電網適応アイドレスSystem4

アクセスカウンタ

zoom RSS 9日目・朝 絢爛舞踏祭による式神2 Aコース

<<   作成日時 : 2005/12/12 14:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 RSにとってはそれすらも囮だった。
一個大隊48機のRBが破壊されるのを鼻で笑いながら、黒衣をはためかせて艀の上を歩いている。

 横たえられた少年の横に跪き、その身を抱いた。

「コウ……」

抱きしめる。酷く沈痛な表情。
 シン兄を亡くした今となっては、月子とお前だけが、僕の全てだ。
なのに何故だ。何故そうまでして僕の敵をする。

もう帰ることは出来ないのか。昔へ……

表情が、消える。
コウの背に廻ったその手に、細い小柄が握られた。


「そこまでよ。セプテントリオン」
「ニーギ・ゴージャスブルー」

 RSはニーギを見た。相変わらず、発育のない娘だ。
だがその髪の輝きは豪華絢爛、振れば光が見えるよう。

RSは笑った。そういえば昔、決着をつけそこねていた。
「なにがそこまでだ?」
「そっちで政変が起きたのは知っている。新しい動きがあることも」

RSは優しく言った。
「そうだな。そして決まった」

コウの背に深々と細い小柄が突き刺される。目を開き、口を開いたコウを抱きしめ、RSはそして地面に転がした。物のように。

 血の染みが広がり始める。

「お前たちを消去する」
RSは黒い聖銃を引き抜いた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
9日目・朝 絢爛舞踏祭による式神2 Aコース 電網適応アイドレスSystem4/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる