電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦闘詳報11 人類の勝利 戦死0 完勝

<<   作成日時 : 2006/03/06 04:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雪原はわずかな時間で月面のような有様になっている。あちこちで爆発があったからであった。

「確かに化け物ですね」
 遠坂は、エースキラーが放った実体弾を日本刀で一刀両断してつぶやいた。
長い髪が揺れる。

「悪趣味だ」
 にべもないのは熊本武士である。
無精ひげをさすりながら片方の眉をあげて青森恭兵が口を開く。
「んで、熊本城攻防戦の英雄はなんと?」

中村は善行の口調を真似て言った。
「敵が強くて小数なら、軍事的意味はないし、戦闘力としても大したことないですね、と」
「だからどうやって戦うんだ」


中村は口を開いた。
「飽和攻撃」

/*/

 雷蔵と良狼の時間稼ぎは、充分な成功を行った。

本部では病院組みを加えて派遣軍と青森守備軍が再編成に成功しており、全員が装備を更新して対戦車兵器を装備していた。

巨大な半円を描いて全兵器が一点を指向した。


「敵を誘導するゴザル」
「OKっ!」

世界忍者は両手を前に向けるとこぉぉぉと叫びながら一回転した。
背後にそびえる巨大ロボ、士誠号が両手内臓の対要塞砲を射出する。


 周囲を圧殺する巨大なきのこ雲。

炎の中から現れる2体のエースキラー。

ニーギがその足の輝きを豪華絢爛にして光の残像を放った。
百連続の足技に1歩下がるエースキラー。

良狼と雷蔵が同時にアンドローラと叫んだ。
光の竜がエースキラーの障壁にぶつかって光をあげる。


だがそれらは目くらましだった。

 中村と遠坂がこの段階で至近距離まで近接している。
同時に跳躍して遠坂が剣を振り、中村が粘着爆弾入り靴下を投げつけた。

 爆発。異なる種類の連続攻撃に障壁の対応能力が、遅れをとった。
熊本武士と青森のただの鉄拳が頭部に決まった。

割れる仮面。仰け反るエースキラー。10歩さがる。

「結局ただの人間が勝ったな。平穏号も、新兵器もなく」
野口はつぶやいた。ついでに言い添えれば、プレイヤー達は神々の援軍すら使っていない。
上田救出時に小太刀が神々の助力をついに使わずにただの人間の知恵と力で一人の少年の闇を払ったように、人間は誰の力を借りることもなく勝った。ただの努力と、いつかは開発に成功する技術だけで。

 野口の号令一下、残存して集結していた全火力がエースキラーに集中した。
総火力はプレイヤーの手持ちだけで6000。33%で撃破に成功の数字であり、2ターン目で撃破に成功した。エースキラーは反撃さえ出来ずに滅多撃ちにあう。

 エースキラーが吹き飛んだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
戦闘詳報11 人類の勝利 戦死0 完勝 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる