外つ歌:嵐の後で

 名前すら書かれない男が去った後、呆然とし、続いて喚きだしたのがバロです。彼は腹心のバルクが面倒くさそうに耳栓を付けるのに気づかずに、喚いて騒いで地団駄を踏みました。 --なんだったのだ……なんだったのだ! あれは一体……  さらに面倒くさそうにバルクは耳栓を外して口を開きました。 --リューンの姿がありませんでした。あれはおそら…

続きを読むread more

外つ歌:踊る人形

 青い流星が煌めくと、次の瞬間には救国号が飛び蹴りかませて裏拳打ちからの膝蹴りで黒い触手の多くを叩き潰していました。  学習した触手が即座に腕や脚を生成して対抗し、救国号と四つに組むと、名前すら書かれない男は笑顔を浮かべて後は任せたと告げると機体から降りて触手の上を走りました。  一瞬のことになすすべもなく、触手に巻かれていたバロ…

続きを読むread more

外つ歌:スタンダップヒーロー

 ballsたちは時間が足りないことを計算で確かめて機体完成を放棄すると、円になって盆踊りをして、英雄を呼ぶ大召喚魔術を使い出しました。  プラチナballsが意味不明の命題を出して、これに対してballsたちが無線通信の歌で答え続けていくのです、そのたびに円から上がる光が強くなっていきました。 --我らは戦う人を呼ぶ --傷…

続きを読むread more

外つ歌:合間の歌

注意:本編は処刑指令 の直後の話です。 /*/  ヤガミは恋人と不本意な分かれ方をして、イライラしているところを、今度はシュニーマンに時間稼ぎとも取れる反論を受けて、輪を掛けて気分を害していました。  とはいえ、シュニーマンがこういう行動にでるであろうことも予想して、彼は先んじて青を送り込んでいました。名前だけでも海法と名…

続きを読むread more

新歌集より:再生の失敗

 バロが弟に急使を送ると、すぐに急使が送り返されてきました。 --現在砂漠で人間への治療行為を行っており、急いでは向かえない。  そういう内容です。バロは急使を絞め殺しそうな目で見た後、自ら八本足の馬に乗って弟を連れてきました。  弟の名前をアーといいます。治療を邪魔されて苦い顔をしており、兄に対してこのように言ったと言います。 …

続きを読むread more

バロの出会い

 青との間を竜が飛んで行ったとき、バロは目を大きく開けて絶技を唱えるのをやめてしまいました。竜の背に若い娘が乗っているのに気づいたのです。 --地、地べたすりがなんでこんなところにいる!?  地べたすりとは人間のことです。バロは動揺しつつも、思わず振ってきたその身体を青と抱き留めました。  痛そうな顔を浮かべる娘、静日を見…

続きを読むread more

上級秘歌:青と黒の戦い

--剣聖バロ。黒の黒、とも言うな。  青は言葉を聞いて頷くと、口を開きました。 --僕は青の青。厚志。  バロは大笑いをすると、直後に手刀でいくつもの真空を作って周囲をばらばらにしました。青は剣鈴で真空を切って情報分解、そのままバロをどう殺すかと眺めました。 --冗談も大概にしておけ。青の青は俺の弟だ。お前のような美形の弟はおら…

続きを読むread more

上級秘歌:青の攻撃

 ヤガミの苛烈な指示にシュニーマンは一度引き下がった後、穏健派の仲間の助けを借り、反論資料を作ってヤガミの元へ向かいました。  シュニーマン再度の訪問を聞いてヤガミは組み上がりそうな新しい希望号を見上げた後、面倒臭そうにシュニーマンの相手をはじめました。だいたいこうなることは、予想していたようでした。  一方その頃。  リン・…

続きを読むread more

外つ歌:処刑指令

 ヤガミは帝國標準の新フレームであるオーロラに、落下時に傷一つなく焼け残った本来のオーロラ用リアクターである縮退炉を積み、脚部に二つの対消滅エンジンを組み込むと、頭部コクピット前席前に同じく焼け残ったプラチナballsをセットしました。  ballsは縮退炉を外部機器として認識するとその力と自身の体内工場の効果を発動させてまずは分身た…

続きを読むread more

外つ歌:黒い二人組

 ユラ・フルムーンだけでなく、多くのピロット族は勘違いをしていました。草原にいる最後の避難民まで助ければ、あとは大丈夫だろうという勘違いです。  実際には、放射線被害など知識として知りもしない人物たちが、かなりの数草原にやってきていました。  他方、戦争を見に酔狂な見物客がやってくるとはピロット族の常識的に言って全くあり得ない話だっ…

