電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 10日目・夕方2 精霊機導弾によるネル・シーナ救出ルート 

<<   作成日時 : 2005/12/13 17:33   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 一人残った英吏は、銃を抜いた。大陸製の微音拳銃という、音の静かな拳銃だった。
善行は人類の英雄でなければならない。疑われるような要素は完全排除。
そうでなければ俺も生き残れない。この山からは。

 震える3匹の幻獣に銃を向けた。逃げてもいいぞとは、心の中だけで言った。

その時、駄目っ。という数多の声がして英吏は目を細めると、即座に銃を降ろした。
英吏は怪異に慣れている。多くの場合は従ったほうが得だとも、知っていた。

目を凝らす。どういうわけだか、目に映るものが幻獣ではなく、二人のかわいらしい幼子と、それを抱いて震える女性に見えた。

 震える女性が、どこか母に似ていると思い、そう、オドオドしているところだと考えて、英吏は眼鏡をとって彫像のように待つことにする。

/*/

 双子を抱きしめたまま、ゆっくり顔を上げる侍女のショウテイルは、恐ろしい顔をした兵士を見て悲鳴をあげようとしたが、いや、害する気があるならすでに組み伏せられて嬲られているだろうと思い、そして英吏を見あげた。

英吏は顎の先を動かした。

 意図を察し、頭を下げて脱兎のごとく双子の手を引いて走るショウテイル。

英吏は姿が見えなくなるまで見送った後、適当に3発銃を撃って、善行に送るメッセージだけを残した。

/*/

 数日後、善行の元に、手紙が届いた。
少し優しい顔になって、後で萌にも見せようと思う善行。

封筒から出てきたのは何枚かの写真。
写真を見る善行。後ろからこっそりのぞくカンナ。

写真を見て真っ赤になる善行。眼鏡を指で押し、いそいそと胸ポケットに入れた。
別の意味で顔を真っ赤にし、走って逃げていくカンナ。

善行は意味もなく立ち上がり体操すると、手紙を萌に見せるのは、やめた。

/*/

 結局、返事も写真にした。
善行は写真を撮るのが趣味である。セルフタイマーを仕掛け、森の中で写真をとる。
なぜだかカンナが抱きついて離れず、一緒に写真をとった。
ふーんという顔のカンナ。べーだという顔のカンナ。

 まあ、子供欲しいと言ってましたしねと考え、そのままにして封筒に入れる善行。

戦況は安定、何事も心配なしと短い手紙をつけ、少し考えてプレゼントを贈りたいが誕生日のプレゼントにはいいのが思いつかない、僕が破産しない程度のものを選んでくださいと追記し、送り返す。

どれもこれが嘘だとばれるとは思っていたが、善行は原に、嘘以外つくつもりはない。
少なくとも自らの身の安全については、そうするつもりだった。

プレゼントは、しばらく買えそうもない。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス
10日目・夕方2 精霊機導弾によるネル・シーナ救出ルート  電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる