電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 13日目 レイカ・任務失敗

<<   作成日時 : 2005/12/16 17:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小夜はもう、寝台から起きることが出来ない。
食事をとらないせいで体力がなくなったのであった。
ミュンヒハウゼンがせっせと料理をつくっては食べさせようとするのだが、小夜にとっては何を食べても、灰の味がするのだった。

 泣きすぎて目が赤く、細くなった手には、うっすらと血管が浮いて見えた。
寝台から上半身だけを起こし、夜着のまま膝を抱いて闇の中で考える小夜。

きっとあの人のところだ。

小夜は寝台の中で身悶えしながら思う。名前を心の中で唱えるのも嫌な人、月子さん。
心が傷つけばすぐに光太郎さんはあの人のところに入り浸りはじめるのだった。

抱っこしたり、抱きしめたり、一緒にばなな食べたり。

 ふみこさんのように病院爆破できればどんなに幸せだろう。
あるいは機関銃もってコータローとか言いながら連射できたら。

しかし小夜にはそんな度胸はない。 いや、普通は度胸があってもやらないが。

息をとめて光太郎と妹人が話すところを見ている時、笑っていた光太郎がこちらを見て、すぐに視線を戻してまた笑い始める。 ただそれだけで、死にたくなるぐらいだったのに。
もし病院にいって光太郎さんに逢って冷たい目を向けられたら、私、生きていけない。

生きろっていったのはあの人だったのに。
なんであの時自分が光太郎さんに好かれているかもしれないと思ったんだろう。
ただの気まぐれだったかもしれないのに。

気持ちが悪い、吐き気がする。涙がこぼれた。なにもかも静かな壬生谷の里が恋しかった。
あそこでは人間扱いされなかった。笑ってくれる人もいなかった。

光太郎さんに逢いたい。でも逢いに行きたくない。


寝台の横の止まり木に止まっているヤタが、にゃあと鳴いた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)
13日目 レイカ・任務失敗 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる