで、排除して遊んでいる。

SD:原型
名前:
簡単な設定
外見・髪型2
顔つき  1
体格   1
能力・技能 2

根源力600 判定単位100

SD:それぞれの数字が成功要素の数です。

説明しよう。
配分比計算はすでに済ませてプレイヤーに提示することで、計算の手間などを省いてあげているのだ。ついでに多すぎる成功要素で困ったりしないように根源力も削っている。
もっとも本来なら判定単位をあげて対処べきだろう。

ちなみに成功要素とはこのゲームにおける独特の概念で、あるものごとに対して成功しうる理由の一つをいう。このゲームは基本的に成功要素だけがパラメータであり、ゲームは成功要素だけを使って進行する。

SD:顔つきなら1個。 外見・髪型なら2個ですね。
まだら牛:了解
ヒサ:了解しましたー
SD:今回は難易度設定上別に事件らしい事件もないので、気軽につくってください。
一向掠生:了解ですー
さくらつかさ:了解デスw
松井:了解しました
SD:制限時間は10分です。
さくらつかさ:へい!
ヒサ:はい
松井:はい
一向掠生:はーい!
まだら牛:出来ました。
名前:斑 潮(マダラ ウシオ)
簡単な設定:軍神に憧れる若造。子供大好きで話し上手。
外見・髪型2
【長身】
【アフロヘアー】
顔つき  1
【爽やかな顔つき】
体格   1
【長身】
能力・技能 2
【話し上手】
【】
まだら牛:どうでしょう
SD:いいですよ。
まだら牛:ありがとうございます
松井:プレイヤーはホープ舞踏子ってことになってるんですか?
SD:なんかあれば考えますが、基本はそうです>松井さん
ヒサ:あ、そうだ。服装は太陽系総軍の、あの制服ですか?(舞踏子の場合
SD:私服でもいいです>ヒサ
まだら牛:じゃなかったら・・・嫌だ・・・アフロとか・・・orz
ヒサ:う。逆に悩んでしまう……ありがとうございます

一向掠生:出来ました。
名前:有馬八純
簡単な設定:音楽とゲーム好きの多趣味なマイペース人間。
最近の趣味は人形作り。

外見・髪型(2)【目力がある】【人目を引く色をした髪】
顔つき(1)【飾らない表情】
体格(1)【細身】
能力・技能(2)【滑舌が良い】【粘り強い】
一向掠生:どうでしょうか?
SD:OK.性別は?>一向
一向掠生:あっと、女性です。
まだら牛:男です。

さくらつかさ:いきます。
さくらつかさ
簡単な設定
外見と中身があってないとよく言われる女性。話し好き。

外見・髪型2【腰まであるストレートヘア】【長身】
顔つき  1【十人並み】
体格   1【細身の筋肉質】
能力・技能 2【ノリがよい】【】

SD:OK>さくらつかさ

ヒサ:出来ました。
名前:ヒサ
簡単な設定:何だかんだでヤガミスキー。女。
でも小さい子供も優しいお兄さんもももちろん可愛い女の子も大好きだ。
外見・髪型:「くるくるとよく変わる表情」「オーバーニーソックス」
顔つき:「柔らかい雰囲気」
体格:「やや小柄」
能力・技能:「すばやい動き」「 」
松井:原型
名前:松井 いつか(女性)
簡単な設定
ひょうきんなおねーさん。面白い事が大好き。
外見・髪型2 【知性の光る目】【動きやすい服装】
顔つき  1 【薄化粧】
体格   1 【細身長身】
能力・技能 2 【人なつっこい】【百科事典balls】

根源力600 判定単位100

さくらつかさ:これでお願いします。

松井:あ、すみません
松井:原型
名前:松井 いつか(女性)
簡単な設定
ひょうきんなおねーさん。面白い事が大好き。
外見・髪型2 【知性の光る目】【】
顔つき  1 【薄化粧】
体格   1 【細身長身】
能力・技能 2 【人なつっこい】【百科事典balls】
松井:こっちで
SD:はい>松井

ヒサ:大丈夫でしょうか?
SD:はい>ヒサ
SD:ALL OK

まだら牛:男俺だけか・・・
松井:さっきキャラとからんじゃったから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス