NOTボーナス ガンパレードオーケストラ白の章(36)

翌朝。12月17日朝。

 気付けば、髪も解かずに倒れ伏して寝ていた横山は、髪を結わえるゴムのせいで髪を引っ張られる感じで目が覚めた。時間は5時。随分早い朝だった。

 ゴムをはずして、頭を振る。谷口が口をあけて見ていた、熊本城攻防戦の英雄、芝村舞がそうしていたから始めた髪形。 でも谷口は何も言わない。自分は可愛くないと思う横山。いや、だがでも。谷口はそういうところで人を判断しないと思うのだ。

谷口はどうしてるかなと考え、続いて、突然昨日のことを思い出して真っ赤になる。

お腹が、少し痛かった。

 横山は、パジャマの上から手を当てて顔をしかめた後、パジャマをめくってお腹に谷口の手形がはっきり残っていることを発見し、その手形に自分の手を合わせてみた後、横になったまま恥ずかしさでごろごろじたばたした。

 谷口が初めて私に残した跡だと、そう思って、幸せに思った。
手形を秘密にするためにさらしを巻いた。
 咲良に優しくしようと、そう誓った。

どんなことがあってもあの子を守ろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい