最終日 壬生屋と瀬戸口

 壬生屋未央は、最近寝不足で食事をしてないかのように調子が悪い。
ちょっと歩くと、倒れそうになる。

 すぐ支えられる。支えたのは、大恋愛の末に結ばれた、彼女の想い人だった。
名前を瀬戸口隆之、という。優男を返上して、今は飄々とした騎士をやっている。

「大丈夫……じゃないな。休め」
 瀬戸口にしなだれるというよりも身をまかせて、ちょっと広い額に裏返した手をあてる壬生屋。
「ええ。ごめんなさい。おかしいな。充分休んでいるはずなのに」

 頬をかく瀬戸口。
「すまん、俺のせいだな」

 頬を赤くする壬生屋。
「ち、違います」
 瀬戸口は壬生屋を抱きしめながら、いや、他にもあるからなと、言った。
「病院に行こう。うちの大将には休暇をだしている」
「ごめんなさい……」

壬生屋は、目を閉じる。顔は、蒼白だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0