続きを読むread more

外つ歌:後方のエース

 翌日になると後方の分析やそれに伴う整備関係者の大幅な増員もあって、エンジンの現地改修が始まりました。  これにより、燃費は悪化しつつも出力が八%程度増加、結果惨劇の山は征服の山と言われるようになるほどクリア者が続出しました。数値にすると僅かな改修でしたが、ピロット族にとっては、その八%が生死勝敗を分けるくらいにギリギリで戦っていたの…

続きを読むread more

外つ歌:眼鏡の補給士官

 倉庫の中でヤガミは面倒臭そうにタオルを捨てると、着れそうな服を探しました。  青はにこにこ笑いながら、その様子を眺めました。 「ここは地上、そうだな」 「そうだね。聞いてなかった?」  ヤガミはニーギがまともなことを言うか? という顔をした後、イチゴ柄のトランクスを穿きました。ズボンは太めでしたが、ベルトでどうにかできました。…

続きを読むread more

外つ歌:復活の眼鏡

 ヤガミが目を覚ましたのは促成クローン用ポッドの中でした。”08ワカミヤ”と書かれたポッドの中を眺め、自分が積層バイオプリンターで現在進行中で印刷されているのに気づくと、ため息をついて再度眠りました。起きていてもやることがないと思ったのです。  目が覚めたのはそれから六時間ほど。ポッド内の培養液が抜かれ、ヤガミはべとべとする気持ち悪さ…

続きを読むread more

戦車戦の終わり

 背に地球光を浴びながら、ヤガミは星々の海を眺めていました。 --総戦闘時間四二〇〇秒。一八〇秒どころじゃない。壮大なタイムオーバーだな。  そう言うと、自爆シーケンスを作動、機体が圧縮熱で燃え尽きるように角度を調整すると噴射して、さらばさらばとメッセージを送りました。  一方地上では地図と、双眼鏡と、手旗信号で、指揮系統を復…

続きを読むread more

外つ歌 コンタクト(接触)

 眼球が潰れ、内臓が口から飛び出し、食いしばった歯が割れるようなGをヤガミは笑って耐えました。  艦の主砲でもある電磁カタパルトから投射され、惑星の重力に引かれながら丸みに沿って落ち続けます。  予想される会敵距離まで四五〇km、秒速一二kmでの射出で会敵まで三七.五秒でした。主エンジンを用いても変えられる角度は僅か0.2度。スティ…

続きを読むread more

外つ歌:射出シーケンス

 戦術核兵器が放つ閃光と爆風の後に、羊角の化け物たちと不死者たちが動き出しました。何もかもがとろけるような温度の中で、化け物たちは焼かれて壊れながら、それ以上に自己を再生し続けました。 --これで勝ったつもりか。 --でしょうねえ。電子機器とかぶっ壊してやったとか思っているんでは。  ひっくり返った装甲車の中で指揮官スモッグと…

続きを読むread more

トランスアクション! エンディングに代えて スコア評価

エンディングに代えて スコア評価  皆さんお疲れ様でした。プレイしてくれた皆さんありがとうございます。一度きりのゲーム体験、いかがでしたでしょうか。個人的には年に一回くらいはこういうゲームやりたいね。  ということで、自分のプレイの評価を見るために以下のデータを用意しました。スコアを見て判断してね。  また、ゲームでお会いすること…

続きを読むread more

トランスアクション!運命の第五ターンミステリーイベント

第五ターン ミステリーイベント ミステリーイベント#46 (シホウミ専用)シホウミ大破壊事件  シホウミに向かって工業ステーションが落ちてくる。海賊が嫌がらせでとんでもないことをやってきたようだ。もしシホウミに建材50以上が売られていたら、この問題はクリアされる。大灯台マスマスがレーザーで迎撃、破壊する。もしそれらができなかった…

続きを読むread more

第四ターン ミステリーイベントその2

第四ターン ミステリーイベントその2 ミステリーイベント#45 (猫惑星専用)棺からの目覚め事件 棺から誰かが目覚めた場合、以下のデータで乗員を得る。ちなみにどちらが中身が分からない棺では自分で選択できる。 ニーギ 猫好きのボーイッシュな女の子 費用:0Y(1航路) 操船:0 戦闘:120 冒険:120 アオ 猫…

続きを読むread more

第四ターン ミステリーイベント結果

第四ターン ミステリーイベント ミステリーイベント#42 的の強化事件  海賊の襲撃関連イベントの必要戦力は200増える。(2200になる)。 ミステリーイベント#43 コックは去る  ダーン四が終わるとコックは去って行った。冷蔵庫一杯の作り置き惣菜を残して。 ミステリーイベント#44 敵までたどり着けない事件  船…

続きを読むread more