戦闘詳報1 <ニーギ防衛戦> 戦死0 大勝

ニーギに向かって飛んできたミサイルの数は100。
撃破難易度は500である。

ニーギの防御火力は40であり、成功率は0%だった。

/*/

 ニーギが最後まで目を見開いてミサイルを迎撃する姿を見て、うっかりニーギの味方をする方に走った者達がいる。

その数は20人ほどであり、連携判定に成功したウォードレス部隊を要に複数のRBが統制射撃を開始、133火力を提供して合計は173火力、これで、成功率は6分の3(1d6して出目4、5、6で成功)50%になった。

1d6の結果は6、防御射撃に成功。
絢爛組、GPO組に分かれていた2チームは協力して手持ちの火力を叩きつけてミサイル全弾を撃破したことになる。

 この判定でもっとも活躍したのはRBアデリー(ハードボイルド・警察の両仕様)とテンダーフォックスである。


/*/

REPLAY.

 ニーギが最後まで目を見開いてミサイルを迎撃する姿を見て、うっかりニーギの味方をする方に走った者達がいる。


「見守るだけは、もう嫌だ」
 そうつぶやきながら撃って撃って撃ちまくり始めた、だご、と言う名前の警官は、RBアデリーというかわいいRBを操りながらニーギの前に出た。

ほぼ同じタイミングでライムライト、山吹弓美という、こちらは探偵がやはりアデリーをつかって射撃を行っている。
「さて、英雄達の踊る舞台。照らすとしますか」

ライムライトが投射したのは犯人捕獲用の投網である。が、これが信管の敏感なミサイルに複数ぶつかって連続誘爆を引き起こし、パイロットが使用するモニターが白く焼け付くほどの爆発を引き起こすことになった。

直後に連携能力の高い狂志郎をリーダーとした希望号改陸戦仕様4機(パイロット:小城まさし、藤宮もえぎ、氷狩郷京)が連携に成功、未来予測しながら剣鈴でミサイルを叩ききって見せる。

「目が、さめました」

魔の使い手、葵鏡はニーギに後ろから近づいて、隣に並ぶと、ついに己の役目を思いだしたRB、希望号改達を見上げて口を開いてみせる。
「手伝います、こんな状況間違ってますから」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0