電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS NOTボーナス ガンパレード・オーケストラ緑の章(13)

<<   作成日時 : 2006/03/21 02:47   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 善行の足は速い。
ウォードレス”彼方”の中でも最前線で戦う分隊指揮官用に特別に性能良く作られたS型を、さらに改良したS+型をベースに、独自に改造したものを善行は使っている。

武器は、抜き放ったカトラス一本である。遠坂と青、暮里に鍛えられた過去を思い出して、善行は少し笑った。少し先には牧原兄妹が乗る雷電”ブラック”が、上空には三羽の航空動物兵器たちがいた。

善行の隣を疾走する雷電バルトと、その乗り手であるエステルが、遠慮がちに口を開く。

「あの」
「なんでしょう」善行は、お茶でも飲んでいるかのように言った。
「グリン、ガム」エステルの声。

 遠くから虎皮、犬顔のグリンガムが走ってくる。さらにその後ろには敵。

「ゴブリン20、ゴブリンリーダー4、ミノタウロス2」
先内が声をかける。この人物、結城火焔という赤い髪の少女が駆る雷電”コガ”の背に乗っている。さらにその後ろには荒木雪子。3人が乗るとさすがの雷電も、速度が落ちていた。

善行は恐ろしい速度で走りながら余裕でうなずくと、源くんの横を通り過ぎてそのまま敵と正面からぶつかりますと指示をだした。

うなずく雪子。先内。枝などで髪が掛からぬよう、白い布で豊かな黒髪を覆い、ひっつめながらヘルメットをかぶるエステル。うなずく。

 本来なら足を止めて機関銃を用いて火線を張るのが普通だったが、部隊に残る弾は300発ほどど、あまりに数が少なすぎた。

「騎兵槍を使って大きいのを狙います。その後は白兵と動物兵器。先内、荒木、牧原妹はここで降りて航空動物兵器で援護、源くんを拾ってください」

「……了解」牧原輝春はつぶやいた。
「分かりました」荒木はうなずいた。
「了解した」先内は飛び降りながら言った。

 ”コガ”と結城火焔が速度を取り戻してエステルと善行に並んだ。これから来る殺戮にいやらしそうに笑い、牧原倖、エステルとともに2mを越える巨大なロケットランチャーを構える。

これがすなわち、山岳騎兵の必殺武器である騎兵槍である。中世の歴史に出てくる馬上槍=”ランス”とは異なる、弾体が特殊なロケットランチャーであった。

 その弾芯は日本では恐ろしく貴重なタングステンで出来ており、撃ち込めば多段ロケットの加速で音速を遥かに超える速度で敵に突き刺さった。 命中してもこの弾は爆発はせず、相手の装甲を貫徹し、運動エネルギーだけで敵を破壊するという仕組みで作られている。

 山岳騎兵の一斉騎兵槍攻撃で生存できる敵はいないとされる。
そう言う、武器である。

 わずか3騎による騎兵槍の攻撃だったが、善行はその力を良く知っていた。

源とグリンガムがすれ違う。

「撃て!」

 善行は叫んだ。耳を劈く音とともに、三本の槍が飛んでいく。
目で追える速度ではない。9mほどもあるミノタウロスが二匹、腹を打ち抜かれて内臓を撒き散らしながら倒れた。巻き込まれてつぶれるゴブリンたち。

全速。

善行は叫んだ。
「全軍抜刀! 全軍突撃! 我に続け!」

 牧原倖が叫んだ。ナイフを抜いた。
「アールハンドゥガンパレード! アールハンドゥガンパレード!」
「アールハンドゥガンパレード! アールハンドゥガンパレード!」
「アールハンドゥガンパレード! アールハンドゥガンパレード!」
エステルと結城火焔も唱和しながら青竜刀を抜いた。雷電たちが雄たけびを上げる。

次の瞬間に正面から幻獣と善行率いる騎兵団が衝突する。次の一瞬でいくつものゴブリン達の頭が、腕が廻りながら飛んだ。

翼を畳んで急降下する三羽の航空動物兵器たちが三羽一体となってゴブリンリーダーを集中攻撃する。目をついばまれ、血を流しながらのたうつゴブリンリーダー。
善行は鮮やかに7体のゴブリンリーダーとゴブリンを斬殺すると部下に残敵を掃討させて源のところへ走りよった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
NOTボーナス ガンパレード・オーケストラ緑の章(13) 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる